妊娠中は体重管理が重要なポイント!体重を増やさないためのコツは?

妊娠中は、きっちりと体重管理をして無駄に体重を増やさないことが重要と言われています。
しかし、それがなかなか難しいことなのです。

view95

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中は体重が増える

  • 妊娠中に体重が増えて行くのは当たり前のことです。お腹の中では赤ちゃんが育ち、胎盤羊水や乳房、血液や水分に皮下脂肪などによって体重増加します。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠中は、お腹が大きくなるにつれて体重も増加していきます。

  • これらの増加に考えられるものを合計すると約8キロだと言われています。個人差や妊娠前の肥満度によっても変わりますが、多すぎても少なすぎてもよくありません。
    出典 :妊娠中の体重管理-赤ちゃんの部屋
     

    しかし、妊娠・出産を経験したママの中には8キロをオーバーした人も少なくないはずです。

  • たしかに妊娠中のからだはホルモンの働きもあって、太りやすいんです。皮下脂肪をつけて、おなかの赤ちゃんを守ろうとしたり、出産や産後のおっぱいに備えて、エネルギーを蓄えようとするんですね。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    妊娠中の体は脂肪が付きやすくなっているため、理想の体重内に抑えることは簡単なことではありません。

  •  

    最近では、妊娠中の体重増加を恐れて必要な栄養素を摂らない妊婦さんも増えているようです。
    妊娠しているのに体重が増えない場合、ママの体や赤ちゃんにとても悪い影響を与えてしまいます。

  • 妊娠中は、太り過ぎてもいけませんが、太らな過ぎてもいけません。
    そのため、しっかりと体重管理をして理想の体重を目指しましょう。

  • 妊娠中に太り過ぎると?

  • むくみ、高血圧、たんぱく尿のどれかひとつでも症状が出たら、妊娠中毒症ですが、太り過ぎると、そのリスクが高くなります。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    妊娠中の太り過ぎは、妊娠中毒症の大きな原因と言われています。

  • 妊娠糖尿病になり、血液中の血糖に異常が起こると、おなかの赤ちゃんまで皮下脂肪が増えて、太りぎみに。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    赤ちゃんがママのせいで肥満になってしまうため、注意しましょう。

  • □ 体重が負担になって、膝痛や腰痛に。
    □ 産道などに余分な脂肪がついて、赤ちゃんが下りてきにくい。
    □ 子宮収縮が弱くなって(微弱陣痛)、出産が長引くことがある。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    体重が重すぎると、出産時に大きな負担が掛かってしまいます。

  • □ 出産が長引くと、産後のママのからだの回復が遅くなりがち。
    □ 産後、腎臓病や高血圧などの慢性病に移行してしまうことがある。
    出典 :にんぷの体重管理|プレママタウン
     

    産後の体にも影響が出てしまいます。

  • 効果的な体重管理

  • 食べ物を管理しながら食べる
    体重管理の基本ですが、方法はいろいろ。
    食べ過ぎないこと、我慢しすぎないこと、そして食べるものを選ぶこと。
    出典 :妊娠中の体重管理で気をつけたい3つの方法 | アップリカ プレママスクエア
     

    妊娠しているからと言って、何でも食べて良い訳ではありません。
    赤ちゃんのことを考えて食事しましょう。

  • 適度な運動
    プレママにオススメの運動は軽いウオーキング、ヨガやマタニティビクス、マタニティスイミングなどがあります。
    出典 :妊娠中の体重管理で気をつけたい3つの方法 | アップリカ プレママスクエア
     

    担当の先生と相談して、楽しめる運動を行いましょう。

  • 体重を測る
    毎日体重を測る。これだけでいつの間にかずいぶん太ってしまった!という事態を避けられます。
    自分で測るだけでなく、検診のときの測定もよいプレッシャーになるとか。
    出典 :妊娠中の体重管理で気をつけたい3つの方法 | アップリカ プレママスクエア
  •  

    体重管理をしっかりと行い、健康な赤ちゃんを産みましょう!