子育てのお金を計算してみよう!~幼稚園から大学生までの学費~

子育てのお金ってホントはどれくらい必要なんでしょう。幼稚園から大学生までそれぞれどれだけ必要なのか、それぞれの年齢によって違います。調べてみましょう。ためどきはいつ?

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産していざ子育てをはじめると、子供にかかるお金って結構かかるなと実感しますよね。

  •  

    生まれてからよちよち歩きのときでさえ、おむつから、ベビー服、ミルクなどなど日々使うものもたくさん買わなくては。

  • ましてやこれから幼稚園、小学校・・となっていくと今度は学費がかかってきます。

  • 子育てのお金ってどれくらい用意すればいいの?

  • まずは総額はどれくらい?

  • 子供一人当たりの養育費は総額2,370万円ということです。一般的には「教育費は1人あたり1000万円くらいと聞いたけど・・。」という印象を持たれたかもしれません。一般的に「教育費」という場合は、子供の生活費は入っていないと思われます。このデ―タでは、養育費(子育て費用)=学費+習い事費+生活費となっています。
    出典 :長が~く続けて、ゆとりある暮らし  子育て費用のシュミレーション(平均額と内訳)
  • 保育園・幼稚園から中学生までで、1700万円!?

  • 中学生までの子育て費用の総額を計算してみましょう。概算で、未就学児が4年間で337万円、保育所・幼稚園児2年間で243万円、小学生6年間で692万円、中学生3年間で466万円となり、これらの合計は約1740万円となります。(これらの費用は子供のための貯金も含まれています)
    出典 :子育ての費用、子ども1人にかかるお金3000万円? [結婚のお金] All About
  • 教育費は学費と習い事とかんがえると、1000万円くらいとなるので、それですと一般的に言われている金額になりますね。

  • 高校にかかるお金

  • 高校年間40万、私立90万。これは高校授業無償化により安くなっている金額です。私立高校は公立の倍以上はかかっています。3年間にかかる学習費を見てみると、公立高校では118万円、私立高校では276万8000円となります。
    出典 :2/2 子育ての費用、子ども1人にかかるお金3000万円? [結婚のお金] All About
     

    私立高校の中にはこれ以上かかるところもあります。

  • 大学生にかかるお金

  •  

    国立私立か。下宿か自宅通いかによって金額が変わってきます。

  • 大学別の学費・・4年間で納付する金額は国立大学で242万円なのに対して、私立文系では386万円、私立理系で518万円となっています。進学する大学によって大きな差が出てきますね。
    出典 :2/2 子育ての費用、子ども1人にかかるお金3000万円? [結婚のお金] All About
     

    理系の大学でも医学部、歯学部は学費が高めです。

  • 自宅通学や下宿かによっても変わってきます。下宿生への仕送りの平均は月額6万9610円。さらに負担が増えそうです。
    出典 :2/2 子育ての費用、子ども1人にかかるお金3000万円? [結婚のお金] All About
  • やっぱり、子育てにはお金はかかります。どうやって貯めたらよいのでしょうか。

  • 子育てのお金を上手に貯めるコツ

  • ここで、子育てのお金を無理なく上手に貯める方法をお教えしましょう。

  • 子供の幼少期と小学生まではあまりお金がかからないので、教育費の準備を一気に進めるチャンス。中学生になると部活動も始まりますし、教育費もかかり始めます。もちろん、子供の進路や塾代の有無によっても大きく変わります。
    出典 :長が~く続けて、ゆとりある暮らし  子育て費用のシュミレーション(平均額と内訳)
     

    中学生に入ると、部活動のユニフォーム代や遠征費なども結構お金がかかります。また、塾を通うお子さんも増えてくるので出費が多くなってきます。

  • 教育資金の作り方・・子供保険・学資保険、教育積立郵便貯金、一般財形、奨学金制度の活用(ただし、奨学金は将来お子さんが返済することになるので注意が必要。)
    出典 :上手な「教育資金」の作り方 早い段階から計画的に準備を | マネーの達人
     

    やはり、積立式の教育保険や、貯金などを早めに準備して、コツコツ積み立てていくことが一番よいのかも知れませんね。