ちゃんとした知識を持とう「流産の原因」は何がある?

流産の原因はなにがあるのでしょうか?原因を作らないように生活をしましょう。

view172

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早産とは

  • 早産とは妊娠22週以降、37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを言い、切迫早産とはその間に生まれてしまいそうになることを言います。早産になるのは全妊娠中の約5~7%です。
    出典 :切迫早産・早産の原因や症状、治療法について-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    意外と5~7%は意外と高確率な方なので気をつけて!

  • 早産は

     

    様々な要因が関係しているとされています。それなら対策もあるはずです。もし、今の妊娠が最期と決めている人は、染色体の異常がないよう祈りながら原因を取り除く事から始めましょう。

  • 早産で危険な事

  • 重いものを持ち上げたりするとおなかに力が入ります。これは張りを助長させるので、できるだけ避けましょう。高いところにあるものをとろうとして背伸びをするのも、おなかに力が入るので×。だれかに頼んでとってもらって。また、上の子をだっこするのも、おなかに負担がかかるものです。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    意外と神経を使うかもしれませんが、危険は回避しましょう

  • 冬の寒い夜に台所に立ったり、クーラーが効いた部屋にずっといると、おなかが張りやすいという人も。そんな人や切迫早産と診断された人は、台所やトイレ、フローリングの床など足元が冷える場所では、靴下をはく、足にひざかけをかけるなど、冷え対策をするとよいでしょう。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    冷えは万病の基です。

  • 長時間立ち仕事をすると、おなかに力が入って子宮が収縮しやすくなり、これも早産や切迫早産の原因につながります。家事をするのも、まとめて一気にやろうとせず、休憩を入れながら少しずつ。「おなかが張ってきたな」「疲れたな」と感じたら、仕事が途中でも無理をせず、すぐに体を休めてください。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    無理をして動きすぎるのも駄目ですよ。

  • 早産の原因は

  • 子宮頚管無力症・・・膣内に炎症がなく、お腹の張りもないのに子宮口が自然と広がってきてしまう事。早い人では妊娠16週ごろから起こる人もいます。出産しても大丈夫な時期まで、子宮頚管をくくる手術が必要な場合があります。
    出典 :早産の様々な原因 :早産の原因
     

    お母さん側の原因ですね。

  • 子宮奇形・・・先天的に子宮の形に異常があると早産になる頻度は高まります。女性全体の5%にこの子宮奇形があるとみられ、珍しいことでもないようです。必ずしも早産になるというわけではありませんが頻度は高いようです。
    出典 :早産の様々な原因 :早産の原因
  • ○子宮筋腫・・・筋腫が出来た場所や大きさによっては早産につながることがあります。 ○母体の合併症・・・心臓病や腎臓病他、もともと持病がある人や、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にかかった場合、体がお産に耐えられない事もあるので早産になる可能性があります。
    出典 :早産の様々な原因 :早産の原因
  • こんな原因もある

  • 盤機能不全(たいばんきのうふぜん)胎盤の機能が弱るため、赤ちゃんに酸素や栄養がいかなくなり成長が遅れ、最悪の場合は死にいたることもあります。血行が良くない、血管が詰まりやすい、妊娠高血圧症候群症、糖尿病の時は注意が必要です。
    出典 :胎盤のトラブルについて-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 癒着胎盤(ゆちゃくたいばん)普通赤ちゃんを出産した後に胎盤がはがれて出てくるのですが、癒着胎盤は子宮内膜に癒着してしまい出て来ません。その場合器具でかき出すことになるため大量に出血してしまうこともあります。手で剥がれる場合は付着胎盤といい心配はいりません。
    出典 :胎盤のトラブルについて-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 絨毛性疾患(じゅうもうせいしっかん)出産後に子宮の中に絨毛の細胞が残り、その細胞が異常に増えてしまい出血します。悪性のガンになってしまうこともありますがほとんどが良性です。出血が長引く時は病院へ行き受診しましょう。
    出典 :胎盤のトラブルについて-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 早産を防ぐためには

     

    妊婦健診をきっちり受ける事と、普段の生活を見直す事が大切です。この二つをきちんとまもる事が一番大切と言われています。今一度見直してみるのも良いかもしれませんね。