不整脈が引き起こす脳梗塞と心房細動との関係

心房細動は高齢者に多く見られる不整脈で、加齢とともに増加し、70歳代の5%、80歳代の10%程度の割合で起こると言われています。その症状と治療法をまとめてみました。

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも不整脈とは?

     

    正常な心臓は、規則正しい拍動が続きます。しかし、刺激伝導系に機能異常が生じると心臓は正しく動かなくなり脈が乱れてしまいます。これを不整脈といいます。

  • どのくらいの数の患者がいるの?

  • 日本国内に約130万人いるとされています。潜在的には200万人を 超すともいわれています。自覚症状は動悸に気づくことがありますが、発作に気づかずに健康診断等でたまたま見つかることも多くあります。
    心房細動は洞結節の正常ペースメーカからの信号では心房の興奮が始まらず、心房内(主に左房にある肺静脈付近)で1分間に350~600回の不規則な電気信号が発生し、心房全体が小刻みに震え、心房の正しい収縮と拡張ができなくなる不整脈です。
    出典 :心原性脳梗塞に立ち向かう 心房細動.com
     

    不整脈の一種で高齢になるほどその割合は増加します。

  • 心房細動の仕組み

  • 心房細動が起きると、「心房」という血液を一瞬貯めるプールのような部屋がぷるぷると震え、血栓ができることがよくあります。この血栓がもしはずれて血液の流れに乗り、脳へ流れ着けば脳梗塞になり危険です。
    出典 :2/2 動悸の原因・病気一覧 [心臓・血管・血液の病気] All About
  • 治療法

  • ■薬剤を使用して自然に発作が止まるのを待つ
    心拍数を少なくする薬剤を使用して自然に停止するのを待ちます。発作時間が短ければこの方法で停止する可能性が高くなります。
    出典 :心房細動の治療法
  • ■電気ショック(DCショック、直流通電)
    全身麻酔を行い、電気ショックをかけて停止させます。発作時間が長くても非常に迅速で効果が高いものです。意識下では苦痛が大きいので行えません。
    出典 :心房細動の治療法
  • 心房細動で最も危険なのは二次的な症状(血栓による合併症)

  • 心臓の構造と心房細動

  • 心房の前方に「心耳」とよばれる部分があります。ここは血液の流れが比較的ゆっくりで、心房細動が持続すると、もともと固まる性質のある血液はこの心耳で血栓(血液の塊)になる可能性があります。
    「心耳」は右心房にも左心房にも存在します。右心耳にできた血栓が流れてしまうと肺塞栓を、左心耳でできた血栓が流れてしまうと脳梗塞や動脈塞栓などを引き起こす要因となります。早期発見、早期治療が望まれます。
    出典 :心房細動の治療法
  • 心房細動による脳梗塞

     

    心房細動による二次的な症状について、そのメカニズムをアニメーションでわかりやすく説明されています。

  • どんな人がなりやすい?

  • 高血圧、糖尿病、加齢、アルコール、肥満、ストレス、喫煙などが関係していると言われていますが、その原因は不明な点も多く高齢とともに発症するリスクが高いことがわかっています。

  • お役立ちリンク