内転筋の筋トレはこれを押さえておけば完璧!?

内転筋の筋トレは、筋肉の構造をよく知った上で行う必要があります。太もも痩せを目指すには、欠かせない筋トレです。筋肉をつけたい方、痩せたい方、ダイエットをしている方は必須ですよ!ぜひ頑張ってくださいね。

view13560

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内転筋の筋トレをしよう!

  • 短内転筋(たんないてんきん、adductor brevis muscle)は人間の恥骨の筋肉で股関節の内転、屈曲、外旋を行う。
    恥骨結合の近くの恥骨下枝から起こり、大腿骨の粗線内側唇の上部1/3で終わる。
    出典 :短内転筋
     

    足の複雑な動きを可能にする筋肉です。

    内転筋は内もものことを指すので、ここの筋肉が弱い人は、太ももにブヨブヨのお肉がついてしまいますね。
    太ももはエクササイズすることによってほそくすることができます。しかし、筋肉を落としすぎてしまうと今度は腰骨に影響がでてしまうために鍛えながらスリムになりましょう。


    内転筋はトレーニングするととても歩きやすくなりますよ。転倒防止などにもいいと思います。高齢の方などもぜひエクササイズしてください。

  • 内腿はとても重要な筋肉です。具体的にどういった役割があるのでしょうか?

    前の筋肉と後ろの筋肉からから腰骨を支えているのです。腰骨を支える筋肉は、内転筋が大きな役割を担っています。
    全身の筋肉の連結を強める働きを助ける必要な筋肉なのです。

  •  

    筋肉が入り組んでいて、それぞれの筋肉が独自に動いて複雑な動きを可能にするのです。

  • 内転筋弱ってる?

  • 内転筋が弱っていると感じることがありますか。どんな時に感じるかと言いますと、膝と膝をくっつけて座るのが、きついと感じる場合です。
    原因として、椅子に座るときに、足を組んだりしてしまうと筋肉が偏ってしまい筋力が落ちてきてしまいます。
    体の中にある筋肉でインナーマッスルと呼ばれるものの一つなので、人間の体を動かす時に必要なんですよね。
    日頃からこの筋肉を鍛えるように努力していきましょう。

  • 脚を組むのを止め、背筋を伸ばし、ヒザを閉じて座る
    出典 :内転筋とは [運動ダイエット] All About
     

    これによって、脂肪燃焼や便秘改善の効果もきたいできるそうですよ。

  • 内転筋が弱いと足が内側に向かず外側を向くようになり、O脚の原因となります
    また股関節が外側を向くようになり骨盤までが開いてきます

    そうなると負の連鎖でお尻が横に広がり、下がってきます
    出典 :内転筋の重要性!!|加圧トレーニングジム tomonote
     

    内転筋が弱まると、様々な症状が出てきます。
    こうなる前に、筋トレで強化!

  • 股関節内転の運動(OKC)と筋トレ(自重):側臥位

     

    少し物足りない方は、重りを足首に付けて行うと、さらに効果的。

  •  

    名付けて「天突き」体操だそうです。
    簡単ですが、意外と効きます。

    1・ボールを足の間に挟みましょう。

    2・膝に少し力を入れて伸びをしてください

    3・繰り返します

  • ボールは小さなバランスボールがいいのではないでしょうか。ほかのストレッチにも使用できますね。

  • ストレッチの方法

  • 意識的に時間をとってのびのびとストレッチをしてください。できれば長い期間続けた方が
    いいので、気楽に構えましょう

  • 1)片方の踵を土踏ますに当て、つま先を開いて立つ

    2)軽く膝を曲げる(吸う)

    3)膝の内側を付けるように足を伸ばす(吐く)
    出典 :内転筋エクササイズ・ストレッチ・チューブエクササイズ・職場やおうちでエクササイズ「フィットネス・シーオー・ジェイピー」/fitness.co.jp
     

    体を上下する時に、息を吸って吐くのが大事です。
    少し滑稽に見えますが、内転筋のトレーニングにはもってこい。

  • 栄養面でも補おう

  • また、筋肉をつけるにはどのような栄養素が必要なのかを知っておきましょう。

  • 今回紹介した筋肉を鍛えると足腰が強くなるばかりがお尻もキュッと上がりますよ。内転筋が衰えることで骨盤が広がって、O脚の原因となってしまうこともあるので十分に常日頃から注意しておきましょう。足が外側に向いてしまったら骨盤が開いてしまう原因になるので、しっかりと筋肉トレーニングで強化をしていきましょう。食べるものにも注意しなければいけません。



    本当に筋肉をつけたいなら、赤みなどのお肉を食べたり、タンパク質をたくさんとるようにしてください。そしてプロテインを飲むことを忘れないようにしましょう。プロテインは疲れた体を速やかに回復させてくれる優れものです。

    さらに、体を癒してくれるだけではなく、筋肉を作るのを助けてくれる働きがあるのです。筋肉トレーニングと食生活の両面から生活を見直してみるのもいいかもしれませんね。
    丈夫な体を作るためには、しっかりと栄養も摂ってくださいね。