意外と知らない?ヨガの種類

意外とたくさんある「ヨガの種類」
「ヨガ」と一言でいっても、色んな流派があるのはご存知ですか?
流派の特徴を知って、自分に合ったヨガを探してみるのも楽しいと思います。

そんな色んなヨガの種類をまとめてみました♪

view467

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヨガの起源・歴史

  •  

    ヨガの起源は4000~5000年前のインド、インダス文明で生まれました。そして、受け継いだ世代がまた次世代へと伝えて発展していったのです。それを繰り返すうち、ヨガの経典といわれる「ヨガ・スートラ」が完成。現在私たちが接しているのは、体を動かすことで心や魂のバランスをコントロールするという考え方のもとに発展した「ハタヨガ」と呼ばれるヨガ。体を動かすこと以外に、瞑想・心理のコントロールを目的とする「ラージャヨガ」、奉仕の精神を養う献身的な「カルマヨガ」など多数あります。インドではこれらのヨガを総合的に行いますが、現在私たちが接しているヨガは主にハタヨガということになります。

    引用)http://allabout.co.jp/gm/gc/8147/

  • アイアンガーヨガ

  •  

    アイアンガーヨガとは、Yogacharaya Sri B.K.S.Iyengar(アイアンガー師)によって編み出されたヨガのメソッドをいいます。アイアンガーヨガは肉体と精神の柔軟性やリラクセーションを得ることに加えて、強靭さとスタミナを増進させ体の歪みを正していくことに重きをおいています。さらに、経験が浅くても故障歴があっても、様々な道具類を使うことでヨガの効果を最大限に引き出せる点が、他のヨガとの大きな違いと言えるでしょう。たとえヨガの初心者であっても、いくつかの簡単な道具を使うことで過度な緊張やケガを恐れることなく、徐々に強さや自信、柔軟性を築いていけるでしょう。ヨガの技法は、特定の病気や障害のある人にも役立ちます。

    引用)http://www.iyengar-yoga.jp/yoga.html

  • アシュタンガヨガ

  •  

    インドのパタビ・ジョイス師が指導する世界的に有名なヨガ。ラージャ.ヨガの哲学、実践システムをベースに、積極的に体を動かすスタイルです。アシュタンガはサンスクリット語で「8本の枝」という意味で、それを理解することは必須。動作の一つ一つ、呼吸、順番まで決められていて、途切れることなく決まったポーズをしていくのが特徴です。「呼吸と動作を調和させる」テクニックを重視し、ポーズの繰り返しを行なうことで瞑想の効果をもたらします。

    引用)http://www.yogaroom.jp/category/category03.html

  • 沖ヨガ

  •  

    難しいアサナ(ヨガの体操)を追求したり、瞑想をして超能力の開発を求めたりする部分的なインド系のヨガを体験した 沖 正弘 師 が、それぞれの良いところを統合して、生活に役に立つヨガ哲学の考え方と具体的な実践の方法、健康になる身体の使い方、食事、呼吸の方法を提唱したヨガ。沖ヨガというグループもあり。

    引用)http://www.family-yoga.jp/about/okidou.html

  • クンダリーニヨガ

  •  

    クンダリーニヨガは『気づきのヨガ』で、様々なヨガの中でも最も完成度の高いヨガと言われています。動作(ポーズ)、呼吸法、マントラを組み合わせながら、リラックスした状態で瞑想的にヨガを行います。誰もが自分のペースで行う事ができ、練習を重ねることにより、身体だけでなく、精神面にも大いに効果をもたらし、日常生活でも自分自身の調節が出来る様になっていきます。

    引用)http://3ho.jp/about.html

  • シバナンダヨガ

  • パワーヨガ

  •  

    パワーヨガとは、アシュタンガヨガをベースに現代人の体型やライフスタイルに合わせ、様々なヨガをミックスさせて作られた「現代のヨガ」です。「筋肉トレーニング」と「瞑想」にポイントをおき、効果的に改良されたヨガスタイルで、様々な「動」と「静」のポーズを流れるように連続的に行うのが特徴です。

    引用)http://www.yoga-navi.com/yogasyurui/yogasyurui-15.html

  • マタニティヨガ

  •  

    マタニティヨガは、妊婦さんでも無理なく続けることができる、妊娠中にピッタリの有酸素運動です。激しい動きは少なく、体の各所を伸ばしたり、普段使わない筋肉をほぐすことで、妊娠中のこむらがえりや運動不足を解消するサポートをします。特に妊娠後期は大きなお腹を支えることで姿勢が悪くなったり、体の一定の部分に負担がかかります。マタニティヨガでは、そのような負担のかかる部分の緊張をほぐすことで、出産に向けて体のバランスを整えていきます。

    引用)http://www.ikujizubari.com/ibent/safe_delivery.html