体脂肪にも関わる!?ぶどう糖とは☆

体脂肪にも大きく関わっている
ぶどう糖の関係性とは!?
血糖値も関連しているそう!

view130

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぶどう糖

  • ブドウ糖は糖の一種であり、人間や生物が活動するための原動力としている成分である。別名グルコース、またはデキストロースとも呼ばれる。数種ある糖類の中から単糖類に分類され、単糖類の代表的な成分として知られている。また、人間の生命活動に欠かせない栄養素でもある。
    出典 :【ブドウ糖】脳に必要不可欠なダイエット中も大事な栄養素 | ダイエットSlism
  • 食品に含まれる糖質が消化器官でブドウ糖まで分解され、生命維持活動のエネルギー源として利用されている。摂取された炭水化物はグリコーゲンからブドウ糖へと分解され、腸から取り込まれると各器官に運ばれる。脳や筋肉などのエネルギーとして利用された余りは、肝臓と筋肉の中に貯蔵される。
    出典 :【ブドウ糖】脳に必要不可欠なダイエット中も大事な栄養素 | ダイエットSlism
     

    エネルギーが使われる!

  • 脳に必要な栄養素

  • 脳は、体全体のエネルギーの18%も消費するそうです。脳は他の臓器よりも多くのエネルギーを消費しています。ブドウ糖だけをエネルギー栄養素としている脳は、全体のブドウ糖消費量の内46%も消費されていると言われています。1日に何もしなくても260g、脳だけでも120gのブドウ糖を消費しています。
    出典 :1日に必要なブドウ糖の量:ブドウ糖 ドット ジェーピー
     

    意外と使っているのですね!

  • 1日に必要なブドウ糖の量

     

    体が寝ている時でも、脳は休みなくエネルギーを消費し続けているのです!
    個人差があるので、具体的な数値は分かりませんが 運動や脳を酷使する仕事・勉強などを行った場合は、更に消費されてしまうので、補給が大切になってくるのです!

  • 不足と補給

  • ブドウ糖が不足すると、脳はエネルギーを作ることができず、思考能力が低下してしまいます。さらに、集中力が欠け、やる気も出ず、イライラするなど仕事も勉強もはかどりません。ダイエット等で炭水化物抜きの食事ばかり摂っていると、脳はエネルギー不足になり頭がボーっとしてしまいます。
    出典 :ブドウ糖の働き
  • 食事から摂取し使い切れず余ったブドウ糖は、グリコーゲンとして肝臓や骨格筋に蓄えられます。そして、血液中の糖が少なくなると肝臓から補充し、多すぎる場合にはまた肝臓へ蓄える、というシステムによって、血液中の量を一定に保っているのです。
    出典 :ブドウ糖の働き
     

    きちんと摂取しないといけないようですね!

  • ぶどう糖とダイエット

  • 血糖値は食事を摂取すると上昇する性質を持っており、急激に上昇すると膵臓からインシュリンという物質を分泌する。インスリンは、血糖値が上昇しないように調整したり、ブドウ糖を体内に取り込み、エネルギーとして利用している。
    出典 :【ブドウ糖】脳に必要不可欠なダイエット中も大事な栄養素 | ダイエットSlism
  • 血糖値

     

    急激な血糖値上昇の場合は、同時に体脂肪の蓄積を促進することにもなるそうです
    上昇した血糖値は、インシュリンの働きで抑制されるとともに、余分なエネルギーは中性脂肪として蓄積されることになるのです!
    ダイエットをする場合には、血糖値の上昇が緩やかな食材を用いられることが多いそうですよ

  • 毎食きちんと取ろう

  • 毎日、食事をきちんと摂っていれば大丈夫 通常の食事(1日3食)を取っていればブドウ糖が不足する事はないそうです。特に炭水化物(穀物やイモ類など)が分解されてブドウ糖に変るので、食事のバランスを考えて取る事をおススメします。
    出典 :ブドウ糖は毎日の食事で不足する?:ブドウ糖 ドット ジェーピー
  • ただ、ダイエットなどで食事を抜いたり、野菜ジュースや栄養補助食品だけで食事をおろさかにしてしまうと、必要なエネルギーがたちまち不足してしまいますので、食事をきちんと取っていただく事が必要です。
    出典 :ブドウ糖は毎日の食事で不足する?:ブドウ糖 ドット ジェーピー