自宅でアロママッサージオイルを手作りして、手軽に美肌ケア&リラックス

アロマの香りに癒されながら、手足をマッサージ。サロンへ行かずとも自宅でできるって知っていましたか?アロママッサージオイルの作り方、注意点をご紹介!

view3334

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アロママッサージはなぜ身体にいいの?

  •  

    アロマオイルにはたくさんの香りがあります。

  • アロマオイルの香りと成分を利用したアロママッサージは、アロマテラピーの1つの醍醐味ともいえます。 心地よい香りと、マッサージのソフトな感触は、1日の疲れを忘れさせてくれます。

    癒したい症状や気分によってアロマオイルを選べるのも魅力の一つですね。

  • アロマオイルマッサージをする前に気を付けたいこと

  • とっても魅力的なアロマオイルを用いたマッサージですが、実際に始める前に注意してほしいことがあります!

  •  

    オイルによってはお肌に合わないことも。トラブルを事前に避けましょう。

  • ★敏感肌の人はパッチテストをしましょう

    お肌が普段から敏感だと自覚している方は、事前にパッチテストを行なうことをおすすめします。

    二の腕の内側など敏感な部分に希釈したアロマオイルを少し塗って、数時間から1日様子を見ます。 赤みや腫れやかゆみなどが出なければ大丈夫です。

  •  

    キャリアオイルで希釈することが必須です。

  • ★アロマオイル(精油)は原液のまま使用しないでください

    アロマオイル(精油)の原液を直接お肌につけることは出来ません。 ホホバオイルなどのキャリアオイル(植物油)で、必ず1%以下に希釈してから使用します。

  •  

    妊婦さんのリラックスは、アロマオイル以外のところで。

  • ★妊婦さんや乳幼児には控えましょう

    アロママッサージでは、アロマオイル(精油)の有効成分が直接かつ広範囲の皮膚から体内に取り込まれます。

    アロマオイル(精油)の種類によっては健康に影響を与える場合もありますので、妊婦の方や3歳未満の乳幼児には、アロマオイル(精油)を使ったマッサージは行なわないようにして下さい。
    もしくはお医者様の適切な指導のもとで行ってください。

  • アロママッサージオイルの作り方

  • アロママッサージ用のオイルを作るには、「アロマオイル」と「キャリアオイル」を準備します。

  • アロママッサージオイルの作り方 ~妊婦さんのアロマ活用法~ - YouTube

     

    自宅でできるアロママッサージオイルの作り方

  • マッサージオイルは、アロマオイル(精油)をキャリアオイル(植物油)で希釈して作ります。 アロマオイルの濃度は1%以下になるようにそれを目安にします。

  • ★マッサージオイルの作り方

    1) キャリアオイル50mlを量ります。
    2) エッセンシャルオイル(アロマオイル)(精油)10滴をキャリアオイルに加え、かき混ぜて、マッサージオイルを作ります。

    はい出来上がり!

  • キャリアオイルって何のこと?

  • キャリアオイルとは、マッサージオイルをつくるときにベースとなる植物油のことです。

    アロマオイルが肌の奥深くに浸透するのを助けることから、キャリアオイル(carrier=運ぶもの、媒介)と呼ばれます。
    たくさんの種類がありますが、香りの好みや使用感、目的などに応じて選びます。

  •  

    植物由来のオイルだから、身体にも安心ですね。

  • ●キャリアオイルの主な種類

    >スイートアーモンドオイル
    >ホホバオイル
    >グレープシードオイル
    >アプリコットカーネルオイル
    >マカデミアナッツオイル
    >ローズヒップオイル

  • アロマオイルを選ぶときのポイント

  • アロマオイルは、日本だけでなく、世界中のさまざまなメーカーが、さまざまなブランド名で販売しています。では、どうやって選ぶと良いのでしょう?
    その基本となるのは以下のような項目です。

    ●100%天然(ピュア&ナチュラル)か
    ●学名、原産国、抽出部位、抽出方法が記載されているか
    ●容器に遮光ビンが使われているか
    ●適正な価格か

    これらに合わせて、好みの香りを選びましょう。