アルツハイマーと脳の関わり

別名認知症とも呼ばれるアルツハイマーですが、脳の働きと密接な関係が有ります。

view196

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルツハイマーとは

  • アルツハイマーとは

     

    アルツハイマー病は1907年、55歳で亡くなられた女性患者さんに関するアルツハイマー博士の論文にちなんで名づけられました。

  • それ以後、アルツハイマー病は65歳未満の人に起こる病気とされ、高齢者にみられる認知機能障害とは区別されていました。しかし30年ほど前から、65歳未満の若年期のものと高齢者に起こるものが脳内の病変に共通点の多いことから、両者をアルツハイマー病とまとめて呼ぶようになりました。ただ、介護などの面では若年者と高齢者とは対応が異なるため、最近では若年期を分けてとらえることもあります。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • 記憶などの認知機能の障害が症状の中心ですが、それ以外にも徘徊などの異常な行動や、物を盗られたという妄想などがみられます。CTやMRIなどの画像により検査すると、脳の萎縮が認められます。 アルツハイマー病ではアセチルコリンという神経伝達物質が減っていますので、それを補う薬である塩酸ドネペジル(アリセプト)が使用されるようになりました。また、さまざまのケアなども治療の一環として行われます。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • 検査と治療、予防

  • 検査は?

     

    最初に行うのは、記憶に重きをおいた認知機能の検査です。よく利用されるのが長谷川式簡易知能評価スケールとミニメンタル・ステート検査(MMSE)です。高度認知症の人にはSIBという検査も使用します。

  • 日常生活に関する検査としては臨床認知症評価尺度(CDR)があり、記憶、見当識、判断力、問題解決能力、社会適応、家庭状況、趣味、関心、介護状況を5段階で評価します。 機能評価ステージ(FAST)は物忘れ、会話、旅行、家計、着衣、入浴、排便、歩行の程度より、軽度、中等度、高度に分類します。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • 介護をするうえで問題となる行動・心理症状は、神経精神情報詳細(NPI)により評価します。妄想、幻覚、興奮、脱抑制、不安、多幸、無為、異常行動などについて評価します。 アルツハイマー病では脳が萎縮しますから、X線CTやMRIで脳の形を検査します。とくに脳の海馬という部分の萎縮が強いので、VSRADという方法で正常者との違いを比較します。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • 脳の血の巡り(脳血流)が悪い部位をコンピュータ処理による画像表示で検査したり、アルツハイマー病の発病と関係の深い老人斑アミロイドの蓄積を発見する方法もあります。 また、家族性に発病するアルツハイマー病の人については承諾を得たうえで、遺伝子検査をすることもあります。もちろん個人情報の保護には十分配慮されています。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • アルツハイマー病の診断は特定の検査だけでは難しいので、まず、物忘れがあれば軽度認知障害ではなくて広義の認知症であることを確認します。そのなかから身体疾患や脳外科的疾患を除外診断して、狭義の認知症とします。 狭義の認知症から脳血管性認知症、プリオン病、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症、ほかの変性型認知症を除外して初めてアルツハイマー病が疑われます。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • 治療は?

     

    アルツハイマー病の治療薬として認可され、現在市販されている薬は塩酸ドネペジル(アリセプト)のみです。

  • アルツハイマー病の人の脳ではアセチルコリンを作る酵素のはたらきが弱く、アセチルコリンが減ってきます。塩酸ドネペジルはアセチルコリンを分解するアセチルコリンエステラーゼのはたらきを止めるように作用し、減ったアセチルコリンを増やします。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • 塩酸ドネペジルは日本で開発された薬ですが、最初は米国でアルツハイマー病に対する効果が証明されました。3年後に日本でも認知機能、日常動作や生活の質が改善することが認められ、1999年に認可されました。 最初に認められたのは、軽度〜中等度のアルツハイマー病の人への3mgと5mg錠でしたが、2007年には高度の人に10mg錠が認可されました。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • 薬の効果には限界があるので、介護保険などにより、ケアなどの非薬物療法が行われています。非薬物療法は薬と違って、ケアする人のやり方によって差が出ます。また、環境の整備も症状の改善には大切です。 上手なやり方としては(1)その人らしさを大切にする、(2)楽しく笑顔が出るようにする、(3)本人の能力を発揮させる、(4)安全に行う、(5)慣れ親しんだ生活を継続させることがあげられます。
    出典 :アルツハイマー病<脳・神経・筋の病気> - goo ヘルスケア
  • 予防法は

