【温冷交互浴】ダイエット・冷え・疲れなんでも来いの優れもの!?

温冷交互浴って知っていますか?
色々な効果が期待されているこの入浴方法を
まとめてみました

view1796

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 温冷交互浴ってなに?

  • 知っておきましょう:温冷浴(温冷交代浴)

    温冷浴は、お風呂で温まった熱を体内に閉じこめることができる、
    冷え性にはもっとも効果的な入浴方法です。
    温冷浴で自律神経のバランスを回復しましょう。
    出典 :温冷浴(温冷交代浴)
     

    自律神経にまで効果があるとは。。。

  • パッと感じる事は

     

    とっても体に良さそう!

    という事
    期待してみても良いかもしれない!

  • 温冷交互浴の方法!

  • 温度変化の環境に体が耐えられるよう積極的に訓練する目的で、3分程度の温水(38度C以上~熱く感じる温度でよい)入浴と20秒~1分程度の冷水(25度C以下/18~20℃くらいが適当)入浴を交互に行います。

    最初は我慢できる温度から始め、徐々に温度差を広げていってください。これを3~5回おこないます。
    出典 :分割浴、温冷交互浴
  •  

     温水は全身浴でもOK!冷水は「足浴」など「部分浴」で!

    「温」で終わるか、「冷」で終わるかは・・・

    ●寝る前、寒いとき、慣れていない人は、「温」ではじまり「温」で終わる。
    ●寒くないときは、慣れてきたら、「冷」ではじまり「冷」で終わる。

    初心者は3回繰り返す。
    慣れたら5回が適当。
    限度は7回。

  • 1.お風呂に浸かる

    まず、普段通り身体を洗った後に湯船に張った38〜40度の湯にしっかり身体の芯まで温まるように浸かります。

    2.冷水をかける

    次に湯船から出て、できるだけ冷たい水をシャワーで出して足にかけます。(30秒〜1分)

    3.再びお風呂に浸かる

    また湯船に入り、3分間温まります。

    4.繰り返し

    STEP1~STEP3を3〜4回繰り返します。
    出典 :温冷交互浴でカラダが楽〜に!お風呂疲労回復法 | nanapi [ナナピ]
     

    こちらが自宅で行う場合の方法です!
    基本的には同じ事ですけどね

  • 効果の程はこれいかに!!!???

  • •血流が良くなることで、美肌、冷え性改善、疲労回復などに効果。
    •免疫力が高まり、風邪や各種疾病の改善が期待できまる。
    •自律神経のバランス回復に効果があり、アトピー、ぜんそく、高血圧などを改善。
    出典 :温冷浴(温冷交代浴)
  • 疲労回復や疲労予防の入浴法で、特に筋肉痛予防には大変効果がありますが、冷え性改善にも大いに力を発揮します。
    温泉ソムリエが超おすすめする入浴法です
    出典 :温冷交互浴
     

    筋肉痛予防は私にとってありがたいかも!?
    歩くだけでもうなります・・・

  • 女性にはありがたいかも!?

  • サウナと温冷交互浴とは似たり寄ったり

  • 原理はサウナと同じ
    サウナでは水風呂が隣にありますね。温冷浴はこれと同様の原理です。サウナは、冷水に入ることで温めた体の熱を体内に蓄積させています。
    一般に、どのような入浴方法であっても、最後には冷水を足にかけることで、入浴後の足の暖かさがちがいます。温冷浴が辛いとき、湯上がりには冷水を足だけでも、かけてみましょう。
    出典 :温冷浴(温冷交代浴)
     

    是非行ってみてくださいね
    効果は全然違いますよ