なってしまうとやっかいな慢性鼻炎の症状、その治療と予防について

なってしまうとやっかいな慢性鼻炎の症状と治療、予防法についての情報をいろいろと集めてみました。

  • nelle 更新日:2014/06/23

view257

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性鼻炎とは…

  • 鼻の粘膜が慢性的に赤く、はれている状態です。血管収縮薬に反応して鼻づまりがとれれば、慢性単純性鼻炎です。
    出典 :慢性鼻炎 - goo ヘルスケア
  • 慢性鼻炎は頑固で、治りにくいのが特徴です。
    出典 :【慢性鼻炎】 - 耳鼻咽喉科
  • 慢性鼻炎の原因は…

  •  

    急性鼻炎がなかなか治らずに長引くと、慢性鼻炎になってしまうことがあります。

    他に、年齢によるものや女性ホルモンが原因の場合もあるそうです。

  • ウイルスや細菌感染による急性鼻炎を繰り返した場合、あるいは長引いた場合に起こります。また鼻中隔弯曲症があれば、弯曲によって広くなった鼻腔側の粘膜がはれて慢性肥厚性鼻炎が起こります。
    出典 :慢性鼻炎 - goo ヘルスケア
  • また、市販の点鼻薬を長期使用した副作用でもなります。市販の点鼻薬の主成分は血管収縮薬です。これは速効性がありますが、ごく短期間のみの使用が望ましいです。
    出典 :慢性鼻炎の治し方
  • この慢性鼻炎も多くは、急性鼻炎と同じく風邪が原因となります。ときには、糖尿病や肝臓病などの病気が原因で、発症することもあるので注意しましょう。
    出典 :【慢性鼻炎】 - 耳鼻咽喉科
  • 慢性鼻炎の症状…

  • 粘膜の状態により「単純性鼻炎」と「肥厚性鼻炎」に分けられます。
    出典 :鼻の異常と鼻の病気|急性鼻炎|慢性鼻炎|急性・慢性副鼻腔炎|アレルギー性鼻炎
  • 慢性鼻炎の症状は急性鼻炎とほとんど同じ!

     

    鼻がつまる。
    鼻水が多い。
    頭が重い。
    頭が痛い。
    鼻で呼吸ができない。
    においが分からない。
    口で呼吸するので口や喉が渇く。
    口臭がひどくなる…など。

  • このような症状も!
    鼻水(さらさらや、ややどろっと)
    匂いがわかりずらい(嗅覚低下)
    鼻水がのどに落ちる(後鼻漏)
    後鼻漏のために、痰や咳が…。
    出典 :慢性上気道炎|くさの耳鼻咽喉科
  • しかし、「長引く」というのが特徴です。急性鼻炎なら数日から数週間程度で快方に向かいます。しかし慢性鼻炎は対策をしないと、そのまま治ることは滅多にありません。
    出典 :慢性鼻炎の症状
  • 慢性鼻炎の主な症状は、鼻づまりから始まり、鼻汁が喉の奥に流れ落ちていく後鼻漏、頭痛、嗅覚障害、たん、鼻まわりの不快感、鼻血など、いろんな症状があらわれます。
    出典 :【慢性鼻炎】 - 耳鼻咽喉科
  •  

    体質を改善することで症状を軽くはできるそうですが、やはり急性鼻炎のときがより効果的だとか。

    急性鼻炎のうちに治す!
    これが基本ですね。

  • 慢性鼻炎の治療は…

  • 慢性単純性鼻炎は薬での治療が主です。炎症が治まれば症状は緩和されます。難しいのは慢性肥厚性鼻炎です。薬だけでの完治は難しく、手術が主な治療方法です。
    出典 :慢性鼻炎の症状
  • レーザーや電気で厚くなった粘膜を焼いて治療します。それでも症状が良くならない場合は鼻腔を広げる手術を受けることになります。この手術は入院する必要があります。
    出典 :慢性鼻炎の症状
  • 治療は鼻から霧状にした薬を吸入したり、薬を内服して粘膜の腫れを改善します。また肥厚性鼻炎の場合は薬物療法で効果が出にくいことがあり、レーザーでの粘膜焼灼など手術療法も行います。
    出典 :鼻の異常と鼻の病気|急性鼻炎|慢性鼻炎|急性・慢性副鼻腔炎|アレルギー性鼻炎
  • 慢性鼻炎の予防法は…

  • 慢性鼻炎の対策はとにかく急性鼻炎の内に治すことです。
    出典 :急性鼻炎と見分けがつきにくい、慢性鼻炎の症状
  • 予防方法ですが、なにより急性鼻炎を防ぐことです。
    急性鼻炎を防ぐには、・屋内のアレルゲンを減らす。・マスクを活用する。・煙草を控えて、摂生をする。・乾燥に注意して加湿器などを利用する。・うがい手洗いをする。などが有効です。
    出典 :慢性鼻炎の治し方
  •  

    慢性鼻炎が疑われる場合は、できるだけ早く受診することをおすすめします。