【美髪】正しいやり方でシャンプーすれば抜け毛予防・育毛にもなる!

シャンプーの正しいやり方を知ってますか?知ってると、抜け毛予防にもなりますし育毛にもなります。正しいシャンプーのやり方を知って、美髪になっちゃいましょうよ♪

view381

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 正しいシャンプーのやり方

  • シャンプー前にブラッシングをする

  • ブラッシングにはシャンプーの泡立ちを良くし、
    髪の毛のよごれを落としやすくする効果があります。
    泡立ちやすくすることで、頭皮に泡が行き届きやすくなり汚れをしっかり落とすことができます。
    出典 :正しいシャンプーのやり方 | 頭皮ケア情報局
  • シャンプー前に予洗いをする

  • お湯(シャワー等)だけで、指の腹で頭皮マッサージしながら表面上の汚れを除去し、それから髪全体の汚れもシャワーで洗い流します。これだけでホコリの汚れ、汚れた皮脂の50%以上は落とせます。

    また、予洗いをすると、使用するシャンプー量も減らせますし、シャンプーの泡立ちが良くなります。またコストパフォーマンスを考える上でもおススメです。
    出典 :シャンプーのやり方 オーガニック 無添加石鹸,無添加シャンプー,無添加化粧品,モリンガ,ミネラル,亜麻仁油,オーガニック食品通販【魂の商材屋】
     

    きれいにシャンプーできてコスパもいいなんて一石二鳥ですね!

  • カラーリングやパーマをする際の注意点

  • ■パーマやカラーリングをする前日は髪を洗わない
    シャンプーは、頭皮を守る大切な皮脂膜まで落としてしまうことがあります。前日のシャンプーを控えることで天然の皮脂膜が頭皮を守ってくれ、髪が乾燥しパサパサになるのを防ぎます。

    ■パーマとカラーリングは同時に行わない
    ダメージを軽減させるために、最低でも2週間は期間をあけましょう。

    ■パーマとカラーリングをした後は、洗浄力の強いシャンプーを使わない
    施術後の頭皮や髪は、とてもデリケートな状態です。3~4日は洗浄力の強いシャンプーを控え保湿を行うことで、パサパサ髪を防ぐことができます。
    などが挙げられます。これらを実践するだけでも髪の傷みはかなり軽減され、パサパサ髪を防ぐことができます。
    出典 :パーマやヘアカラーをすると髪が傷む【頭美人】
     

    こんなちょっとした工夫で髪を守れるならうれしいですね。

  • シャンプーの適量はどれくらい?

  • 適量とは、ショートヘアで100円玉程度。
    ロングヘアーの場合はその3倍程度のシャンプー剤を使用します。
    シャンプー剤が多すぎると、洗い残しの原因になるので常に適量を意識してください。
    出典 :正しいシャンプーのやり方 | 頭皮ケア情報局
  • シャンプーはどこであわ立てる?

  • シャンプーを手のひらにとります。地肌にそのままつけないで下さい。一度手に取り軽く手でなじませてから、後頭部に付けて下さい。頭頂部では無く後頭部です。
    出典 :プロが教えるシャンプーの正しい方法 | nanapi [ナナピ]
  • 後頭部につけて泡立て、側頭部~髪の生え際~頭頂部の順でマッサージしていきます。

    指のハラを使って小刻みに頭皮をマッサージします。頭皮が軽く持ち上がるようなイメージで、頭皮の表面や毛穴に付着した汚れた皮脂を揉みだす感じで行ってください。毎日シャンプーされる方は、1分程度で宜しいかと思います。
    出典 :シャンプーのやり方 オーガニック 無添加石鹸,無添加シャンプー,無添加化粧品,モリンガ,ミネラル,亜麻仁油,オーガニック食品通販【魂の商材屋】
  • 洗髪中の動画(洗髪方法) - YouTube

  • 頭皮マッサージ - YouTube

  • しっかりすすぐ

  • 洗い残しでシャンプーの成分が地肌に残ると、かぶれや毛穴つまりの原因になり
    トラブルをまねく恐れもあります。
    せっかくマッサージなどの正しいシャンプー方法を実践しても、
    ここですすぎをおろそかにしてしまうと意味がありません。

    シャンプーのぬるつきがとれても成分はまだ頭皮に残っています。
    あなたが思う以上にすすぎは念入りに行いましょう。
    目安は3分~5分程度。ここまで丁寧に行うことで
    シャンプー後の頭皮を理想的な状態に整えることが出来ます。
    出典 :正しいシャンプーのやり方 | 頭皮ケア情報局
     

    ぬるつきが取れたのを確認しただけではまだ甘かったんですね。気をつけましょう。