日々の姿勢を見直して、美しく健やかな体になろう!

姿勢を矯正し美しい姿勢を保つことで、体の不調を改善することができます。
逆に姿勢が悪く猫背になっていると、体のあらゆるところに支障をきたします。
日常『姿勢』を意識していますか?

view1126

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 体型の崩れや不調はどうしておこるのでしょうか?

  • 日常生活での姿勢や体の使い方の癖、運動不足や加齢による筋力低下などが原因で、
    体の機能が衰え、骨格が歪みさまざまなトラブルを引き起こします。

  • 仕事柄、人の姿勢や歩き方をつい観察してしまうのですが、正しい姿勢を取れている方は、とても少ないです。
    日頃から姿勢を気をつけている方の中にも、胸を張りすぎていたり、重心がかかとにあることで後ろに倒れそうな体を首や肩に力を入れて支えていたり・・・体にとって無理な姿勢になっていることがあります。

  • また慢性的な肩こりなど辛い状態が当たり前になっているため、実際にエクササイズを行って初めて、体が凝り固まり過ぎて呼吸がしづらく、体が動きづらいことに気づく場合もあります。

    そのため体の現状を知ることがとても大切です。

  • 日頃の悪姿勢が体に及ぼす影響はこんなにいっぱい

  • ☆体型

  • 筋力の低下や筋肉のバランスが崩れることで骨格の歪みを進行させる

     

    ・外反母趾や内反小趾、O脚
    ・反り腰で、出っ尻
    ・猫背

  • ☆違和感や痛み

  • 血液やリンパの流れが悪くなることで、むくみや冷え性になりやすい

  • 骨格の歪みにより、過剰な負担がかかる部位に(膝・股関節・腰痛・肩こりなど)違和感や痛みを引き起こす

     

    頭が2.5㎝前に出る毎に首への負担が4㎏増加!!

  • ☆内蔵の不具合

  • 猫背の姿勢は内蔵を圧迫し血流が悪くなることで、胃の消化不良などを引き起こす

  • ☆呼吸がしづらくなる

  • 気道が狭くなるため、呼吸しづらい状態になっている

  • ☆脳の働き、神経やホルモン

  • 背骨は、脳や神経の働きにとても深く関わっているため、背骨の役割について簡単に説明します。
    ①体を支える柱の役割
    ②体を曲げたりねじったり複雑な動作を可能にしてくれる
    ③全神経を統合・支配している中枢神経の1つである脊髄(神経)を保護する役割。
    脊髄は、太さ約1㎝、長さ約40㎝の白い円柱状で、背骨の中を通っている。

    姿勢が悪い=背骨の状態も悪くなっている
    →体の安定感や動きが悪くなるだけでなく、背骨を通る体の機能を保つための組織液(血液・リンパ液・脳髄脊髄液など)が滞る、ホルモンバランスが崩れる、神経を圧迫するなど、体内が大変なことになっている可能性があります!

  • これがいけない!NGな姿勢例

  • 顎が上がり頭が前に出ている姿勢

     

    頭蓋骨と首の骨の境目が狭くなる

    脳脊髄液や血液の循環が悪くなる

    その結果・・・
    ①脳の機能低下を引き起こす
     頭痛、目の疲れ、考えられない、物忘れなどの症状が表れる

    ②自律神経の働きを悪くする
     自律神経失調症、うつ病になる可能性が高まる

  • うつ向いた姿勢は自律神経とホルモンバランスに影響する

     

    脳の下にある体が正常に働くために必要なホルモンを生産している下垂体部分の血流の流れを悪くする

    その結果
    ①ホルモンバランスが乱れやすくなる
    ②脳下垂体から出されるホルモンは、自律神経の調整を行う視床下部にも影響を与えるため、自律神経失調症やうつ病になる可能性が高まる

  • 姿勢による体へ痛みや違和感、体のだるさ、気分が優れないなど・・・サインが来た時は、体のことを見直すチャンスです!
    ほったらかさずに、自分の体と向き合いましょう。

  • 自分の姿を客観的に見て、現状を知りましょう

  • ①自分の体を前横後ろから、写します

  •  

    歩いている姿も撮影すると客観的に自分の状態が分かります。
    自分を知る勇気を!

  • ②姿勢のタイプをチェック

  • 自分の写真と姿勢のタイプ別イラストを見比べて、自分がどのタイプなのか把握します。

  • 脊柱(背骨)の自然なS字カーブが失われている

     

    背骨が真っ直になり、顎が前にでている
    *デスクワークの人に多い

  • 腰椎の過度な前弯

     

    肩は丸く、骨盤が前に傾き、頭が前に出ている
    *高齢者に多い

  • 背中でバランスを取っている

     

    骨盤が前に移動し、背中でバランスを取る為、反り返っている

  • 正しい姿勢の取り方

  • 過度に負担がかかり緊張している部位がなく楽に動ける状態が理想。

  • 横から見た時:耳、肩、肘、股関節、膝、足首のポイントが揃っている

  • ①足裏の重心の位置

     

    母指、小指、踵の三点にバランス良く体重を乗せる

  • ②骨盤の状態

     

    腰骨と恥骨を同じラインにして、骨盤を立てる

  • ③肋骨と骨盤の状態と位置

  • ④頭、肩甲骨、骨盤の位置

  • ~まとめ~

  • 足の裏をしっかりと感じながら、内くるぶし、膝の内側を意識。
    腰、肩甲骨の間、鼻の後ろまで、背骨を心地よく伸ばす。
    一箇所を力ませず、全てが繋がる感覚。


  • 姿勢に効くストレッチ

  • より美しい姿勢になるためのストレッチをご紹介します。
    座位でのストレッチが難しい方は、椅子や立位で行ってください。
    どのストレッチも無理に伸ばそうとせず、リラックスして、体を感じながら無理のない範囲で行なってください。

  • ①首のストレッチ

  • ②胸元、腕のストレッチ

  • ③胸元、腕、肩甲骨のストレッチ

  • ④脊柱(背骨)のストレッチ

  • ⑤上半身のストレッチ

  • 美しい姿勢を保って健やかな体を手に入れましょう!

  • 実際に樋口先生のレッスンを受講したい方はコチラ
    ↓  ↓  ↓