働く女子必見!だるい足の疲れの取り方教えます

働く女性の多くは、足の疲れを感じていることと思います。
そのだるくて重い足の疲れの取り方教えます!

view54

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足が疲れる原因とは!?

  • ズドーンと重いような、パンパンで痛いようなその足の疲れ…。
    その足の疲れから、どんなことが分かるのでしょうか?

  •  

    ①長時間の立ち仕事や歩きによって、疲れ物質である乳酸が溜まってしまっている
    ②足の血液循環が滞ってしまう、静脈還流障害(慢性静脈不全)という病気のサイン

    このような原因が挙げられます。

  • 毎日の生活習慣で立位(立っている状態)や座位(座っている状態)の姿勢が長い方や運動不足の方、遺伝的要因があると思われる方は、悪化しやすく、注意が必要です。
    出典 :静脈還流障害の症状と経過 | 静脈還流障害 (慢性静脈不全)WEB
  • 足の疲れの取り方~ツボのマッサージ編~

  • 疲れてしまった足は、出来る限りその日のうちにケアしたいものです。
    ここからは、簡単に出来る足の疲れの取り方をお教えします。

  • ★マッサージで疲れ知らずに★

     

    足の疲れに効くツボを押して、足の疲れを取っていきましょう。

    ①足の裏にある湧泉というツボ…足の裏の真ん中よりも少し上にある湧泉。
    このツボは疲労回復・血流改善の効果があります。

    ②足の裏の土踏まずのツボ…この部分にも多くのツボがあります。普段あまり触れないので、疲れている時にはゴリゴリと老廃物が流れる感覚が分かるかもしれません。

    ③足の甲にあるツボ…足の甲側の各指の間にある八風というツボ。親指と人差し指の付け根の窪み部分にある行間というツボは、疲労回復やむくみ解消に効果があります。

  • 足全体をもむことで、体全体の機能向上、活性化につながる
    出典 :足ツボのページ〜足ツボについて・足あし脚から元気者
  • 足の疲れの取り方~日常生活編~

  • 足の疲れを解消するには、日々の疲れを溜めないことがポイントです。
    疲れにくい生活を目指しましょう。

  •  

    ①毎日数分間、足上げをする…血流を促すために、心臓よりも高い位置に足を上げてリラックスする。

    ②お風呂でお湯と冷水を交互にかける…寒暖の差で刺激を与えることにより、血流がアップします。

    ③思いっきりつま先を上げて歩く…ふくらはぎがギュッと伸びることによって、血流が改善します。


    このように、毎日の生活の中で疲れを取ると疲れにくい足になります。

  • 足の疲れを取るマッサージを行う場合、疲れを取りたいがために長時間おこなったり、力が強すぎたりしては逆効果です。
    適度な力で10分位を目安に行うと良いでしょう。

  • 足裏のマッサージは長くやればいいものではありません。逆に長くやり過ぎると、ただでさえ疲れがたまっている足の裏に負担をかけてしまいます。5~10分の短時間でも十分に効果があります。そして、短くても、毎日つづけた方が効果があります。
    出典 :疲れ・むくみ・冷えが解消!1日5分プロ直伝の簡単足裏マッサージ法
  • 足が疲れがちな方は、今日から是非チャレンジしてみて下さい。