妊娠中の湿疹が起こる理由とは?

妊娠中は体の状態が平常時と変わるので、妊娠中の湿疹が起こりやすくなります。その理由についてまとめてみました。

view275

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の湿疹の原因は、ズバリ、平常時と違い女性ホルモンのバランスが調節できないからです。
    女性ホルモンのバランスが崩れることによって、妊娠中には原因不明の湿疹が起こりやすくなるわけです。

  • アトピー性皮膚炎は血中IgE値増加によるアレルギーが一部の原因と定義されている。 表皮バリア破綻説 ... 乾燥して表面が白い粉を吹いたようになり、強い痒みを伴う; 赤い 湿疹、結節などができ、激しい痒みを伴う。
    出典 :wiki
  • 肌が赤くなる紅斑と、その中にプツプツとした盛り上がった湿疹(丘疹)ができ、まれに水ぶくれを伴うこともあります。
    出典 :【「妊娠性痒疹」「妊娠性疱疹」】|妊娠初期に多い湿疹|湿疹・皮膚炎の知識
  • 腹部にできやすいとされておりますが、四肢(腕、脚)のみに発症する場合も多く、長期化すると症状が広がる可能性があります。
    出典 :【「妊娠性痒疹」「妊娠性疱疹」】|妊娠初期に多い湿疹|湿疹・皮膚炎の知識
  • 妊娠中に起こった湿疹の改善法は?

  • 対処法としては個人差もありますが、よもぎ茶やよもぎローションなどを使用すると効果的でしょう。

  • 妊娠中の湿疹の種類

  • 妊娠中の湿疹の例

     

    妊娠中にはこのような湿疹が現れることがあります。

  • 妊娠中の湿疹は手にも発生する

     

    妊娠中には、手荒れが激しくなり痒みが生じてきます。

  • どんな症状が起こるの?

  • 症状としては、肌が乾燥してカサカサになってしまったり、手荒れがひどくなったりします。湿疹も起こるのですが、湿疹以外にもアトピー症状も起こることがあります。
    これはアレルギーによる反応とか、何かの病気というわけではありません。出産をしたら改善されていくということも多いですし、女性ホルモンが乱れたことによる一時的な肌のトラブルと考えてください。

  • 最も多く発症する湿疹とは?

  • 妊娠中に引き起こされる湿疹は、妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)や妊娠性疱疹(にんしんせいほうしん)が圧倒的に多いです。
    どちらも主な原因としては、ホルモンバランスの変化と言えるでしょう。
    妊娠中は、どうしてもホルモンバランスが崩れやすいので、安静にしていることが大切です。
    出産をすれば、これらの症状は綺麗に改善されていくでしょう。

  • 湿疹が出来ても落ち着いて対処をすること

  • 女性にとって、妊娠中でも美容は欠かすことができません。
    妊娠中に原因不明の湿疹が起こったとしても、それは大きな病気というわけではありません。
    ですので、落ち着いて対処をしていってください。