妻が妊娠したら男性が知っておきたいこと!夫は代わりに産むことができないから妻のためにやって欲しい!

妻が妊娠したら男性が知っておきたいことをまとめました。出産を変わって上げることができないから、せめて妻の体調を分かって上げることくらいはしておいて下さいね。ちょっとした気配りが後々の夫婦関係に影響してきます。

view73

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妻が妊娠したら男性が知っておきたいこと

  • 妊娠中の妻にやって上げること、男性が知っておきたいことをまとめました。女性は夫のちょっとした気配りが嬉しかったりします。

  • 妊娠初期はつわりが始まる

  • つわりがあると色々日常生活に支障が

     

    一見普通の人と変わりが無いのですが、つわりはかなり大変です。人によっては入院するほど酷い場合もあります。つわり中は夫も色々と気遣って上げるとよいですね。
    ・つわりがあると食事のニオイがダメ
    ・食欲が無くて食べられない
    ・つわりで寝込む人もいる
    ・1日中車酔いしているような感覚
    夫はサッパリとした食事を代わりに作ってあげたり、家事を手伝ってくれるととても助かります。

  • つわりが酷い人は家事もほとんどできないという場合もあります。食器洗いや掃除機、お風呂掃除など簡単な家事を手伝ってくれるととても助かります。つわりが酷く1日中寝ていても怠けていると思わないで下さいね。特に炊き立てのご飯のニオイがダメという人も多く、辛くても頑張っている妊婦さんもいるようです。

  • たまには料理もして欲しい

     

    料理が得意な夫なら、つわり中に手料理を振舞うのもおすすめです。ニオイがダメ、食べられない食品も多いため、サッパリしたものが良いようです。サラダ、酸味があるもの、トマトや梅干、フライドポテトが食べたいという人も。ご飯の炊き立てのニオイはダメだけど、冷めると意外と食べられる人も多いため手巻き寿司なんかも良いかもしれません。

  • ホルモンの変化で情緒不安定に

  • 妊娠中の女性はなぜか泣けてくる

     

    ホルモンの変化により妊娠中は情緒不安定になる女性が多くなります。生理前や生理中のイライラや気分の落ち込みより更に酷くなる人もいるため、怒りっぽくなったり急に泣き出したり忙しくなります。男性はこの状況がホルモンのせいだと知らないと、単にわがままを言っていると感じがち。

  • インリンも悩んだ情緒不安定

     

    双子を妊娠した際に情緒不安定になったことを自身のブログで明かしていました。急に涙が出てきたり、不安感が強くなったり・・・
    これは妊娠特有のもので心配は無いのですが、産後までマタニティブルーが続くと産後うつになることも。

  • やっと授かった双子ちゃんともうすぐ会えるというのに、本来なら喜ぶべきことなのに、
    私、なにやってるんだろう?
    ↑そう思えば思うほど涙があふれてきてしまってしょぼん
    出典 :急に不安に…|インリン・オブ・ジョイトイ オフィシャルブログ「-愛のエロテロリズム-」powered by アメブロ
  • マタニティブルーは妊娠中から産後まで起こります。これはホルモンの変化によるもので大体は産後落ち着いてきたら症状が治まります。自分でもどうにもならない程精神的に不安定になりやすいため、夫は優しい気持ちでいましょう。今だけと思うと一緒に乗り切ることができます。

  • 父親教室に一緒に参加して欲しい

  • 産婦人科で利用できる父親教室

     

    出産する予定の産婦人科で父親教室が行われていることがあります。赤ちゃんの入浴方法やおむつの交換、哺乳瓶の扱いなどを学ぶことができます。一緒に参加してくれれば、産後も育児を手伝ってくれる気持ちがあるとわかり、妻も嬉しいものです。

  • 重い物を持って欲しい

  • 重い物を持ってくれると助かる

     

    妊婦さんはお腹が大きくなるにつれて買い物が大変になってきます。お米、飲み物、トイレットペーパー、ビールなど大きな物を買う際には一緒に行ってあげましょう。妊娠中は週末に一緒に買い物に行くのがおすすめです。

  • とにかく優しい言葉が一番嬉しい!

  • 大丈夫?と声をかけるだけでも嬉しい

     

    妊婦さんが体調が悪くても代わって上げることはできません。夫のちょっとした優しさが意外と嬉しかったりします。妊娠初期はつわり、中期になれば体調は比較的良いのですが、後期になるとお腹が大きくなり体が重くなります。体調が悪くついつい寝ていることもありますが、優しい言葉をかけてあげましょう。