お腹の中ではどうなっているの?妊娠10週目の胎児

妊娠10週目の胎児は、神経系が発達してくるころです。
はじめてお母さんのお腹のぬくもりや感触をなんとなく感じ始めているころでしょう。
お腹の中では30ミリリットルの羊水に身体が浮かんでくるころなので、お腹の中でお母さんのぬくもりとユラユラ揺れる感触を味わっていることでしょう。

view466

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠10週目の胎児 お腹の中で動くようになります

  • ようやく食欲が回復してきます

     

    つわりで苦しんでいた方も、ようやく食欲が回復してきます

  • 妊娠10週目はつわりに大きな変化が現れる時期で、徐々にですが楽になる人が増えてきます。
    出典 :育児中パパの気ままな日記
  • 妊娠10週目になると、つわりのピークも収まってきます。
    妊娠の初期はつわりが酷く、食欲不振だったお母さんも、ようやく食欲もでてくることでしょう。
    この時期は赤ちゃんの身体が形成される大事な時期なので、栄養のバランスよく三食しっかりいただきましょう。
    妊娠10週目の胎児の大きさは約5,6センチの大きさです。

  • これまで赤ちゃんはもともと持っていた卵黄嚢からの栄養分で成長してきましたが、これからは胎盤を通じてママから栄養をもらうようになります。
    出典 :妊娠初期症状 – 妊娠の兆候から出産までの注意点等をご紹介
     

    ママの栄養が赤ちゃんの身体のもとになる時期です

  • 妊娠10週目の胎児、男の子かな? 女の子かな?

  • そろそろ性別がわかるころです

     

    男の子かな?
    女の子かな?
    気になる方は健診の時に先生に聞いてみましょう。

  • 11週の頃には外性器が形作られ、男女の差がはっきりしますが、超音波診断で見られるのはまだ先です。ところで、性別が決まるのはどのタイミングかご存じですか? 答えは、受精の瞬間。精子にはXとYの2種類があり、卵子にたどり着いたのが、X染色体を持つX精子なら女の子、Y染色体を持つY精子なら男の子になるのです。
    出典 :妊娠3ヶ月(妊娠8週,9週,10週,11週,妊娠初期) 胎児の状態 | ベビカム
  • 10週の赤ちゃん

    爪や髪の毛、歯の元のようなものが現れ始めます。まぶたが発達して赤ちゃんの目が閉じるようになります。今までは透明で透けていた皮膚がだんだん厚くなってきて、血管や内臓がだんだん見えなくなってきます。
    まだママやパパには判断できませんが、女の子は膣が発達して、男の子は睾丸が認識できるようになります。
    出典 :e-妊娠
     

    定期健診で、丸まったかわいらしい赤ちゃんのエコー写真を撮ることもできます。
    エコー写真は月日が経つと、劣化して消えてしまうこともあるので、記念に残しておきたい方は忘れずにコピー機などでプリントアウトすれば、永久保存できますよ。

  • お腹の赤ちゃんがどんどん大きくなっていきます。

     

    これからどんどんお腹が大きくなってきます。
    規則正しい生活と栄養バランスのよい食事をとりましょう。

  • ママの血液が赤ちゃんに送り込まれます 鉄分不足に気をつけましょう

  • 貧血とは、簡単にいうと血液が薄く、水っぽくなってしまうことです。妊娠中は、赤ちゃんを成長させるための血液(血液中の鉄分)が必要になります。また、ママ自身もおなかが大きくなり、より多くの組織に血液を送らなければなりません。そのためママの体内を流れる血液の量(循環血液量)が普段より増えます。それに対して赤血球はそれほど増加しないため、血液が薄まったような状態になります。
    出典 :妊娠中の貧血(鉄欠乏性貧血)
  • 妊娠10週目の注意点

     

    妊娠10週目の胎児にとっては大切な時期です。
    ママはバランスのよい栄養をしっかり摂りましょう。
    母子手帳には、食事指導もかかれているので、しっかり目を通しましょう

