妊娠力を低下させない為に【卵子の老化】を防止しよう

卵子が老化するというのを知っていますか
妊娠力が低下する前に対策をしましょう

view445

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 卵子は老化するのか

  • 「女性が妊娠できる確率は、10歳代後半から徐々に下がりつづけ、30歳代後半から急速に下がるようです」
    「不妊治療をしたあとの妊娠確率をみても、女性の年齢が上がるほどその数値は低くなっています」……。
    出典 :卵子が老化するのはわかった。でも、どうすればいいの?(エキサイトレビュー) - エキサイトニュース(1/3)
     

    やはり老化するようです

  • 結論として、卵子は老化します。その理由は、卵子の製造方法にあるんです。
    卵子の細胞は、胎児の段階で全てつくられてしまいます。つまり、女性は一生分の卵子を持って生まれ、生まれたあとは減る一方。卵子は生まれてからずっと卵巣に保持され続けているので、女性とともに年齢を重ねます。
    この加齢の影響を受けて、卵子はさまざまな分野で機能に異常が生じてきます。この機能異常が、不妊の一因となります。また、卵子自体が老化していると、体外受精などの不妊治療も効果が現れにくくなるのです。
    出典 :卵子が老化するのはわかった。でも、どうすればいいの?(エキサイトレビュー) - エキサイトニュース(1/3)
     

    卵子の老化を防ぎましょう

  • 勘違いしない事


  • .「女性は卵子が老化し始めたら、もう産めない」という誤解卵子の老化はとても長い年月をかけて少しずつ進行します。ですから、卵子の老化が指摘される年齢になっても、妊娠しなくなるのではありまん。少しずつ妊娠しにくくなるだけです。つまり、避妊をやめてから授かるまでの月数がかかるようになります。
    出典 :「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About
     

    妊娠しないのではないのですね

  •  

    よく「避妊をやめたら、すぐ妊婦になると思っていた」と言う人がいますが、30代妊娠では、なかなかそうはいかないわけです。でも、生殖機能が正常で、性生活もある男女であれば、時間はかかっても基本的に妊娠します。

  • .「卵子は35歳を過ぎると急激に老化し始める」という誤解
    「34歳はセーフ、35歳はアウト」と思うのも、大きな誤解です。妊娠力は少しずつ低下します。

    35歳という年齢はどうかというところですが、妊娠力の低下は35歳よりもっと早いとも言えるし、もっと遅いとも言えるでしょう。
    出典 :2/4 「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About
     

    もっと早いって・・・

  • 実は、妊娠力の低下は毎年同じように下がっていくのではなく「変わり目」の年齢があります。その変わり目を超えると「なかなか妊娠しないな」という実感が出てくるかもしれません。

    変わり目年齢としては、35歳と考える医師はあまりいなくて、一般的に37~38歳と言われています。さらに40代、42~43歳になると、また一段と状況が厳しくなります
    出典 :2/4 「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About
     

    厄年に近い数字なのだそうです

  • .「精子は老化しない」という誤解
    卵子は胎児の時期に700万個作られて、その後は作られません。それは、卵子を作る卵祖細胞がなくなってしまうからです。

    これにひきかえ、精子を作る精粗細胞はずっと精巣に在ります。そして精子を1日一億個も作り続けるので、精子は常に若いということになっています。
    出典 :3/4 「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About
     

    しかし、老化しないとは言えないのです

  • 精子に老化がないかといえば、そんなことはありません。先の研究報告でも、30代後半の女性では、パートナーが40歳以上の場合は妊娠率が3分の2程度になりました。

    精子バンクに精子を提供するドナー男性にも年齢制限があるのが普通。その年齢は50歳くらいのことが多いようです。

    精子の老化は女性に較べてとてもゆるやかなのですが、もともと精子を作る機能が弱い男性もいます。晩産化でかなり年齢が高い男性が子どもを持とうとすることも増え、精子の老化はないと言える時代ではないでしょう。
    出典 :3/4 「卵子の老化」と不妊をめぐる3つの勘違い [妊娠の基礎知識] All About
     

    女性だけの問題じゃありません!

  • 防ごう卵子の老化

  • 野菜多めの食生活で抗酸化力を上げる



    紫外線、タバコ、アルコール、ストレスは、活性酸素を大量に発生させます。もし体内で活性酸素が過剰に発生してしまうと、シミやシワ、ガンの原因になりやすくなるだけでなく卵巣の働きも低下させてしまいます。活性酸素を無毒化する抗酸化作用のある食材を積極的に取るようにしましょう。野菜、大豆、アボカド、玄米、オリーブオイルなどがオススメです。
    出典 :妊娠力の低下を招く、卵子の老化を防ぐためのポイント4つとは? | 「マイナビウーマン」
     

    あくまで多めです
    だけはダメです

  • 太り過ぎでもやせ過ぎでも排卵が起こりにくくなることがあります。なかでも多嚢胞性卵巣症候群という病気では肥満が症状のひとつである場合があり、ほかにも「毛深い」「月経が以前に比べて不規則になった」「にきびが多い」という症状が出る場合があります。また、無理なダイエットをして急激にやせてしまうと月経が止まってしまうこともあるので注意が必要。体重管理を心がけて卵巣や卵子の健康をサポートしましょう。
    出典 :妊娠力の低下を招く、卵子の老化を防ぐためのポイント4つとは? | 「マイナビウーマン」
     

    体重はきちんとキープしましょう

  • パートナーのタバコをやめさせる



    喫煙は、卵子だけでなく精子の質も低下させます。不妊の原因は、女性だけにあるのではありません。いつか一緒に親になりたいと思っているなら、一刻も早く2人で禁煙を始めた方がいいでしょう。
    出典 :妊娠力の低下を招く、卵子の老化を防ぐためのポイント4つとは? | 「マイナビウーマン」
     

    煙草に良い事はありません

  • ピルを上手に活用しましょう



    いまはまだ妊娠するつもりはない、というときにはしっかり避妊しておくことが大切です。確実な避妊のためには低用量ピルがオススメ。ピルを内服することで排卵を抑えるため、避妊効果だけでなく、子宮内膜症や卵巣がんなどの病気を減らすことができるといわれています。すぐに妊娠をする予定がなければ、病院でピルを処方してもらいましょう。
    出典 :妊娠力の低下を招く、卵子の老化を防ぐためのポイント4つとは? | 「マイナビウーマン」
     

    出来ちゃったじゃないのですよ?

  • 夫婦というものは

     

    いつまでも一緒にいるものなんて
    きれいごとかもしれませんが
    妊娠はお互いの問題です
    男性も積極的になりましょうね