痛みはなくても!「歯肉炎」にはケアが必要!

歯肉炎にはケアが必要です。痛みはなくてもしっかりとケアしましょう!

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯肉炎とは

  • 歯肉炎とは、歯周病の中でも初期の段階で、歯ぐきに炎症が起きている状態をいいます。歯ぐきが腫れたり、歯磨きのときに血が出たりという症状が見られます。
    出典 :歯肉炎とは?|歯周病 予防ナビ
  • この段階では痛みがほとんどないため、症状に気がつかなかったり、「たいしたことはないだろう」と放置したりする人も多いようです。しかし、放っておけば症状はどんどん進んでしまうので、初期段階でしっかりケアすることが大切です。
    出典 :歯肉炎とは?|歯周病 予防ナビ
     

    初期の段階でしっかりとした治療をしよう!

  • このように

     

    画像のように歯肉炎になってしまうと歯にダメージが起きてしまうのです。痛みが最初にない為、中々治療をするには上手くいかない事も多いものです。

  • 歯肉炎の原因

  • 歯肉炎は、普段から口の中に存在する細菌が原因で起こります。口内環境をしっかりと清潔に保てている時は大丈夫ですが、歯磨きが不十分な状態が続くと、口の中の常在菌が歯と歯肉(歯茎)の境目周辺に付着し、増殖。これは歯垢として目で見ても確認することができ、時には歯周病と同じように、歯石ができることもあります。
    出典 :歯肉炎の原因・症状  [歯周病] All About
     

    細菌が原因で起きるのです!

  • 歯肉の表面に付着した細菌は、歯肉の内部に侵入しようとしますが、これを防御する際に炎症が起こります。この炎症が歯肉のみにとどまっている状態が「歯肉炎」です。
    出典 :歯肉炎の原因・症状  [歯周病] All About
  • この歯肉炎が悪化すると

     

    炎症が広がって骨の一部が溶け始めた段階で、初めて歯周病と呼ばれるようになるのです。ここまで来ると痛みも出てくる&口臭も出てくるなど、自覚症状に悩まされる事になるのです。

  • 症状としては何があげられる?

  • 健康な歯の場合は歯周ポケットは0.5~2mmくらいあります。歯茎は引き締まった三角形をしています。歯肉炎になると歯周ポケットは3~5mmまで進み、歯茎はぶよぶよになります。歯磨きのときに血が出ることがあります。歯周炎と違って歯はぐらぐらしませんし、痛みもほとんどありません。
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
  • 「なんとなく歯ぐきがむずがゆい」「リンゴを噛んだり、歯みがきすると血が出る」などの症状が現れます(表3)。  鏡で歯ぐきを見ると、赤くなっている部分やはれぼったくなっている個所があることに気づくでしょう。この部分を指で押すと、ぶよぶよしており、指に血がつくこともあります。
    出典 :歯肉炎 - goo ヘルスケア
     

    このような事もあるので気をつけてくださいね!

  • 治療と予防の方法は

  • 歯肉炎の治療は、レントゲン撮影や歯周ポケットの測定をし、歯垢や歯石の除去をします。どんな治療法でもプラークコントロールをしなければ効果は表れません。症状によっては口の中を清掃したり、詰め物を新しくする、他の病気を治すといった治療もありますが、早期発見の場合は歯医者さんから指導を受けたブラッシングだけで治療できます
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
  • 歯肉炎を予防するには何といっても日ごろの歯磨き、歯肉マッサージです。プラークを歯に寄せ付けないようにすることが大切です。放っておくと1度歯肉炎を治療したことがある人でも再発したり歯周炎に進行してしまいます。歯と歯茎の間って、意識しないと磨かないかもしれません
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
     

    力を入れずに歯茎のマッサージをするのが大切なのです。

  • 治療の原則は、プラークコントロールを基盤とした早期発見、早期治療です。学校歯科医やかかりつけ歯科医のもとで、早めに適正な口腔清掃指導や生活習慣を改善するための指導を受けたり、歯石がある場合は取ってもらいましょう。
    出典 :歯肉炎 - goo ヘルスケア