意外!肌のうるおい効果もある乾布摩擦

乾布摩擦は、肌を乾いたタオルなどで直接こする健康法のこと。昔ながらの健康方法ではありますが、風邪予防や肌のうるおいアップなどいろんな効果が期待できます。あえて今、見直して取り入れてみるのもいいかもしれません!

view441

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今でもやっている人はやっている乾布摩擦

  • 乾布摩擦  日課なんで【マルス】
  • @17_94ers おはようさん!!!!いい朝だな!!!!さ、乾布摩擦だ!!!!もちろん全裸で!!!!
  • 乾布摩擦、効果はどうなんでしょ?

  • 「首や背中を摩擦し続けることで風邪をひきにくい体質になった」
    出典 :乾布摩擦現代流に
     

    風邪をひきにくいというのはいいですねー。

  • 子供の頃、毎朝の日課が乾布摩擦と冷水摩擦でした。 つらい思い出しかないんですが、根性以外に何か鍛えられるのでしょうか。 ケンタロウ(男性 30代)
    出典 :【健百】乾布摩擦は効果ある? | あなたの健康百科
     

    根性が鍛えられるという効果が。

  • 乾布摩擦で得られる効果

  • <体温調節機能UP>

  • 体を冷たい空気にさらすことで、自律神経の働きが高まります。一定時間、寒さを感じることで、体温を上昇させるような仕組みが身体の中で働くのです。

    これを毎日繰り返すことで、身体全体の体温調節機能が高まり、少しくらい寒い場所にいても気にならない身体になれるのです。
    出典 :寒さに負けない体作りへ!乾布摩擦で3つの効果 | nanapi [ナナピ]
  • <皮膚のうるおいUP>

  • タオルで体をこすることにより古い皮脂が取り除かれて新しい皮脂が分泌されることにで、体脂肪が減少したり、皮膚にうるおいがでる効果も期待できるようです。
    注:むやみやたらにゴシゴシとこすり過ぎるのは逆効果です。
    出典 :寒さに負けない体作りへ!乾布摩擦で3つの効果 | nanapi [ナナピ]
     

    これは意外!乾布摩擦でうるおい効果!

  • <血液の巡りUP>

  • 皮膚をこすることで皮膚へ刺激が加わり、皮温調節機能が高まることによって皮膚の血の巡りがよくなるのです。

    血の巡りがよくなることによって、汗がでやすくなり汗腺を鍛えることにもつながります。

    冬は寒さと乾燥で汗腺の働きも弱ってしまいます。適度な刺激で汗腺を鍛えて汗をかくことで体臭の予防にもつながります
    出典 :寒さに負けない体作りへ!乾布摩擦で3つの効果 | nanapi [ナナピ]
     

    体臭予防にも!これはいいですね~!

  • こんな研究もされてました。風邪予防の効果もあるみたいです。

  •  以前、乾布摩擦に関する研究が行われ、毎日乾布摩擦をしているグループと、していないグループを比較したところ、乾布摩擦をしているグループの方が風邪をひきにくかったとの報告がありました。何らかの免疫力を高める効果もあるのではないかと期待されています。
    出典 :【健百】乾布摩擦は効果ある? | あなたの健康百科
  • 正しい乾布摩擦方法とは?

  • 人間の体質は2週間スパンで順応していくので、最初は室内で暖房がかかっている状態で始めて下さい。2週間たったら暖房を切る。次は窓を開け、外から風を入れるなど、徐々に慣らしましょう。やり方は、上半身裸で、最初は手の指先から腕、足、腹、胸、背中と、末端から心臓に向かってタオルでこすります。体が赤くなるくらいが目安です
    出典 :寒空のなか、タオルでゴシゴシ!乾布摩擦はなぜ体にいいの? | web R25
     

    ほっ いきなり外でやらなくてもいいんですね!

  • 朝起きたら、乾布摩擦やってみよう

     

    タオルなどの柔らかい布を使い、時間は5~10分程度で充分。
    裸じゃなくても服の上からでも効果あるようです。
    乾布摩擦で寒さに負けない体作り、いかがですか?