「メニエール病」30代から40代に多い病気です!

「メニエール病」は有名な病気ですよね。。。
今回は「メニエール病」についてご紹介したいと思います。

view235

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メニエール病

  • メニエール病とは

     

    メニエール病は男女に関係なく30代~40代に多くみられるそうです
    私のまわりにも結構いて
    自律神経障害による内耳の循環障害によって引き起こる
    と言われていました
    またストレスや睡眠不足も関与しているようなのです

  • めまいといえばメニエール病といわれるほど有名ですが、実際にはそれほど多い病気ではありません。
    出典 :メニエール病 - goo ヘルスケア
  • メニエール病は女性に多く、発症年齢は30歳代後半から40歳代前半にピークを持つ山型です。
    出典 :難病情報センター | メニエール病
  • 原因

  • 内耳を満たしている内リンパ液が過剰になると内(ない)リンパ水腫(すいしゅ)になりますが、この状態によってメニエール病が起こると考えられています。しかし、この内リンパ水腫がなぜ起こるのかについては不明です。
    出典 :メニエール病 - goo ヘルスケア
     

    原因は不明なのですね

  • 体格では健康な人と比べて肥満者の割合が少ない、性格は几帳面・神経質と答える割合が高い、精神的・肉体的疲労、ストレス、睡眠不足などの状態の人に起こり易い傾向があります。
    出典 :難病情報センター | メニエール病
     

    疲労気味だとかかりやすくなってしまうのですね

  • 症状

  • めまい、耳鳴り、難聴など。
    めまいはぐるぐる回る回転性のめまいで、ひどいときは立つことができなくなり、吐き気・嘔吐を伴うことがあります。このようなめまいは耳鳴り、難聴、耳閉感から始まり、めまいが起こることが多いです。
    出典 :メニエール病(症状/検査/治療)
     

    立つ事が出来ない程ひどくなるのですね

  • 激しいめまいは、普通30分くらいから数時間続き、めまいの軽快とともに耳鳴り、耳の閉塞感、難聴は軽くなったり消失したりします。しかし、めまいを何回も繰り返しているうちに、めまいがおさまっても耳鳴りや難聴は軽快しないようになります。
    出典 :メニエール病 - goo ヘルスケア
  • 治療方法

  • 薬物療法では抗めまい薬、抗ヒスタミン剤、精神安定剤、ビタミン剤などがよく使われます。このような薬物療法でもめまいが止まらない場合は、内リンパ圧を下げる手術を行うことがあります。
    出典 :メニエール病(症状/検査/治療)
  • メニエール病は難病に指定されている病気で、完全に治すことが困難な場合も少なくありません。
    出典 :メニエール病 - goo ヘルスケア
  • 薬による治療が主です。病態(内リンパ水腫)に対しては、水ぶくれを軽くする目的で利尿剤系統の薬を多く使います。中でも、イソソルビドが広く使われています。
    出典 :難病情報センター | メニエール病
  • めまいの症状が

     

    一番つらくそして苦しい症状だと
    言われているようなのです
    体験した事はありませんが
    お仕事に出てくる事が出来ない程の
    症状に悩まされている人はかなり多いので
    無理はしないように生活する事が大切ですね