体脂肪の蓄積を抑える!レジスタントプロテイン☆

体脂肪の蓄積を抑えると言われている!
レジスタントプロテインとは☆

view200

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • レジスタントプロテイン

  • レジスタントプロテインとは蛋白質のことで、たんぱく質のなかでも消化されにくい部類に入るタンパク質だ。これまでは消化の良いタンパク質ばかりが注目されてきたが、近年では消化の悪いたんぱく質が注目されている。3大栄養素の一つでもある蛋白質は良質なものが体に良いと考えられてきた。
    出典 :レジスタントプロテイン | ダイエットワード | ダイエットSlism
  • 消化されにくいレジスタントプロテインはコレステロールを抑制する働きがあるのだ。勿論レジスタントプロテインのみで作用するわけではなく、炭水化物や食物繊維の力が必要となる。消化器官ではコレステロールを吸収しながら進んでいくため、体脂肪の蓄積を抑える働きをするなどダイエットにも効果があると言われている。
    出典 :レジスタントプロテイン | ダイエットワード | ダイエットSlism
     

    ダイエット効果は嬉しい所ですね!

  • タンパク質なのに食物繊維

  • 食物繊維を多く摂取する人々ほど、心臓疾患、動脈硬化症、高血圧、高脂血症、糖尿病、腸疾患などにかかりにくいことは、多くの統計調査で疫学的に確認されています。 食物繊維の定義として狭義的には「植物由来でヒトの消化酵素で分解されない多糖類およびリグニン」とされています。
    出典 :レジスタントプロテインとは |プロファイバー情報サイト『酒粕レジスタントプロテイン.com』
  • これらルメナコイドに分類される食品成分には、難消化性オリゴ糖、糖アルコール、レジスタントスターチ、難消化性デキストリンなどがあり、これらを有効成分とする生理機能が数多く報告されています。このうち食物繊維様の生理機能を示す食品成分で、唯一、タンパク質成分のものがレジスタントプロテイン(難消化性蛋白質)です。
    出典 :レジスタントプロテインとは |プロファイバー情報サイト『酒粕レジスタントプロテイン.com』
  • 蕎麦に含まれているからこその効果

  • 1.冷え性改善 そばに含まれるルチンは、血管を強くし血流を非常によくするという効果があり、冷え性を改善する。2.記憶力アップ そばに含まれるそばポリフェノールには、ボケ防止、記憶力アップの効果がある。
    出典 :レジスタントプロテインの驚異の効果: 新科学と健康と雑学
  • 3.スタミナアップ  そばは、他の穀物に比べて必須アミノ酸のバランスが非常に良い。これは、疲労回復や持久力向上に非常に良い。4.コレステロール低下・肥満抑制 そばに含まれるレジスタントプロテインというタンパク質は、コレステロール低下作用、肥満抑制作用のいずれもが大豆タンパク質より優れている。
    出典 :レジスタントプロテインの驚異の効果: 新科学と健康と雑学
     

    とっても良い効果ですね!

  • レジスタントプロテインの多いそば そば粉の中心部分を抽出したものを1番粉、一番外側から抽出したものを3番粉、その間から抽出したものを2番粉という。100g中のレジスタントプロテインの量は、1番粉が2.0g、2番粉が3.4g、3番粉が5.0gと、3番粉に一番多く含まれている。
    出典 :レジスタントプロテインの驚異の効果: 新科学と健康と雑学
  • こんな商品がある

  • レジスタントプロテインは1990年代から研究が進められていて、多くの研究者によって有益な効果が確認されていたのですが、原料であるお米の中にわずかしかないレジスタントプロテインを取り出し製品化するのは簡単なことではありませんでした。
    出典 :レジスタントプロテイン
  •  

    大関は酒粕にレジスタントプロテインが
    多く含まれることに早くから注目し、研究を重ねた結果
    酒粕を二次発酵させる独自の製法によっ
    てレジスタントプロテインをさらに凝縮し
    取り出すことに成功したそうです!

  • 他に含まれているもの

  • そばがすごいのです!

     

    そばタンパク質に含まれる消化性の低いタンパク質
    つまりレジスタントプロテインが
    コレステロール低下作用に寄与していることがありますね!
    そばに含まれるタンパク質は、植物性のタンパク質として
    必須アミノ酸含量のバランスが優れ良質の
    タンパク質でありながら、優れた機能性をもっているそうです☆

  • アミノ酸やオリゴペプチドを除去したものです。発ガン剤で処理したラットによる大腸腫瘍の発生を調べたところ、カゼイン食では発達した腫瘍が複数出現していたのに対して、大豆レジスタントプロテイン食では腫瘍のサイズが小さく、ガン化の進行も抑制していることが判明しました。
    出典 :レジスタントプロテインとは |プロファイバー情報サイト『酒粕レジスタントプロテイン.com』