     

    予防のアプローチは、発症の影響因子の性質から大きく生理的アプローチと認知的アプローチに分けることが出来るとしています。

  • 1.有酸素運動運動をしよう! 
    水泳、ジョギングなどいろいろありますが、高齢者にはウォーキングがおすすめです。有酸素運動は脳血流を増やし、脳を活性化させます。健康長寿医療センターの調べによりますとウォーキングを1日1回やるひととやらない人を比べるとほとんどやらない人は3.4倍認知症にかかりやすいというデータがあります。
    出典 :認知症予防
  • 2.頭を使う生活をしよう!⇒末端神経が太くなり、海馬や前頭葉を刺激し、活性化させる。
    ・エピソード記憶:たとえば二日遅れの日記をつける。
    ・注意分割機能:「ながら」の実践、すなわち2つ以上のことを同時におこなう。
    ・計画力(思考力):旅行、料理、パソコン、マージャン、囲碁などに参加する。
    出典 :認知症予防
  • 3.効果的な食べ物に関心を持とう!
    ・ビタミンE、ビタミンC、βカロチンが多く含まれるもの 野菜・果物
    ・DHAやEPAが多く含まれる魚 サバ、サンマ、イワシ、マグロ
    ・赤ワイン(ポリフェノールが含まれる)
    出典 :認知症予防
  • ボケる脳とボケない脳

  • ボケる脳とボケない脳

     

    ボケ=痴ほうにはいくつかの種類があります。ボケる=アルツハイマーではないのです。

  • いわゆるアルツハイマー型と呼ばれる痴ほうは、脳の老化現象。加齢とともに脳神経細胞の変性、萎縮が進行して発症するが、その原因は未だ不明の部分が多く、決定的な治療法も確立されていない。 日本人の場合、むしろ数的には、脳血管性痴ほうの方が多い。脳梗塞などが原因になるもので、アルツハイマー型に比べると、急速に発症するのが特徴だ。
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
  • ボケの始まりは、本人より周囲の人間が気づくことが多いので、家族にも、日ごろから異常行動が見られないか、などを質問する。臨床的には、MRI(磁気共鳴診断装置)やCTスキャンを使って、脳を頭蓋底からてっぺんまで輪切り状態に撮影して画像をとり、これらを総合して診断する。
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
  • 「脳の委縮度は、画像にもはっきり現れます。委縮が進行した脳は、隙間だらけの画像になりますが、しかし、この画像で見る委縮度の症状としてのボケの程度は、必ずしも相関しないのです。」 画像を見るとすき間だらけなのに、まったくボケていない人もいれば、画像で見る委縮度はそれほどでもないのに、すでにボケが始まっている人もいる。
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
  • つまり、こういうことだ。脳神経細胞の数自体は減っていても(委縮が進んでいても)残った脳神経細胞が密接なネットワークを形成し、活発に働いていれば、ボケの症状は現れない。実はここに、ボケを防ぐための重大なヒントが隠されているのだ。
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
  • 普段、人間が活用している脳神経細胞は、全体数のわずか一部にすぎない。大部分は、実は使われないまま眠っているのです。問題は、細胞の数ではなく、今ある細胞をどう活性化できているかということ。活性化するためには、たえず脳に刺激を与えてあげることが必要なのです。
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
  • 脳に与える刺激としては、できるだけ多くの領域(言語野、運動野など)の脳神経細胞を働かせる刺激がよいという。 よく手を使う仕事をするとよいといわれますが、これは、手を動かすことによって、脳の広い範囲の領域が刺激を受け、活性化されるからなのです。
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
  • 旅行やパーティなどにも積極的に出かけて、さまざまな人や物と出会い、絶えず五感を刺激し続ける。一つの考え方などに執着せず、柔軟に物事を吸収する。ボケにくい脳とはそんな脳だというのである。
    出典 :ボケる脳とボケない脳の違い
  • 脳トレ.wmv - YouTube