慢性骨髄性白血病って一体どんな病気??治療法や症状は???気になるまとめ!!!

慢性骨髄性白血病って一体どんな病気なの???
症状や治療法などは??
気になる情報をまとめてみました!!!

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性骨髄性白血病って一体どんな病気なの???

  • 一体どんな病気なの???

  • 造血幹細胞(ぞうけっかんさいぼう)(すべての血液細胞のもとになる細胞)が腫瘍化して発生する血液腫瘍(けつえきしゅよう)で、白血球が著しく増加する病気です。しかし、いわゆる遺伝性のものではなく、子孫への影響はありません。通常、病気の進展に伴い、慢性期、移行期、急性期に分けられます
    出典 :慢性骨髄性白血病の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 慢性骨髄性白血病は、幼弱な段階から成熟した段階までの各種の顆粒球系の細胞が増加している状態でこれを慢性期と称します。
    病状が進行すると移行期を経て急性期へと移行します。
    出典 :慢性骨髄性白血病/慢性リンパ性白血病│標準医療情報センター
  • 一体どんな症状が出てくるの???

  • 様々な症状が出てくることが多いようです!!!

     

    最初の頃は自覚症状が全くない人がほとんどで検査で病気が発覚する人が多いようです!!

  • 脾臓の腫大に伴い、左上腹部の膨満感や食欲不振を訴えることもあります。
    急性に転化すると、急性白血病と同様の症状が現れるばかりでなく、発熱や脾臓の腫大などを認めることもあります。
    出典 :慢性骨髄性白血病/慢性リンパ性白血病│標準医療情報センター
  • 発熱・高度の貧血・出血傾向などの症状が出現した時には病状(病期)が進行しているサインであり、早急な対応が必要となります。
    出典 :慢性骨髄性白血病 | がんプロ.com
     

    辛い症状が出てきたら早目に医師に相談することが必要になってきます!!!

  • 病期はどんな風に分けられるの???

  • 「慢性期」(約5~6年)
    は成熟した通常の白血球や血小板が徐々に増加していく時期です。自覚症状をほとんど認めず、安定した時期です。ほとんどの患者さんはこの時期に偶然みつかります。進行するにつれて、脾臓が徐々に大きくなり(脾腫の出現)、腹部の膨満感や圧迫感を自覚するようになることもあります。また、胃潰瘍を合併することもあります。
    出典 :慢性骨髄性白血病 | がんプロ.com
  • 「急性転化」
    は血球の分化がストップし、幼若な芽球が急激に増加する時期です。病状は一変し、急性白血病でみられるような貧血・発熱・出血傾向などの重篤な症状が出現してきます。
    出典 :慢性骨髄性白血病 | がんプロ.com
  • 慢性期から急性転化に移行しつつある途中の段階を「移行期」(約6~9ヵ月)といいます。
    出典 :慢性骨髄性白血病 | がんプロ.com
  • 気になる治療法とは???

  • 治療薬なども増えてきています!!!

     

    様々な治療薬などが増えてきていて治療の選択肢も増えているようです!!!

  • 治療は、イマチニブ(グリベック)という薬が主として用いられますが、最近、ダサチニブ(スプリセル)、ニロチニブ(タシグナ)といった新薬が登場して、イマチニブの効果が不十分な場合などに使われるようになってきています。
    出典 :慢性骨髄性白血病| 血液・造血器の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 造血幹細胞移植

     現在のところ、治癒をもたらしうることがわかっている唯一の治療法です。この治療法を選択するためには、年齢の制限(通常は50~55歳以下)のほか、白血球の型が一致したドナー(骨髄血こつずいけつを提供する人)がいることが必要です
    出典 :慢性骨髄性白血病| 血液・造血器の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    この方法を使うことで完治できる可能性があります!!!