知っておきたい!妊娠初期の腹痛

 妊娠初期の腹痛。これって大丈夫????妊娠初期には体にいろいろな症状が表れます。今回のテーマの腹痛はもちろん、つわりや腰痛、微熱など。ここでは妊娠初期に起こる腹痛について、症状の種類別にまとめました。必要以上に不安にならず、適切に行動するためにきちんと知識を得ておきましょう。

view99332

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも妊娠初期っていつまでですか?

  • 妊娠には赤ちゃんの大きさによって、妊娠初期→妊娠中期→妊娠後期と大まかに分けて3つのステージがあります。妊娠初期には自覚症状が少ないですが、気をつけなければならないことがたくさんあります。
    なぜなら妊娠初期は赤ちゃんの身体がつくられる一番大切な時期だからです。
    その分注意する点もたくさんあり、体の変化や不調にはいつも以上に気を配らなくてはなりません。

  • 妊娠週数の数え方は、
    最終月経の1日目からを妊娠0週と数えます。

    以下をご参考にして下さいませm(__)m

    《妊娠初期》
    妊娠0週 ~3週  → 妊娠1ヶ月
    妊娠4週 ~7週  → 妊娠2ヶ月
    妊娠8週 ~11週 → 妊娠3ヶ月
    妊娠12週~15週 → 妊娠4ヶ月

    《妊娠中期》
    妊娠16週~19週 → 妊娠5ヶ月
    妊娠20週~23週 → 妊娠6ヶ月
    妊娠24週~27週 → 妊娠7ヶ月

    《妊娠後期》
    妊娠28週~31週 → 妊娠8ヶ月
    妊娠32週→35週 → 妊娠9ヶ月
    妊娠36週→40週 → 妊娠10ヶ月
    出典 :妊娠初期っていつまで?:基礎体温と妊娠初期の気がかりBlog
     

    妊娠周期は最終月経の1日目からカウントするんですね!
    うむむ、難しい。
    今はアプリやWebサイトでも妊娠周期を自動計算してくれるので、
    自分で数えるのが苦手な人は、利用してみてください

  • 人によっては・・・

     

    痩せている人では「ちょっと食べすぎたかな?」くらいですが
    この時期が一番大事です!

    妊娠に気がつくのがだいたい妊娠2ヶ月くらい。
    妊娠初期とは、妊娠2ヶ月~4ヶ月をいいます。

  • 安定期になる前の腹痛・・・

  • 妊娠初期の腹痛にはどんな原因が考えられるでしょうか?
    妊娠初期の腹痛には、病院に行ったり心配しなければいけないものと
    心配のいらないものがあります。
    どんなものかわからないと「これは危ないのか?」が判断できないと思いますので
    妊娠初期の腹痛の症状と原因を紹介します。

  • 妊娠初期の腹痛~心配しなくてもいいもの~

  • これらは妊娠の兆候として起こるものです

    ①下腹部がギュッと締め付けられるような痛み・引っ張られる感覚
    原因:子宮が大きくなることで、周りの臓器を圧迫して起こるものです。
       この現象は誰にも起こりうることです。

    ②足の付け根や下腹部が突っ張っているような痛み
    原因:子宮を頑張って支えている靭帯が急にのばされることによって起きる腹痛です。

    ③下腹部が痛い
    原因:子宮が大きくなるにつれて膀胱が圧迫されて、お手洗いが近くなります。
       それにより、なかなかお手洗いにいけないと膀胱炎になることがあり
       膀胱炎による腹痛が起きやすくなります。

    ④普段の便秘や下痢による腹痛
    原因:妊娠初期はつわりがひどいなど、他の症状もあり
       以前のような食事をとることが難しいことがあるかと思います。
       そのような生活リズムの変化により便秘や下痢になるケースも多く、
       腹痛が起きるケースがございます。

    妊娠基本的に妊娠4週目までの腹痛は誰にでも起こることだそうです。


    ただし、妊娠4週を過ぎても続く、痛みが引かないなどありましたら、
    なるべくはそのままにせず、かかりつけの産婦人科の先生に
    みていただいたほうが安心できると思います。
    不安になってストレスを抱えてしまうことの方が問題です。

  • 妊娠初期の腹痛~心配が必要なもの~

  • ①卵巣があるあたりがズキズキする&排尿後に感じる腹痛
    原因:これは卵巣ルテインのう胞という病気による痛みの可能性があります。
       妊娠を安定期に向かわせるために、HCGホルモンが黄体を刺激しすぎて起きてしまう
       症状で、安定期になるにつれて治っていくものですが、一度見てもらった方がいいものだと思
       います。

    ②チクチク少量の出血を伴う痛み
    原因:出血が伴うものは基本的に危険信号で、②のような症状は子宮外妊娠による腹痛が
       考えられます。年々、子宮外妊娠は年々増えているそうなので、早めに病院を受診するようにしましょう

    ③出血を伴う腹痛
    原因:子宮が大きくなると胎盤がはがれたり、引き伸ばされたり、少し剥がれたりすることがあり、
       出血を伴う腹痛を起こすことがあります。これは絨毛膜下血腫で、妊娠4~5ヶ月には治まるは
       ずです。

    出血や激痛などは妊娠初期には影響が大きいため、
    我慢せず、産婦人科を受診ください。

  •  必要以上に気を付けることはありませんが、おかしいな、と思ったらすぐに病院に行くことをおすすめします。

  • 出産までに

     

    先生との信頼関係も築いていきたいですね。

  • 妊婦さんにやさしい社会になるといいですね。

  • 妊娠初期を健やかにするにはどう過ごしたらいいでしょうか?

  • 出産に必要なものも初期のうちからちょっとずつ・・

  •  大切な赤ちゃんとお互いに元気でいるために、マタニティーライフを楽しめたらいいですね。

  • はやく会いたいね~

     

    元気に出ておいで~