やせすぎも生活習慣病の可能性がある!?

太りすぎだけじゃなく、痩せている人も生活習慣病のリスクがあることが最近わかってきました。
その生活習慣病を予防する方法はどうすればいいのでしょうか?

view264

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生活習慣病とは?

  • 生活習慣病はその名の通り、ふだんの生活習慣が、発症や進行に深く関わっています。高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満が代表的なもの。
    出典 :生活習慣病とは|生活習慣病基礎知識|生活習慣病オンライン
  • 放って置くとどうなる?

  • ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞などが起こり、取り返しのつかないことになりかねません。
    出典 :生活習慣病とは|生活習慣病基礎知識|生活習慣病オンライン
  • 痩せすぎも生活習慣病になる?

  • 痩せ過ぎの女性は、健康に様々な弊害を起こしやすい。特に若い頃に必要以上に痩せていると健康への弊害は大きいようだ。例えば、骨粗しょう症。
    出典 :太り過ぎだけじゃない、痩せ過ぎも生活習慣病のリスク : ほうその整骨院 - 相楽郡精華町
  • 痩せている人の生活習慣病のリスクが高まる基準は?

  • BMI21未満のやせグループでは、BMI23から24.9のグループに比べて、がんの発生リスクが14%高くなり、BMI19未満ではリスクが29%も高まるという結果でした。
    出典 :肥満・やせすぎとがん|たまむすびけんぽ:たまむすび 協会けんぽ 健康サポート
  • 生活習慣病を簡単に診断する

  • 簡単☆生活習慣病診断

     

    心理テストのように生活習慣病の診断ができます

  • どうすれば予防できる?

  • 日頃から体を動かす習慣を身につけておくことが大切です。
    出典 :1に運動 運動習慣を徹底しよう|厚生労働省
  • 運動をする

     

    内臓脂肪を減らすためには、日頃から体を動かす習慣を身につけておくことが大切です。活発な身体活動を行うと、消費エネルギーが増えたり、身体機能が活性化したりすることにより、血糖や脂質がたくさん消費されるようになり、内臓脂肪が減少しやすくなります。その結果、血糖値や脂質異常、高血圧が改善されて生活習慣病の予防につながります。

  • 食生活の改善

     

    食べ過ぎや欠食などの乱れた食生活は、内臓脂肪をためる原因になります。これを防ぐためには、食生活の改善が欠かせません。バランスのとれた適切な量の食事を心掛けるとともに、食事をする時間や食べ方などにも注意し、1日3食規則正しく食べましょう。

  • 禁煙をする

     

    「百害あって一利なし」といわれるたばこは、多くの有害物質を含み、健康にさまざまな悪影響をおよぼします。喫煙は、がんにかかりやすくするだけでなく、動脈硬化を進行させ、脳卒中や虚血性心疾患のリスクも高めます。
    メタボリックシンドロームの予防には、禁煙を実行しましょう。