9歳までに初潮を迎えてしまう、早発月経の治療が知りたい

通常は10歳~15歳の間に迎える初潮ですが、10歳未満で生理が来てしまう、早発月経の治療法ってあるのでしょうか。また、原因として挙げられるものにはどんなものがあるのでしょうか。

view281

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早発月経とは

  • 10歳未満で初経(しょけい)が起こるものを、早発月経といいます。また、早発月経、乳房発育が7歳未満から始まる、9歳未満で恥毛(ちもう)の発毛が始まる、のいずれかがみられる場合を、早発思春期(そうはつししゅんき)といいます。
    出典 :早発月経、遅発月経の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 10歳未満は早発月経と言われ、低身長の原因になる恐れがあり、医師による診断を受けたほうが良いという。16歳以上は遅発月経と言われ、いつまでも発来がないままだと無月経症になる恐れがあり、これも医師による診断を受けたほうが良いという。
    出典 :月経 - Wikipedia
  •  

    通常であれば、日本では、お赤飯を炊くなどおめでたいこととされる初潮ですが、10歳未満で迎えてしまった場合は早発月経となりますので、まずは病院に行きましょう。

  • 早発月経の治療

  • 思春期早発症で治療を行う目的は、思春期が進まないようにすることで、1. 小柄のうちの体が完成しないようにして、身長が伸びる期間を長くすることで大人になったときの身長が極端に小柄にならないようにする。2. 幼い年齢で男性化、女性化が進み、本人や周囲が精神的負担を与えないようにすることです。
    出典 :思春期早発症|日本小児内分泌学会
     

    あらゆる成長に支障をきたす場合があるため、治療をした方がいいとされています。

  • 早発月経を予防するためには、普段の生活の中でホルモンバランスを正しくするためにサプリメントや薬などを摂取する事が必要となってきます。病院では、そういったメディカル療法を行うことによって早発月経の症状を緩和したり、あるいは治療していきます。
    出典 :早発月経【Doctors Me】
     

    なんらかの原因によってホルモンバランスの異常が生じている場合が多いので、ホルモンバランスを整える治療が行われます。

  •  

    素人判断のサプリメント摂取ではなく、きちんと医師に診断して出されたものを飲ませるようにしましょう。婦人科の受診にためらうなら、まずはかかりつけの小児科に相談する形でもいいでしょう。

  • 早発月経が遺伝や体質的なものから生じている場合には特に治療の必要はありません。しかし、ホルモン分泌異常による場合、初潮から間もない頃は身長が急速に伸びますが、成長期に入ると成長が止まってしまい、低身長のままとなることもあるため、経過観察や検査を受ける必要があります。
    出典 :早発月経の症状、原因、治療法 | 病気診断.net
  • 考えられる原因

  • 早発月経は、卵巣からの女性ホルモンがふつうより早く過剰に分泌されたためにおこるもので、それには2つの原因があります。1つは、視床下部と下垂体が早期に活動を開始して卵巣を刺激したために、女性ホルモンが早くから分泌された場合で、これが、早発月経の原因の60~80%を占めます。
    出典 :早発月経/遅発月経 とは - コトバンク
  • もう1つは、卵巣自体の異常(腫瘍(しゅよう)や過形成(かけいせい)など)により、女性ホルモンが早期から過剰に分泌された場合です。
    出典 :早発月経/遅発月経 とは - コトバンク
  • 生活環境や栄養の状態、遺伝的なものの影響で第二次性徴が早く現れ、幼くして初潮が始まります。卵巣や副腎、脳の松果体(しょうかたい)の病気が原因のこともあります。
    出典 :早発月経とは? [女性特有の病気] - 健康診断.net
  • 先生の指摘により、乳房発育や恥毛・腋毛の発毛などが、平均年齢よりも早いことが分かり、ホルモンバランスを整えるお薬を処方していただきました。
    出典 :早発月経の体験談【Doctors Me】
  • 原因は生活環境、食生活の影響、遺伝的な要素があります。
    また、卵巣や副腎、脳の松果体の病気が原因になる事もあります。
    出典 :早発月経の症状・原因・治療・検診・検査・手術|病気を知る辞典
  • 早発月経の中には、脳腫瘍や卵巣腫瘍など重大な疾患が原因であるものが、稀にあるので、一度、診察をしておくべきです。
    出典 :早発月経だと身長が伸びなくなる件について 【OKWave】
     

    稀ですが、状況によってはこういった場合もあるようです。