息が出来ない恐怖!呼吸不全☆

色々な疾患から引き起こされる呼吸不全☆
その実態と症状はどのようなものなのでしょうか!

view208

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 呼吸不全とは

  • 呼吸不全はひとつの疾患ではなく、さまざまな疾患の結果として呼吸器能の低下が起き、十分な酸素を臓器に送れなくなった状態です。つまり、原因になった病名とともに使う状態名です。治療は、原因になった疾患の治療と、呼吸不全に対して酸素の投与、人工呼吸器、補液管理などにより行われます。
    出典 :呼吸不全<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
     

    治療方法については後でも記載しますね

  • 定義
    原因のいかんを問わず、血液ガス(特に、PaO2とPaCO2)が異常な値
    を示し、そのために生体が正常な機能を営みえなくなった状態。
    出典 :呼吸不全
  • 急性の場合

  • さまざまな病気によって発生する呼吸不全(肺機能不全)の一種で、肺の液体貯留が生じ、血液中の酸素濃度が異常に低下します。 •通常は速くて浅い呼吸となって息切れを起こし、皮膚に斑点ができたり、色が青っぽくなったりするチアノーゼがみられる場合や、心臓や脳などの他の器官が機能不全に陥る場合があります
    出典 :急性呼吸促迫症候群(ARDS): 呼吸不全と急性呼吸促迫症候群: メルクマニュアル 家庭版
     

    血液のサンプルを採取する以外にも、胸部X線がある場合もあるのです

  • •人工呼吸器が必要になる場合があるため、集中治療室で治療が行われます。
    •酸素を投与して、呼吸不全の原因を治療します。
    出典 :急性呼吸促迫症候群(ARDS): 呼吸不全と急性呼吸促迫症候群: メルクマニュアル 家庭版
     

    このような治療があるのです

  • 原因

  • 急性呼吸不全の原因は、肺炎、敗血症(はいけつしょう)、多発性外傷、ショック、熱傷(ねっしょう)、誤嚥性(ごえんせい)肺炎、刺激性のガスの吸入など数多くあります。原因があり、基準を満たせば、急性呼吸窮迫(きゅうせいこきゅうきゅうはく)症候群と呼ばれることもあります。
    出典 :呼吸不全<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
  • •食物の肺への誤嚥(吸入)
    •やけど
    •冠動脈バイパス手術
    •胸部外傷(肺挫傷)
    •膵臓の炎症(膵炎)
    出典 :急性呼吸促迫症候群(ARDS): 呼吸不全と急性呼吸促迫症候群: メルクマニュアル 家庭版
  • 1)肺胞低換気
    1.呼吸中枢機能低下:脳炎、脳卒中、薬物中毒(鎮静・睡眠薬)など
    2.神経筋疾患:ギランバレー症候群、重症筋無力症、多発性硬化症など
    3.胸郭・横隔膜の損傷:肋骨骨折、横隔膜麻痺、高度の腹水、肥満など
    出典 :呼吸不全
  • 2)換気血流比不均等分布:肺気腫、気管支喘息、肺梗塞、心不全など
    3)拡散障害:肺線維症、過敏性肺臓炎、肺水腫など
    4)右-左シャント:肺炎、無気肺、ARDS、肝硬変、肺動静脈瘻など
    出典 :呼吸不全
  • 症状

  • 呼吸困難を伴うことが多く、呼吸数の増加(頻(ひん)呼吸)、脈の回数が速くなる(頻脈(ひんみゃく))、努力呼吸、チアノーゼなどがみられます。
    出典 :呼吸不全<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
     

    原因になっている疾患の症状も加わる事をお忘れないように

  • 慢性呼吸不全

     

    このような状態になると大変なのです
    どのような症状がでるのでしょうか
    呼吸不全はつらい症状ですね
    まとめていてすこし、怖くなりました

  • 慢性の場合には自覚症状が出にくいので、注意しなければなりません。身体所見は急性と同じく、頻呼吸、頻脈がみられ、肺動脈圧が上昇し、肺動脈や頸(けい)静脈の怒張(どちょう)(ふくれる)や、浮腫、チアノーゼなどがみられることがあります。
    出典 :呼吸不全<呼吸器の病気> - goo ヘルスケア
     

    口をすぼめるように呼吸する場合もあります
    こちらは慢性呼吸全です

  • 治療法

  • 急性呼吸促迫症候群の患者は、集中治療室で治療を受けます。治療が成功するかどうかは、一般に肺炎などの原因となっている病気の治療結果で決まります。酸素濃度が低い状態を正常に戻すのに欠かせない酸素療法も行われます。
    出典 :急性呼吸促迫症候群(ARDS): 呼吸不全と急性呼吸促迫症候群: メルクマニュアル 家庭版
  • このような機械

     

    このような機械を使う事があありあmす
    詳細は下記引用しておきますので
    よくみておいてくださいね

  • フェースマスクや鼻カニューレで酸素を供給しても血液中の酸素濃度が低い状態が改善しない場合や、きわめて高用量の酸素吸入が必要な場合は、人工呼吸器を使用する必要があります。通常、人工呼吸器では、口から気管内へ挿入したチューブを通して、酸素を豊富に含んだ空気を加圧して供給します
    出典 :急性呼吸促迫症候群(ARDS): 呼吸不全と急性呼吸促迫症候群: メルクマニュアル 家庭版
     

    このようなものがあるのですね