身近にある恐怖!「肝膿瘍」とは!?肝炎に気をつけよう!

肝膿瘍をしっかり知識を付けて予防しよう!身近にある病気とも言えるのです。

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝膿瘍とは

  • 肝臓(かんぞう)の局所に膿(うみ)が貯留(ちょりゅう)する病気で、膿が溜(た)まった膿瘍(のうよう)は1つだけ(単発性(たんぱつせい))のことも、多数できる(多発性(たはつせい))こともあります。原因としては、細菌の感染による化膿性肝膿瘍と、赤痢アメーバ原虫の感染による赤痢アメーバ性肝膿瘍とがあります。
    出典 :肝膿瘍 とは - コトバンク
     

    このようなものがあるのです。

  • 肝に膿瘍が形成された(膿が溜まった)感染性の病態をいいます。肝臓外から発生原因となる細菌や原虫などが肝内に進入、増殖した結果と考えられ、その病原体により、細菌性(化膿性)、アメーバ性とに大別されます。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
     

    このように分けられている場合が多いのです。

  • 海外で感染!

     

    アメーバ性のものでは赤痢アメーバが多く、口から入ったアメーバが、腸の潰瘍部分から門脈を経て肝臓に達し、膿瘍をおこします。国内での感染は少なく、海外で感染したケースが多いようです。

  • 原因は何がある?

  • 肝膿瘍が起こる原因としては、細菌の感染による化膿性肝膿瘍と呼ばれるものと、赤痢アメーバ原虫の感染による、赤痢アメーバ性肝膿瘍の2種類があります。
    出典 :肝膿瘍とは?(原因・症状・治療など)【肝臓健康ネット】
     

    原因菌はこちらになりますね。

  • (1)総胆管結石(そうたんかんけっせき)、膵胆道系(すいたんどうけい)悪性腫瘍に伴い、腸内細菌が胆汁の生理的流れと逆に(十二指腸から肝臓にむかい)胆道に感染し、胆管炎に引き続き発症する場合
    出典 :肝膿瘍<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • (2)虫垂炎(ちゅうすいえん)、憩室炎(けいしつえん)、クローン病、潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)などの腹腔内感染症や進行大腸がんに続発し、細菌が門脈(もんみゃく)をへて肝内に到達し肝膿瘍を形成する場合
    出典 :肝膿瘍<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • v(3)急性胆嚢炎(たんのうえん)の肝臓への直接的波及、大腸がんなどの肝浸潤など、周囲臓器の炎症が肝臓に直接波及し肝膿瘍を形成する場合 (4)外傷による肝損傷部に感染を起こし生じる場合 (5)切除不能の膵胆道系悪性腫瘍や肝がんに対する治療後に発症する場合 などがあります。
    出典 :肝膿瘍<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 化膿性肝膿瘍の症状

  • 化膿性肝膿瘍の主な症状としては、発熱や右上腹部の痛み、肝臓の腫れなどがあります。その他にも発汗や倦怠感、食欲不振、体重減少などを併発することもあります。このような症状を引き起こす原因は主に細菌であり、細菌の中でも大腸菌が多いです。その他にも敗血症になるもの、感染経路が不明な突発性のものもあります。
    出典 :肝膿瘍とは?(原因・症状・治療など)【肝臓健康ネット】
  • 赤痢アメーバ性肝膿瘍の症状

  • 赤痢アメーバ性肝膿瘍の主な症状としては下痢や血便などがあります。 原因は大腸内の赤痢アメーバ原虫が肝臓へ運ばれることで発症し、肝臓の右葉によく単発性のものができやすいです。
    出典 :肝膿瘍とは?(原因・症状・治療など)【肝臓健康ネット】
  • 治療方法として

  • 細菌性肝膿瘍は、早期に診断し治療を開始しなければ、敗血症、細菌性ショック、播種性血管内凝固症候群(DIC)に移行し、致命的になることがあります。肝膿瘍を疑ったら、ただちに抗生剤の静脈内投与を開始し、かつ、膿(うみ)を体外に誘導するために経皮的に膿瘍穿刺ドレナージを行います。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 結石や癌による胆道閉塞が原因の場合は胆道ドレナージを行います。アメーバ性肝膿瘍では、メトロニダゾール(フラジール)を経口投与します。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 細菌性の

     

    細菌性の肝膿瘍の場合は、肝臓以外の臓器にも影響を与えることが多く特に肺にも感染し炎症を引き起こすリスクがあります。気をつけるようにしましょうね!