「大腸がんの治療」はどういった方法がある?

「大腸がんの治療」はステージによって別れるそうなのですが
どういったものがあるでしょうか

view132

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大腸がんの治療はどうする?

  • 癌を完全に治す(根治する)ための治療の原則は癌を残すことなく,きれいに切除することです。大腸癌の治療には内視鏡治療,手術治療,化学療法(抗癌剤による治療),放射線療法などの方法がありますが,中心となるのは手術治療です。癌を残すことなく切除する手術を根治手術といいます。
    出典 :JSCCR | 大腸癌研究会
     

    手術は多いですね

  • 大腸癌と診断されたら,まずいくつかの検査により癌の進行度(病期,ステージ)が決定されます。ステージにしたがって内視鏡治療か手術治療(腸切除+リンパ節郭清)かが選ばれ,手術の場合にはリンパ節郭清の範囲が決定されます。進行度によっては,化学療法や放射線治療が優先される場合もあります。
    出典 :JSCCR | 大腸癌研究会
     

    進行度に合わせて決まるのですね

  • 自分にあった治療を見つける

  • 標準治療については、『大腸癌治療ガイドライン 医師用』にまとめられています。また、一般の方向けにわかりやすく書かれたものとして『大腸癌治療ガイドラインの解説』があります。
    出典 :大腸がんの標準治療とは - 大腸がん情報サイト
     

    これは役立ちそうですね

  • ステージの分類で

     

    治療方法は大きく変わるそうです!ある程度の分類があるのですが、どうなっているのでしょうか?そちらも一緒に見ていきましょうね

  • 0期 がんが粘膜にとどまるもの  
    I期 がんが大腸壁にとどまるもの
    II期 がんが大腸壁を越えているが,
    隣接臓器におよんでいないもの
    出典 :大腸がん・がん治療
     

    まだ続きがあります

  • III期 がんが隣接臓器に浸潤(しんじゅん:周囲に拡がること)
    しているか,リンパ節転移のあるもの
    V期 腹膜,肝,肺などへの遠隔転移のあるもの
    出典 :大腸がん・がん治療
     

    リンパ節の転移などもステージに関係しているのです

  • 内視鏡治療

  • 内視鏡治療とは、小型カメラと切除器具がついた内視鏡を用いて、画像を見ながら、大腸の内側からがんを切除する治療法です。がんが存在する場所や大きさ、浸潤の深さなどを総合的に評価して、がんを安全かつ完全に切除できると判断される早期がんが内視鏡治療の対象となります。
    出典 :内視鏡治療と副作用 | 大腸がんの主な治療法と副作用 | 大腸がんを学ぶ | がんを学ぶ
     

    内視鏡治療の対象は切除なのですね

  • 手術

  • 切除するリンパ節の範囲は、がんの部位と手術前に予測したがんの進行度を考慮して決定され、早期がんでは、がんだけを切除して、リンパ節は切除しないこともあります。がんが周囲の臓器に直接浸潤してくっついている場合には、それらの臓器も一緒に切除します。
    出典 :外科治療(手術)と副作用 | 大腸がんの主な治療法と副作用 | 大腸がんを学ぶ | がんを学ぶ
     

    進行度を考慮して決定されます

  • 放射線治療

  • 切除が難しいがんによる痛みや出血などの症状緩和、骨転移による痛みや脳転移による神経症状などを改善する目的で行われることもあります。放射線の照射時期は手術前、手術中、手術後の3種類がありますが、手術前に照射することが一般的です。また、抗がん剤治療と一緒に行うこともあります。
    出典 :放射線治療と副作用 | 大腸がんの主な治療法と副作用 | 大腸がんを学ぶ | がんを学ぶ
     

    抗癌剤を使う事があるのですね

  • 薬物治療

  • 大腸がんの抗がん剤治療は、手術後のがん再発の予防のための補助治療として、あるいは根治目的の手術が困難な進行がんや再発がんにおいて延命と生活の質(QOL)の向上を目的に行われます。
    出典 :薬物治療と副作用 | 大腸がんの主な治療法と副作用 | 大腸がんを学ぶ | がんを学ぶ
  • 治療方法は

     

    沢山あるのですが、色々含まれているそうなのです!自分にあった方法を見つけるのが大切ですね