メニエール病診断はどうなると受ける事になる?

メニエール病診断はどういった基準で受けるのでしょうか
関連する事をあつめてみました

view166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メニエール病診断はすぐ出来る?出来ない?

  • めまい=メニエール病と考えがちですが、メニエール病には厳密な診断基準があり、それを基に診断します。それは「難聴、耳鳴り、耳が詰まる感じなどの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する」です。
    出典 :メニエール病について | 井上耳鼻咽喉科
     

    診断基準はきちんとあるようですね

  • ここで一番大切なのは「反復する」という点です。めまい発作や難聴発作が1回起きただけではメニエール病とは診断できません。この診断基準を満たし、且つ類似の他の病気を除外できたものを「メニエール病確実例」と診断します。
    出典 :メニエール病について | 井上耳鼻咽喉科
     

    反復する=繰り返す
    ですね
    発作のようなものを繰り返す事が多いそうです

  • 診断に関する物

  • Ⅰ.メニエール病確実例
    難聴、耳鳴、耳閉塞感などの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する。
    出典 :難病情報センター | メニエール病
     

    まだまだ基準がありますよ

  • Ⅱ.メニエール病非定型例
    下記の症状を示す症例をメニエール病非定型例と診断する。①メニエール病非定型例(蝸牛型)
    難聴、耳鳴、耳閉塞感などの聴覚症状の増悪・軽快を反復するが、めまい発作を伴わない。
    出典 :難病情報センター | メニエール病
     

    なんだか色々なものがあるようですね

  • ②メニエール病非定型例(前庭型)
    メニエール病確実例に類似した、めまい発作を反復する。一側または両側の難聴などの蝸牛症状を合併している場合があるが、この聴覚症状は固定性で、めまい発作に関連して変動することはない
    出典 :難病情報センター | メニエール病
     

    なんだかメニエール病が難病だと思い知らされますね

  • メニエール病確実例、非定型例の診断にあたっては、メニエール病と同様の症状を呈する外リンパ瘻、内耳梅毒、聴神経腫瘍、神経血管圧迫症候群などの内耳・後迷路性疾患、小脳、脳幹を中心とした中枢性疾患などの原因既知の疾患を除外する必要がある。
    出典 :難病情報センター | メニエール病
     

    これらが診断基準になるそうです
    少し難しいですね

  • めまいがしたから

     

    必ずしもメニエール病とは限りません
    他の疾患が隠れている場合があるので
    注意しなくてはいけないのです
    忘れないようにしてくださいね

  • メニエール病でかかるべき医療機関は耳鼻科ですが、めまいそのものの原因を調べるには、脳神経外科、神経内科や内科など、様々な原因を想定して調べなければいけません。メニエール症候群という言葉がある通り、めまいがするからといって、全てメニエール病ではないからです。
    出典 :【メニエール病の検査方法】 - メニエール病ガイド
     

    この一文でもわかりますね
    色々いくのもひとつの手でしょうね

  • 似ている病気は

  • メニエール病の初回発作では、めまいを伴う突発性難聴と鑑別ができない場合が多いことは前述しました。その他に外リンパ瘻、内耳梅毒、聴神経腫瘍、小脳・脳幹を中心とした中枢性疾患など原因既知の疾患もメニエール病と類似の症状を呈し、鑑別が必要です。
    出典 :メニエール病について | 井上耳鼻咽喉科
     

    脳に関するものもあるので注意が必要なのがわかりますね

  • 治療方法は

  • 強い発作で嘔気が強く、薬を飲む事も出来ない時は安静の上でめまい止めの点滴を行います。内服が可能であれば、めまい止め・利尿剤を中心に抗不安薬や循環改善薬・ビタミン剤などを組み合わせて使用します。
    出典 :メニエール病について | 井上耳鼻咽喉科