出産直前に備えること【女性編】出産直前に備えること【女性編】

出産直前に備えること【女性編】

もう直ぐ赤ちゃんとご対面!出産直前に備えることって、どんなことがあるのか・・・
心配になるマタママさんも多いはず。

その点をちょっとまとめてみましたので、
参考にしてみてください♪

view1961

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【出産目前】気をつけることはこんなに・・・!

  • おしるしについて

     

    おしるしが来ると、順調な人で1~2日後に陣痛が始まり、遅い人で4~5日後に陣痛が始まります。血液の混じった粘液状のおりものの事です、量や色は個人差があります。色‥おりものに少し血液が混ざったピンク色、又は茶色い色です。量‥多い人で生理と同様ぐらい出る人や、少なくて下着に少量が附着するぐらいです。おしるしは数回ある場合があります。おしるしのメカニズムはお産が近くなると子宮膜が薄くなりに次第に子宮口が開いてきて、子宮が収縮をおこし、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮の壁がこすれて毛細血管から少量出血するのが原因とされています。

    引用)http://catnap.minibird.jp/wp/%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e5%be%8c%e6%9c%9f/1100/

  • 体調の変化にも注意をしてください!

  • 運動不足は危険?

  •  

    妊婦の安産を決定づけるものとして、「筋肉の量」と「体の柔らかさ」がある。体に筋肉の量が多ければ、それだけ体温が高く、胎児を排出させるパワーを持っているということなのである。体が柔らかければ、それだけ子宮口や産道が開きやすくなるし、体力も出やすくなるのだ。筋肉量と柔軟性がミックスしてこそ、妊婦がその持てるパワーを充分に発揮できるようになるからだ。

    引用)http://tamaty-kingdom.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-a239.html

  • 臨月になると動くのがおっくうになったり、なんとなく不安で家に込もりっきり、という人もいますが、お産本番での体力をしっかり養うためにも、また、気分転換のためにもできるだけ体を動かすようにしたいもの。1日30分程度のウォーキングや安産体操など、無理のない範囲で、毎日の生活に運動をとり入れて。

    出典 :臨月にやるべきこと&タブー - gooベビー
     

    お産は体力を使います。ちょっとした運動でも良いので、やりましょう!

  • 「陣痛」について

  • 陣痛

     

    「陣痛を陣痛だとわからなかったら?」という不安を持つ人も多いようですが、本番が来ればだれでもわかるので、だいじょうぶ。最初は軽い生理痛か腰痛のような痛みが不規則にやってきますが、やがてそれが規則的になり、だんだんに強く、そして間隔が短くなっていくのが特徴です。ですから、痛みがあったら、次の痛みがくるまでの間隔を時計ではかりましょう。初産婦さんなら10分間隔、経産婦さんなら15分間隔になったら病院に連絡を。

    引用)http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/yoshu_osan/2/03.html

  • 「分娩」をイメージしておく

  • 「破水」したら!

  •  

    卵膜が破れて破水したら、羊水が流れ出てきます。破水すると赤ちゃんが滑りやすくなる為に子宮から出てきやすくなります。ちょろちょろ出てくるケースやバシャバシャでてくるケースもあります。破水すると赤ちゃんの頭で子宮口に蓋をするのですべての羊水は流れないそうですが、破裂音がしたり逆子の場合は流れ出る羊水の量も多いと言われます。赤ちゃんが細菌感染する恐れがあるので、破水したら放置せずにすぐに病院に連絡して下さい。尿漏れの場合はアンモニア臭ですが、羊水は甘酸っぱい臭いです。羊水の色は淡い黄土色で、3時間ごとに再生しているため、流れ続けていたら破水を疑った方が良いです。

    引用)http://catnap.minibird.jp/wp/%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e5%be%8c%e6%9c%9f/1100/

  • 臨月になったら、週に一度検診があります。必ず受けて、体調の変化に注意することが大切です!