アクティブバースの意味【まとめ】

アクティブバースの意味を皆さんご存知でしょうか?
もしかしたら聞いた事がない方もいるかもしれません。
そこでアクティブバースとは一体どういったことなのか、まとめてみました。

view278

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アクティブバースとは

  • アクティブバースという言葉はなかなか聞きなれない言葉です。
    アクティブバースとは出産方法の一つなのですが
    いったいどういったものなのでしょうか。

  • イギリスのバース・エディケーターである、ジャネット・バカンスさんが提唱する造語で、
    精神的にも肉体的にも、主体的で自由な体位でのお産というような意味です。
    出典 :アクティブバースとは
  • アクティブ・バースの基本的な考え方としては、
    ①子どもを産む女性とその家族が出産の主体であること
    ②産婦は陣痛期から立ったり歩いたり、しゃがむなど、自分の好む姿勢で過ごし、分娩体位も自由であること
    ③呼吸法・リラックスなども特に決まり事がないこと
    ④出産環境は産婦がリラックスできるように整えれていること ―などです。
    出典 :アクティブバースとは
  • つまり、女性が自ら分娩体位や呼吸法、リラックス法、
    出産場所などお産に関わる事柄すべてを積極的に選択し、
    満足のいく「私のお産」を作っていこうとするものです。
    出典 :アクティブバースとは
  •  

    アクティブバースを考えている方、
    気になった方は本などを参考にしてみるといいです。

  • 具体的に

     

    アクティブバースとは何かを上記でご紹介しました。
    言葉だけだとちょっと想像するには
    難しいかと思いますので、
    体験談をもとに、具体的にどのようなものなのか、
    メリットやデミリットなどなどをご紹介していきます。

  • 1、2人目を普通分娩で。
    3人目でアクティブバースを経験した方の体験談

  • 1人目・2人目を分娩台で産みました。
    ただでさえ陣痛で痛みがあるのに、仰向けになると腰に痛みが集中して、これまた痛い。
    3人目を産むときに、
    分娩台での出産は嫌だったので、フリースタイルで産める産院を探しました。
    出典 :アクティブバース経験ある方おられますか? - 質問・相談ならMSN相談箱
  • 3人目のときは、横になったりシムス位になったりしながら陣痛を逃し、
    最終的には四つんばいでの出産になりました。
    3人目ということもあるのでしょうが、すごく楽だったんですよ。
    もちろん陣痛は痛いけど、
    仰向けになったときのような、腰にくる余計な痛みがない分、すごく楽に感じました。
    出典 :アクティブバース経験ある方おられますか? - 質問・相談ならMSN相談箱
  • デメリット、というのは私自身には思いつかないですね。
    ただ一説には、
    分娩台での出産に比べてフリースタイルでの出産は出血量が多いという話もあるようですけど。
    このことについては、私自身は特に感じられませんでした。
    出典 :アクティブバース経験ある方おられますか? - 質問・相談ならMSN相談箱
  • フリースタイルの分娩室ですけど、施設によっていろいろだと思います。
    私が出産した産院は、床に防水のマットが敷いてあり、大きなクッションがおいてありました。
    私はこのクッションにしがみついてましたが、
    中にはご主人につかまって出産される方もいるし、マットに横になって産む方もいますとのことでした。
    出典 :アクティブバース経験ある方おられますか? - 質問・相談ならMSN相談箱
  • ・妊娠中、マタニティ・ヨーガ実施。 
    ・0週2日  
    ・分娩時間5時間
    ・3,130gの児を四つん這い分娩 の方の体験談です。

  • Q 何が良かったか?
    A アロマバスに入ると気持ちが良く、楽になったので1時間ぐらい入浴していた。
    腰のアロママッサージも気持ち良く、リラックスできた。
    部屋でも、自分の好きな格好で過ごせ、 また、分娩室では、フリースタイルで出産することができた。
    出典 :注目のマタニティヨガなら日本マタニティ・ヨーガ協会
  • Q その他に良かった点
    A 私は、この妊娠をする前から心に決めていた事があった。
    5歳という年齢と女の子という事で子供をお産に立ち合わせることだ。
    近頃、いじめや自殺・少年犯罪・虐待などの命を大切にしない事件が多いなか、 母親が
    どんな想いで自分を産んだのか、この世にある命は全て大切なのだと自分の目で見て知って欲しいと思う。
    出典 :注目のマタニティヨガなら日本マタニティ・ヨーガ協会
  • アクティブバース(フリースタイルの分娩)ができる病院は
    ネットなどで探すことができるそうです。
    自分にあったスタイルで出産ができると印象強く残りますよね。
    出産は人生で簡単に経験できるものではないので、
    できるだけ自分が納得でき、自分に合う方法で出産することをいおすすめします。