脳で痩せるダイエット

脳とダイエットには深い関係があるようです。さまざまな方向からダイエットに効率的に働きかけてくれるようです。

  • lotta 更新日:2014/05/20

view145

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳だましダイエット

  • イメージするだけで少ない回数、時間で効率良く筋トレができる
    出典 :48.4キロやせ!女芸人まぁこの“脳だまし”ダイエット - 2 - ダイエット特集 - MSNライフスタイル
  • 女芸人のまぁこさんもやせた!

     

    まぁこさんのダイエットスタート時の体重は97キロ。まずは、筋トレや有酸素運動などで代謝を上げるところからスタートし、3カ月で30キロダウン。次に、さらなる体のバランスアップを目指し挑戦したのが「脳だましダイエット」。その結果、わずか1カ月で-13.2キロ、ウエスト-15センチを実現!

  • ダンベルを持っているイメージをするだけで脳はだまされ、ダンベルを持っている時と同じ筋トレ効果を得られる。
    出典 :48.4キロやせ!女芸人まぁこの“脳だまし”ダイエット - 2 - ダイエット特集 - MSNライフスタイル
     

    何も考えずに力こぶをつくるのと、10キロのダンベルを持ったつもりで力こぶをつくるのでは、後者のほうが大きな力こぶができる。筋肉は脳の指令で動くため、実際は何も持っていなくても、ダンベルを持っているイメージをするだけで脳はだまされ、ダンベルを持っている時と同じ筋トレ効果を得られる。

  • 脳だましエクサその1:天井支え

     

    落ちてくる天井を支えているイメージをしながら行うエクササイズ。下半身全体のシェイプに。

    1.両腕を上げて頭上で手を組む
    肩幅より少し広めに脚を開いて立ち、両腕を上げ、頭上で組む。手のひらを天井につけるイメージで。

    2.天井を支えるように腰を落とす
    息を吸いながら、落ちてくる天井を押し返すイメージで、ひざを曲げてお尻を後ろに突き出すように腰を落とす。1、2を10回繰り返す。

  • 脳だましエクサその2:崖ふんばり

     

    お腹や腰、背中などの体幹(体の胴体にある大きな筋肉)を鍛えるエクササイズ。体幹を鍛えると、代謝がアップし、よりやせやすい体に。高い崖の上で落ちないようにふんばっているイメージで行おう。

    1.両手で円をつくり頭をのせる
    両ひじ、両ひざをついて、うつぶせになる。両手の指を組み円をつくり、そこに頭をのせる。高い崖の上にいるイメージをして。

    2.落ちないようにふんばって静止
    1の姿勢から両足を伸ばし、1分間キープ。高い崖の上から落ちないようにふんばっているイメージ。1、2を5セット行おう。

  • 「脳だましダイエットは、イメージするだけで少ない回数と時間で効率よく筋トレができる
    出典 :脳だましダイエット | 本当に痩せるダイエット口コミ情報
     

    イメージが大事なんですね

  • ダイエットは脳しだい

  • 脳は基本的に楽しい事や気持ちいい事をするように私達に働きかけます。
    出典 :☆ダイエットの行列に並ぼう!☆   結局、ダイエットは脳で成功させる!痩せるの講座 意志の強さは関係ない!
     

    それを抑制できる人を一般的に”意志が強い人”と言われてきました。

    この意志の強さについては昔からいろいろ研究されてきました。

  • どんな人間も意志はイメージ力に負けてしまう。

     

    そして、長年の研究の結果1つの結論が出されました。
    それは、「どんな人間も意志はイメージ力に負けてしまう。」という事です。

  • 問題なのは、楽しい事=「おいしい物を食べて気分のいい自分」のイメージが引き起こす過剰な食欲を
    抑制する「スリムなって気分のいい自分」 のイメージの少なさのです。
    出典 :☆ダイエットの行列に並ぼう!☆   結局、ダイエットは脳で成功させる!痩せるの講座 ダイエットは脳しだい
     

    ダイエットに成功して、体質を改善したとしても  脳が楽しい、気分のいいと感じる事柄に「スリムだから、気分のいい自分」が不明確な限り、いづれは、リバウンドしてしまうと考えられます。

  • 「痩せる脳」になることに専念

     

    ●とにかく、「ダイエットに成功して、成功した事により、様々なメリットを得て、喜んでいる自分」 を毎日、より具体的にイメージする事に専念する。

    ●上記イメージがより明確になり、習慣化されればされるほど、ダイエットをする行為自体が、楽しくて、しょうがなくなる。楽しく、ワクワクした気持ちで持続できるようになる。

    ●「ダイエットに成功して、成功した事により、様々なメリットを得て、喜んでいる自分」のイメージ が、明確になってないと、ダイエットをする行為が、より食への執着心を生み、ダイエットを継続するのが困難になる。目標体重まで成功しても、依然として食への執着心が強い為、リバウンドしやすくなる。

  • その食べすぎ「少量効果」が原因かも!?

  • 食欲をコントロールしているのは、脳の視床下部にある摂食中枢と、満腹中枢。そして、満腹感を感じるためには脂肪細胞にあるレプチンというホルモンが大きな役割を果たしています。このレプチンが満腹中枢に届くと、「もう食べたくない」という満腹感を得られるのです。
    出典 :その食べすぎ「少量効果」が原因かも!? 脳を騙して痩せる方法 - Yahoo! BEAUTY
     

    ですが、このレプチンは食事を始めてから20分もの時間をかけて満腹中枢に到達するので、早食いの人はなかなか満腹感を得られず、つい食べすぎてしまいます。

  • “少量効果”がダイエットの大敵である食べすぎにつながっている
    出典 :その食べすぎ「少量効果」が原因かも!? 脳を騙して痩せる方法 - Yahoo! BEAUTY
     

    なんと、お寿司などの小さな食べ物は、脳がいくら食べても大丈夫だと判断してしまうので、つい食べすぎてしまうという現象が起こるのだとか……。

  •  

    フィンガーフードや個別包装されているクッキーなども同様、「小さいしもうひとつ食べても大丈夫」というように思い込んでしまうというのには驚きですよね?

  • 脳をだまして満腹感を得る方法3つ

     

    (1)よく噛んでゆっくり食事をする
    食べ物をよく噛むことで、噛んだ刺激が咀嚼中枢を通り、結節乳頭核という場所へ届きます。
    この部分では、食欲を抑えて、少量の食事でも満足感を与える効果がある“ヒスタミン”という物質を作りだしてくれますので、食べすぎを防ぐことができるのです。

    (2)甘いものを少しだけ摂取する
    カロリーが低いものでお腹を満たしても、脳は糖分を求めますので、完全な満腹感を得ることはできません。ダイエット中だから甘いものはNGということはありません!
    飲み物にメープルシロップやはちみつを少し混ぜたり、チョコをひとかけ食べることで満たされますので試してみてください。

    (3)豆乳を飲む
    豆乳には満腹中枢を刺激する働きがあります。
    食事の30分前に飲むことで、過食を抑えることができるだけでなく、ダイエット中のストレスによる女性ホルモンの分泌の減少を抑さえ、痩せやすい体質を作ることができます。