ダイエットの強い味方・豆乳の力とは!?

近年注目されている豆乳ダイエット。運動が苦手な人はカロリー制限をする必要がありますが、その手助けとなるものとして豆乳が挙げられています。ダイエットにどのくらいの効力を発揮するのか調べてみました

view1244

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 豆乳の知られざる力とは

  •  

    スーパーでも見かけることが多くなった豆乳。どんな栄養素が含まれているのでしょうか

  • ●大豆イソフラボン
    ホルモンバランスの乱れは、脂質の代謝を落としたり、むくみ、イライラ、その他さまざまな弊害を招きます。

    「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た働きをし、ホルモンバランスを整えてくれます。

    他にも、体の中の脂質の吸収を阻止したり、脂肪をつきにくくする効果も。
    出典 :飲むだけで痩せる?!豆乳の知られざるダイエットパワー | ラルーン
     

    大豆イソフラボンには脂質吸収能力があるらしい!

  • ●大豆サポニン
    「大豆サポニン」は小腸での脂肪吸収を抑えてくれたり、血液中のコレステロールの吸収を抑えて排泄をスムーズにする働きがあります。
    出典 :飲むだけで痩せる?!豆乳の知られざるダイエットパワー | ラルーン
     

    排泄をスムーズにすることも大切です

  • ●大豆レシチン
    イライラして食べ過ぎてしまう!ときのイライラは脳のしわざ。「大豆レシチン」は脳の機能を活性化するといわれているのでオススメです。

    また、大豆サポニンと同様、コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる働きがあります
    出典 :飲むだけで痩せる?!豆乳の知られざるダイエットパワー | ラルーン
     

    ダイエット中はイライラしがちですが、豆乳にはそれを抑える要素も含まれているようです

  • ●大豆たんぱく
    動物性たんぱくにくらべて低カロリーな上、体内での吸収や分解に時間がかかるので満腹感が得やすいといわれています。また、基礎代謝を活発にする機能もあります。
    出典 :飲むだけで痩せる?!豆乳の知られざるダイエットパワー | ラルーン
     

    少量で満腹感が得られるとは魅力的です

  • さらに・・・
    オリゴ糖が、腸内環境を整えてくれたり、カリウムがむくみの原因となる過剰なナトリウムを排出したり、ビタミンEが血行をよくしてくれたり。豆乳には体に良い成分がいっぱい詰まってます!
    出典 :飲むだけで痩せる?!豆乳の知られざるダイエットパワー | ラルーン
     

    豆乳には色んな体に良い成分がたくさん含まれているのですね

  •  

    痩せるだけじゃない!豆乳は美容にも大きな力を発揮します

  • スーパーで見かける3種類の豆乳

  •  

    スーパーで見かける豆乳には大きく分けて3つの種類があるようです

  • 1.無調整豆乳
    大豆と水以外のものは一切使っていない豆乳です。 添加物も一切使っておらず、大豆本来の味が味わえます。 大豆の成分がまるまま入っているため、ダイエットに良いとされる大豆ペプチドや大豆サポニンといった栄養をたくさん含んでいます。 そのため、ダイエットの効果が一番高いと言われています。
    出典 :豆乳ダイエット|ダイエットパークでスリム化計画
     

    本来の豆乳に一番近い味かもしれません

  • 2.調整豆乳
    無調整豆乳に砂糖やカルシウムを加えて飲みやすくしたものです。 成分的にも無調整豆乳とあまり変わりません。ダイエットとして調整豆乳を利用している人は多いはずです。
    出典 :豆乳ダイエット|ダイエットパークでスリム化計画
     

    ダイエットする人に一番適しているのが調整豆乳ということでしょうか

  • 3.豆乳飲料
    豆乳飲料は調整豆乳にコーヒーやフルーツ・野菜などで風味をつけたものです。 3つの中で一番、豆乳臭さがなくとても飲みやすいです。 また豆乳の使用量も一番少ないです。
    出典 :豆乳ダイエット|ダイエットパークでスリム化計画
     

    3つの中で一番飲みやすいようですが、ダイエット効果はあまり期待できないかも?

  • 豆乳ダイエットの上手な飲み方

  •  

    ダイエットに効果をもたらすとされる3つの飲み方

  • 豆乳を飲む量はコップ1杯分、つまり約200mlあたりを目安にするのがいいでしょう

  • ・食前豆乳ダイエット
    食事の30分ほど前に豆乳を摂取するのが食前豆乳ダイエット。上記でも説明したように、豆乳に含まれる「大豆サポニン」が満腹中枢を刺激することから、食前に豆乳を飲むことで食事量が自然にセーブできるでしょう。また、脂肪・糖質の吸収を遅らせてくれる効果も期待できます。
    出典 :豆乳の美容&ダイエット効果♪ | BiBlog
     

    食前に飲んで満腹感を得ることでそのあとの食事の量も抑えることができそうです

  • ・朝だけ豆乳バナナダイエット
    豆乳とバナナをミキサーにかけたものを朝食として飲む方法です。さらっとした飲み口にしたければ、ぬるめのお湯を足してもOK。栄養豊富なうえ腹持ちもよいので朝食にピッタリです!
    出典 :豆乳の美容&ダイエット効果♪ | BiBlog
     

    バナナと一緒なら豆乳も飲みやすくなりそうですね

  • ・おやつ豆乳ダイエット
    間食として豆乳を飲む方法です。ポイントは温めて飲むこと! カップに豆乳を入れ3分くらいレンジにかけて温めれば豆乳の甘さが増し、甘いものを食べたい気持ちも満たしてくれるはず。お菓子など余計なものに手を出す習慣を防ぐことができるでしょう。また「豆乳のみはちょっと苦手……」という人は、インスタントコーヒーを混ぜてソイラテにすることをオススメします。
    出典 :豆乳の美容&ダイエット効果♪ | BiBlog
     

    豆乳は温めると甘さが増して飲みやすくなるようです。少量の珈琲を混ぜるのも吉

  • 豆乳ダイエットに挑戦した人の体験談

  • 豆乳ダイエットの注意点

  •  

    ただ闇雲に豆乳を飲み続ければいいというものではありません。

  • 短期間に大量の豆乳を摂りすぎると健康に良くない場合がある。

    豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」に似た働きがあるため、1日あたりの摂取量があまりにも多いと、女性ホルモンの分泌バランスが悪くなり、月径周期が不規則になる可能性があります。

    大豆イソフラボンは、一日に多くても75mg(豆乳パック200ml×2ぐらい)以内を目安に摂取するようにしましょう。
    どんなにダイエット効果の高い豆乳も、飲めば飲むほど良いというわけではありません。
    出典 :豆乳ダイエットのポイントはココッ!簡単1分間で丸わかり!
     

    1日に飲む量を増やすと逆に体に悪影響を及ぼしてしまいます

  • 毎日のように豆乳を飲む習慣を、長~く継続する必要がある。

    毎日、豆乳を摂ることによって、太りにくい体質に改善され、健康面でもほとんどデメリットがないダイエットといわれいますが、
    逆にいえば、飲み始めてからすぐに、効果が期待できるダイエット方法ではありませんので、長く継続することが大切です。
    出典 :豆乳ダイエットのポイントはココッ!簡単1分間で丸わかり!
     

    結果が出るまでにはある程度の時間がかかることも頭に置いておきましょう