深部静脈血栓症予防!デスクワークの女性は危険因子を持っているかも?

深部静脈血栓症予防の方法をまとめました。デスクワークの女性、立ち仕事など女性特有の職業の方は気をつけたほうが良いかもしれません。この病気の特徴や予防方法、かかりやすい特徴などを紹介します。

view96

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 深部静脈血栓症予防

  • 深部静脈血栓症予防の方法を紹介します。女性が見逃せないのがこの病気です。なりやすい人の特徴や病気を防ぐ方法を知っておきましょう。

  • 深部静脈血栓症とは?

  • 体にある血管

     

    体にある血管は静脈と動脈という太いものがあります。動脈は心臓から送り出された血液を全身に届けますが、静脈はポンプの役割は下半身の筋肉が果たしています。心臓のような強力なポンプが無いため、筋肉が少ない女性は静脈の血流が滞りがりです。

  • 深部静脈血栓症とは静脈の血流が何らかの原因で悪くなり、その部分に血栓ができる病気です。長時間座ったままの人、立ち仕事の人、運動不足の人などに見られます。特に長時間同じ姿勢を続けているとなりやすく、デスクワークの女性は危険性が高いといえます。

  • 血液が凝固しやすい体質の方は危険

     

    日常生活の問題で静脈の血流が悪くなるのも理由のひとつですが、そのほかにも血液が凝固しやすい人もなりやすいといえます。元々体質的に血液が固まりやすいと、静脈内で血栓ができそれが血流と共に流れて血管を詰まらせます。
    また、手術後など血管が固まりやすい状況の時期にも起こりやすく、女性の場合は出産などの問題も考えられています。

  • 深部静脈血栓症の症状とは?

  • 下半身のむくみがある際は注意が必要

     

    長期間下半身のむくみが見られる場合は注意しましょう。下半身の静脈の血流が悪く、血栓ができれば詰まる可能性があります。いつもよりむくみが酷い場合は深部静脈血栓症を疑い病院を受診すると良いでしょう。
    また、血栓が太い血管の部分で詰まると、息苦しさや心臓停止などの症状が現れることがあります。症状が出てしまってからだと治療が難しいこともあり、予防がとても重要だとされています。デスクワークで下半身がむくみやすい方は、何らかの予防を行いましょう。

  • 深部静脈血栓症の効果的な予防方法

  • ウォーキング

     

    ウォーキングなど歩くことは最大の予防法となります。毎日歩くことが少ない仕事の方は、通勤の際に駅まで歩くなどちょっとした努力で予防できます。下半身の筋肉を使うとそれがポンプとなり、静脈の血流を促すため血栓ができにくくなります。

  • 座ったままできる運動

     

    デスクワークの方、長時間同じ姿勢をする移動中などにはこまめに運動を心掛けましょう。座ったまま足首を動かす運動なら、どこでもできて便利です。下半身がむくむまえに運動を心掛けると良いでしょう。

  • 足の運動は飛行機や電車の中でも行なうことができ、血流が悪くなる場所でも利用しましょう。災害時に運動が阻害されるケースでもこの病気は起きています。運動するスペースが無いときでも、足を動かすだけでも違ってきます。
    また、長時間の飛行機の搭乗などは水分の補給が少ないと、血液の濃度が濃くなりそれによって血液がドロドロになって詰まる可能性もあります。トイレに行きにくい状況には特に注意が必要です。

  • 医療用の弾性ストッキング

     

    むくみが酷い場合は、病院で弾性ストッキングを処方してもらいましょう。着圧により下半身に血液が溜まるのを防いでくれます。あまり症状が酷くない場合は、市販のサポートタイツなどを利用しても良いでしょう。

  • 寝るときの着圧サポート

     

    メディキュットなど市販の商品には下半身のむくみを改善するグッズがあります。足首のサポート力が高く、太ももにいくほど弱くなっているため、その圧力の違いにより静脈の流れを良くする効果が期待できます。寝ている際にも着用でき、横になっているときに付ければ血液の戻りも良くなるため活用してみてください。