  • 妊娠10週目の胎児は、胎盤を通して、お母さんの栄養分が胎児に送り込まれていきます。
    お母さんの心臓にもかなり負担がかかってくるので、この頃からむくみ対策もしっかりと行いましょう。
    子宮や胎盤に血液が大量に送り込まれるので、心臓に負担がかかったり、血液の循環も悪くなります。
    貧血にも注意が必要です。

  • 妊娠10週目からできるむくみ対策をご紹介します

  • むくみを予防

     

    妊娠初期から中期、後期、出産までとにかくむくみ対策はしっかり行いましょう。
    甘く見ていると妊娠悪阻や妊娠高血圧症、産後高血圧症にもなりかねません。

  • 妊娠すると今まで履きなれていた靴がきつく感じたり、手指の指輪が抜けにくくなるという症状が現れます。これが、浮腫(むくみ)を感じる最初のサインだと思います。以前は臨月になると浮腫を訴える人が多かったのですが、最近では冷え性の妊婦さんが増えてきたためか、いわゆる安定期と言われる中期でも浮腫を訴える人が多くなりました。
    出典 :妊娠中の浮腫(むくみ)ケア [妊娠の基礎知識] All About
  • 妊娠10週目からできるむくみ対策をご紹介します。

  • 自分で出来る! しかも手軽にできるむくみ予防法って?

  • 胎児に たくさんの血液を送るため、血管の通りが良くなります。このため、血液中の水分が多くなり、細胞にも水分が行きわたるので、むくみ がでやすくなっています。① 水分の摂りすぎ② 塩分の取り過ぎ③ 長時間 立ちっぱなし④ 長時間 同じ姿勢 ⑤ 手足の冷え⑥ たんぱく質の欠乏⑦ 睡眠不足⑧ 過労⑨ うつぶせ寝 などが原因としてあげられます。
    出典 :妊娠中のむくみ〜原因と解消法
  • お洒落なタイプもありますよ

     

    弾性ストッキング、靴下を活用してむくみを防止しましょう。
    お洒落なタイプもありますよ。

  • 日常生活では、サポート効果のある弾性ストッキングや靴下がドラッグストアなどで販売されているので、このようなグッズを活用して、むくみを防止していきましょう。
    自宅にいるときには、身体の左がわを下にして横たわったり、足を高く上げて寝るのもよいでしょう。

  • 妊娠10週目からのむくみ対策
    安眠効果、利尿効果のあるタンポポコーヒーを飲んでみませんか

  • 妊娠中でもコーヒーを楽しみたい!!

     

    妊娠中でもコーヒーを楽しみたい!!

    でもカフェインが入っているし……。

    そんな方にはおすすめのノンカフェインのタンポポコーヒーがあります。

    味も本物のコーヒーにそっくりです。

  • 名前にコーヒーと付いているが、コーヒー豆は使用しない。たんぽぽにはクロロゲン酸が含まれており[1]、風味や飲み口はコーヒー豆で作ったコーヒーに近い。カフェインを含まず、不眠症患者や子供、妊娠・授乳期の女性でも飲用できる。
    出典 :たんぽぽコーヒー - Wikipedia
  • たんぽぽコーヒーは母乳の出を良くすることや母乳の質を良くする効果があることで知られており、妊娠中の妊婦さんや赤ちゃんを母乳で育てているママさん達には非常に認知度が高いようです。 これらの効能はタンポポの根の部分に含まれている幾つかの苦味成分によるものと考えられており、これらの有効成分が代謝の働きを良くすることで【母乳分泌の促進作用】に繋がっていると言われています。
    出典 :妊娠10週-赤ちゃんの部屋
  • たんぼぼコーヒーは、むくみに効果的な利尿作用があります。
    また出産後も、母乳の出をよくする働きがあります。
    タンポポには強い利尿作用があり、むくみの改善にとても高い効果があるそうです。
    最近では、ドラッグストアや、マタニティ専門店などでも取扱っているところが多いので、比較的手に入りやすいですよ。

    一度お試しあれ。