妊娠中【子供を喘息にしない3つのポイント】

アレルギー体質のお母さんやお父さんが心配するのは
遺伝による喘息などの病気ですよね
親としてできる事の3つのポイントをご紹介!

view838

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 喘息にしない為に出来る3箇条とは

  • Q:待望の赤ちゃんを授かりました。でも、私も夫もアレルギー体質なので、子供が喘息などにならないかどうかとても心配です。喘息にならないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。何か方法はありませんか?教えてください…。
    出典 :子供を喘息にしない3ポイント(妊娠中編) [子供の病気] All About
     

    このような悩みを抱えている人は想像以上に多いのです

  • 妊娠中のチェックポイントは3つ!まず禁煙!
    アレルゲンをさける
    動物性脂肪を摂りすぎない
    です。
    出典 :子供を喘息にしない3ポイント(妊娠中編) [子供の病気] All About
     

    家族に居れば隔世遺伝という可能性があります
    気を付けておきましょう

  • まず禁煙!お父さんやその他家族も協力する事

  • お母さんの喫煙は子供の喘息の発症率を高くするだけでなく、流産を始め様々な問題を引き起こすとされています。妊娠がわかったら、必ず禁煙しましょう。
    出典 :子供を喘息にしない3ポイント(妊娠中編) [子供の病気] All About
  • 妊娠中に母親が喫煙していた場合、喫煙していなかった母親に比べると子供が4~6歳になった時点で喘鳴(ぜんめい)を発症する割合が39%, 喘息を発症する割合が65%も高かったという。
    出典 :母親が妊娠中に喫煙すると、子供の喘息発症リスクが65%も高くなることが明らかに スウェーデン調査 - IRORIO(イロリオ)
  •  

    最近では自分が吸わなくても他人が吸っているたばこの煙による影響、いわゆる間接喫煙が問題になっています。同居している人(お父さんをはじめ、ご両親など)にも禁煙してもらうか、少なくとも室内での喫煙はさけてもらうようにしましょう。


    これだけでも大分違います
    当たり前と言えば当たり前かもしれませんね

  • アレルゲンを避ける事!!

  • お母さんが妊娠中に食べたもの、吸い込んだものも赤ちゃんに影響を与えます。お母さん自身にとってアレルギーを悪化させないようなものでも、たとえばアレルゲンとして有名なエビやカニ、貝類やそば、卵白や大豆、豆(ナッツ)類などを毎日のように続けて、たくさん食べることは好ましくないと考えられています。
    出典 :子供を喘息にしない3ポイント(妊娠中編) [子供の病気] All About
  •  

    ダニやカビもアレルゲンの一種です
    なるべく吸い込まないようにするために

    風通しを良くする
    こまめに掃除する

    を徹底しましょう

  • 不摂生・不規則な食事を避ける事!

  • 上記したようなアレルゲンとして有名もの以外に、動物性脂肪の摂りすぎ・不規則な食事は良くないです。動物性脂肪を多く摂ると喘息やアトピーになりやすくなると言われていますし、お母さんが太る(よけいな脂肪が増える)こともアレルギーの観点からよくないようです。妊娠がわかったら、規則正しい食事を心がけ、上記のような食品はなるべく避けてください。
    出典 :子供を喘息にしない3ポイント(妊娠中編) [子供の病気] All About
  •  

    妊娠中でも出来る事はあります
    積極的に行いましょう

    生活習慣がおかしくならないようにしましょうね

  • 喘息のアレルギー以外の原因はコレ


  • 喘息にはタバコはよくありません

    風邪
    タバコや花火の煙
    大気汚染
    鎮痛薬などの薬物(特に、アスピリン)
    ストレスや不規則な生活

    など以上のようなことが主な原因として挙げられます。
    出典 :喘息の基礎知識vol.1 喘息の原因って何? [肺・気道の病気] All About
  • タバコ:タバコの煙には4500種類以上の化学物質が含まれている。ニコチン、ピレンといった粒子とアセトアルデヒド、窒素酸化物といった気体に分けられる。煙はアルカリ性を示し、気道粘膜に対する刺激がある。妊婦の喫煙は、胎児へのタバコ暴露をもたらし、赤ちゃんの肺機能に影響すると報告されている。
    出典 :喘息の基礎知識vol.1 喘息の原因って何? [肺・気道の病気] All About
     

    たばこだけは絶対だめです!!!
    気を付けましょう