内耳炎で耳鳴りがし始めたら難聴に?完治後も後遺症に悩むこともあるそうです

中耳炎を悪化させると、内耳炎になり内耳炎で耳鳴りやめまい、難聴になってしまう危険が!

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内耳炎とは

  • 内耳炎は外耳炎や中耳炎に比べて発症する可能性が低い病気であるといえます。
    しかし、 発症する部位が平衡感覚を司っている三半規管を含んでいるため、症状は外耳炎や中耳炎よりも深刻になりやすい病気といえます。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
     

    三半規管というとバランスや平均感覚を司っている気管ですね。

  • 内耳炎の症状

  • 内耳炎

  • 主な症状としては耳鳴り・めまい・難聴がありますが、吐き気を伴う強差を持っているのが特徴です。症状が現れると慢性的なめまいやふらつきが表れるため、日常生活に支障が出てくることがあります。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
  • 内耳炎になると聴力低下と共にぐるぐる回るような回転性のめまいが生じますが、内耳そのものには痛みを感じる神経がないため内耳炎そのものには痛みは感じません。しかしながら痛みを感じないからといっても後遺症の可能性がある非常状態といっても過言ではない状況なのです。
    出典 :耳鳴りやめまいよりも難聴の後遺症が怖い内耳炎 | 耳鳴り めまい 難聴
  • 内耳炎の多くは中耳炎からの発展によって発症したものですが、髄膜炎から発展して発症する ケースもあります。髄膜炎は、脳を保護する髄膜に炎症が起こる病気でインフルエンザ桿菌やヘルペスウィルスなどが血流に乗って内耳に運ばれることによって発症します
    出典 :内耳炎について
  • 難聴や耳鳴りだけでなくめまいまでも引き起こす上に、「まっすぐに歩く」という当たり前のように出来ていたことが出来なくなってしまうからです。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
  • 内耳炎で耳鳴りの症状

  • 耳の治療

  • さらに蝸牛に障害が及ぶと、耳鳴りや難聴の強度や治療の難易度が増します。
    内耳炎完治後に耳鳴りが残るケースがあり、蝸牛に障害が及んだと考えられます。
    専門の耳鳴り治療が必要になりますが、完治は難しくなります。
    出典 :内耳炎について
  • 内耳炎で耳鳴りというと、だいぶ進行しているといってもいいでしょう。あれ?っと思って病院へいっても、内耳炎は完治したものの、後遺症で耳鳴りや、難聴が残ったりするそうです。怖い内耳炎。早い診断をおすすめします。

  • 一旦内耳炎に発展してしまうと、蝸牛障害による高音の耳鳴りが発生します。
    耳鳴り治療の難易度が高くなり、完治が難しい耳鳴りに発展します。
    出典 :内耳炎の問題
  • 内耳炎の治療

  • 内耳炎の治療は主に薬物療法が取られます。細菌やウイルスに対して抗菌剤や抗生剤を使用し、症状に応じて解熱剤や鎮痛剤も適用されます。難聴やめまいの対策としてビタミン剤や抗めまい薬を投与する場合もあります。また中耳炎や髄膜炎が原因となっている場合は、そちらも併せて治療していくことが必要となります。
    出典 :【耳炎.com】〜中耳炎・外耳炎・内耳炎〜
  • 内耳炎になるまでには外耳炎だったり中耳炎だったりの段階できちんとした治療をしなかった事が主な原因とわかっています。なので、内耳炎にまで進展しないようにするには、早期の耳鼻科での治療です。