低カロリーで栄養豊富!「豆腐ダイエット」

低カロリーなのに栄養豊富な豆腐ダイエットを行ってみませんか?

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 主食をとうふにチェンジ

  • ダイエットの基本は3食バランスよく食べること。1食抜いたり、主食を口にしないでいると、体のバランスがくずれ、太りやすくなってしまいます。とうふダイエットでは、主食であるごはん、パン、めんを1日1回、とうふに置き換えるのが基本です
    出典 :豆腐ダイエット - gooダイエット
     

    豆腐ダイエットは今はやりの置き換えダイエットなのですね

  • とうふはごはんよりも低カロリー。その上、脂肪を燃焼する成分や代謝を上げる成分、便秘解消成分がぎっしり含まれています。朝・昼・夜のうち1食だけだから、長く続いて、確実にやせ体質に変わっていきます。
    出典 :豆腐ダイエット - gooダイエット
     

    便秘解消成分が入っているのは嬉しいですね。便秘は食生活で改善するのがもっとも効果的だと思います

  • ご飯を豆腐にするだけで

     

    約150キロカロリーもすくなくする事が出来るのです。このまた、豆腐もそこまで高くないので気軽に行う事が出来るのもよい所ではないでしょうか

  • 1品ではパーフェクトとはいえません。減量をスムーズに行うには、体が必要な栄養素をバランスよくとることが大切。とうふをごはんに見立て、必ずおかずも食べましょう。どんぶり風におかずをのせたり、とうふメインのおかずを主食代わりにしてもOK。ガマンしないでたっぷり食べられるのもこのダイエットの魅力です。
    出典 :豆腐ダイエット - gooダイエット
     

    我慢はストレスになり体に悪いですよね

  • ルールを守ろう

  • メリット

  • タンパク質に恵まれている大豆は、ミネラルや食物繊維などの栄養素を多量に含んでいることから「畑の肉」とも呼ばれています。
    出典 :【豆腐ダイエット】 | 豆・大豆 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 大豆はイソフラボンを含む

     

    このイソフラボンがアンチエイジングだけでなく、女性ホルモンと同じ作用をもち、骨粗鬆症予防にも効果があるので健康的と言えるのです

  • デメリット

  • 動物性タンパク質もやはり必要になると思います。食事の際、カロリーの少ない鳥ササミを活用して一緒に摂取すると良いと思われます。3食とも豆腐に置き換えた場合や、栄養素の偏りが激しい場合には、貧血や目眩などの体調不良が現れることがありますので注意してください
    出典 :【豆腐ダイエット】 | 豆・大豆 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
     

    あくまで一食置き換えくらいが良いと思いますよ

  • どんなダイエットも、毎日がマストとなるとそれがストレスになります。やせ成分たっぷりのとうふダイエットなら、毎日でなくてOKです。とはいえ、結果を出すには週3回以上は行いましょう。平日中心に取り入れてもいいし、平日は忙しくてという人は週末中心でもかまいません
    出典 :豆腐ダイエット - gooダイエット
     

    ストレスにならないように注意