【予防歯科】は虫歯や歯周病にかからないように前もって「オーラルケア」する事をいいます。

【予防歯科】が注目を浴びています。
虫歯で痛くなってから歯医者に行くと治療も痛い思いをしなくてはなりませんが、そうならないように口の中の環境を整えるのが【予防歯科】です。
子供はの頃から【予防歯科】でオーラルケア」する事で、虫歯や歯周病、歯肉炎などとは無縁の生活を送ることができるかもわかりませんね。

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【予防歯科】とはなんぞや?

  • 笑顔の基本は口元から予防歯科の「歯の花CLINIC」 - YouTube

  • 虫歯の予防といえば歯磨きが真っ先に連想されますが、 自分で行うケアだけでは虫歯予防に不十分な場合があります。そんな時、虫歯予防のために歯科医院を利用するのが予防歯科です。
    出典 :予防歯科とは | 予防歯科.com
     

    歯を磨いている、と、磨けているとは違うのです。

  • 病気に限らず、歯も最もいい状態は虫歯や歯肉炎・歯周病などお口のトラブルが発生する前に原因を作らないように予防することです。
    出典 :予防歯科について 予防歯科とは?
  • 【予防歯科】の必要性

  • 虫歯になる前に歯医者でその対策を行う。予防歯科は治療の負担を軽減するためにも重要な意味を持っているのです。
    出典 :予防歯科とは | 予防歯科.com
  • もちろん虫歯や歯周病などになってしまった場合は早期の治療が必要ですが、治療によって歯を削ることで、その歯の寿命はさらに短くなってしまいます。
    自分の歯を長年維持していくためには、虫歯や歯周病にならないようにする「予防歯科」が重要なのです。
    出典 :予防歯科について
     

    入れ歯で暮らすより、死ぬまで自分の歯で噛んで食べたいですよね~

  • 虫歯の原因は「ミュータンス菌」?

  •  

    虫歯菌を発生させない事が「鍵」です!

  • 虫歯の原因菌はミュータンス菌(虫歯菌)です。ミュータンス菌は、歯の表面に粘着しています。このヌメヌメした膜をバイオフィルムといい、薬で取り除くことはできません。歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス、などで機械的に掃除するしかありません。
    出典 :毛呂山歯科クリニック 東毛呂 越生 坂戸 毛呂山 虫歯治療
     

    歯磨きが重要である理由がここにあるのですね。

  • 虫歯の予防・・・「キシリトール」

  •  

    近年は「キシリトール」を含む多くの商品が発売されています。

  • 最近ガムや歯磨き粉によく使われているキシリトールは糖分の一つですが、虫歯の原因になる細菌が代謝できない糖ということで、北欧では以前から使用されていましたが、日本でも使用が認められ注目されています。
    出典 :予防歯科について 虫歯の予防について
  • 食後30分以内に歯を磨き、その後にキシリトール入りのガムを食べることで唾液の分泌を促し、細菌が虫歯の元になる酸を薄めて虫歯の予防の手助けをしてくれますので利用してみて下さい。
    出典 :予防歯科について 虫歯の予防について
  • 「フッ素」で虫歯の予防をしよう

  • •歯の再石灰化を促進する!
    •フッ素が歯に取り込まれ、酸に強い歯を作る!(フルオロアパタイトが形成される)
    •虫歯菌が酸を作るのを抑制する!(フッ素で虫歯予防ができる最大の理由)
    出典 :フッ素で虫歯予防
     

    フッ素にはこのような働きがあり、虫歯予防の効果を発揮しています。

  • 虫歯の予防・・・「シーラント」

  • 奥歯の溝は複雑な形をしているので歯ブラシの毛先が入らずそのために毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝の虫歯を防ぐことが可能です。
    出典 :シーラント(歯の溝の虫歯予防)
     

    歯科での処置時間は15分程度だそうです。

  • シーラントは特に、生えたての奥歯の虫歯予防に有効です。(6~7歳頃、11~13歳頃)
    出典 :シーラント(歯の溝の虫歯予防)
     

    虫歯治療は大人でも嫌な事です。
    子供の歯を虫歯にしないようにするのは、親の義務ですね。

  • 虫歯の予防・・・「ブラッシング」

  • 歯磨きは大事 - YouTube

     

    小さいころから習慣付けが大事よね~~~

  • まだあるよ、虫歯にならない為の注意点