【知っておきたい】薬で治療できる頭痛・できない頭痛

薬で治療できる頭痛もあれば、薬を使っても治療できない頭痛があるのをご存知ですか?

view336

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頭痛とはそもそも何か?

  • 頭部に感じる痛みのうち、表面痛でないもの。様々なタイプの痛みを含んだ幅の広い症状概念である。ありふれた症状である一方、これを主症状とする致命的疾患もあり、他方で原因が特定できないことも多いという、症候学上非常に重要な症状。原因はさまざまといわれるが、基本的には、すべての頭痛の原因は一つとされる。血液中のある物質による炎症反応ともいわれる。
    出典 :頭痛 - Wikipedia
  • 頭の中が痛いものを頭痛と呼びます。

  • 頭痛の種類

  • 【片頭痛】
     女性に多く、こめかみあたりが脈打つようにズキンズキンと痛むのが特徴。脳の血管が拡張して血流が増加し、神経を刺激することで起こる。女性ホルモンのエストロゲンの影響や遺伝的傾向があり、寝込んだり、吐き気やおう吐を伴うなど生活に支障をきたす人も多い。

    【緊張型頭痛】
     男女ともに多くみられる、首や肩のこりを伴う頭痛。首、肩、背中の筋肉が緊張して血液循環が悪くなり、たまった疲労物質が神経を刺激して起こる。長時間のデスクワークや猫背など姿勢の悪さ、精神的なストレスなどが原因になる。

    【群発頭痛】
     成人男性に多く見られ、1年に1~数回、激しい頭痛が約1カ月続いてぱたりと治まる。

     このうち緊張型頭痛は、ほかのタイプの頭痛に合併して現れることも少なくありません。
    出典 :頭痛のタイプを見分けて、正しく対処 - goo ヘルスケア
  • 偏頭痛は薬で治療できます

  • 片頭痛急性期治療薬には、一般的には
    アセトアミノフェン
    非ステロイド系抗炎症薬 (NSAID s )
    エルゴタミン製剤
    トリプタン製剤
    制吐薬
    があり、片頭痛の重症度に応じて治療薬を選択することが求められます。
    軽度~中等度の頭痛にはアスピリン、ナプロキセンなどの NSAIDs 、中等度~重度の頭痛、または軽度~中等度の頭痛でも、過去に NSAIDs の効果がなかった場合には、トリプタン製剤が推奨されます。
    いずれの場合も、制吐薬の併用は有用です。
    エルゴタミン+カフェインの経口薬は、発作回数が少なく発作早期使用で満足な効果が得られている患者さんや、トリプタン製剤で頭痛の再燃が多い患者さんでは使用されることがあります。
    また、急性期治療薬は3ヵ月を超えて連日のように服用すると薬物乱用頭痛をきたす可能性があるので、注意が必要です。
    出典 :片頭痛の治療|頭痛の基礎知識|片頭痛治療剤マクサルト| 製品情報 | エーザイの医療関係者向けサイト
  • どの薬も飲み過ぎると薬物乱用で中毒になってしまう可能性があります。
    上記にもあるように、3ヶ月飲み続けても効果が表れない時は服用をやめて医師に相談しましょう。

  • 緊張型頭痛は薬で治療できる場合もあります

  • 肩こりから来る頭痛で病院にかかったことがあります。市販薬も湿布の類は全く効きませんでした。
    私の場合、肩こりの自覚はあったものの、この酷い頭痛の原因がまさか肩こりだとは思わなかったため、「頭痛外来」を探して受診しました。

    それで原因がハッキリしたので、薬を処方していただき、今では辛くなった時に飲むだけで済むようになりました。

    まず病院を替えて下さい。頭痛外来を探して受診されてはいかがでしょうか。うちは相当な田舎でしたが、内科医院にありました。
    または首の凝りが原因だとハッキリしているなら、整形外科も良いと思います。
    出典 :緊張型頭痛の治療について - 病気 - 教えて!goo
  • 肩こり・首こりが原因で頭痛が起こっていると整形外科や鍼灸院・マッサージなどを訪れる人が多いかも知れませんが、慢性的な肩こり・首こりによる頭痛の場合は薬での治療が有効な場合があるということでしょう。

  • 群発頭痛も薬で治療できますが、痛みを和らげる・発作を予防する役割が主になります

  • ●発作時薬物療法
    スマトリプタン(イミグラン)の注射が即効的です。
    群発頭痛に対するイミグラン注射は保険適応が得られております。
    2007年までは病医院に行かないと注射していただけませんでした。
    2008年より患者さんが自分でうてるイミグラン自己注射キットが認可されました。
    キットを処方していただくには、頭痛に詳しい施設でまず診察を受ける必要があります。

    次善の策としてイミグラン点鼻液を吸入する手もあります。
    ただし点鼻液の保険適用はありませんが、群発頭痛を片頭痛に読み替えて使っています。ちなみに昔は発頭痛は片頭痛の仲間でした。
    イミグラン以外では「酸素吸入」が特効的です。
    純酸素(毎分7リットル以上)を20分ほど吸入すると群発頭痛が楽になります。
    かなり大量の酸素を吸いますので、市販のポコポコという程度のリフレッシュ酸素では効きません。
    (それでもある程度は有効という経験談もありますので「やらないよりはまし」 ということのようです)
    本格的には、病院に行って酸素を吸わせてもらいます。
    鎮痛薬は「のまないよりはまし」といった程度の効果で、ほとんど効きません。
    出典 :群発頭痛対策編
  • ●予防薬
    群発頭痛は起こってしまうとやっかいです。予防に勝る治療法はありません。
    群発頭痛を起こりにくくする予防薬があります。
    これらは病医院で行う治療法です。市販薬では無理です。
    予防薬としてはワソラン(本来は狭心症の薬です)がもっとも評価されております。
    ほかにも副腎皮質ホルモン(ステロイド)やリチウム、抗てんかん薬のデパケンなどが使われます。
    出典 :群発頭痛対策編
  • 頭痛のタイプをセルフチェック!

  • 自分の頭痛がどんなタイプか?を知れば、適切な診察と治療を受けるきっかけになります。

  • 頭痛外来のある病院を検索する