妊娠中のセックスはいけないこと?!性欲があるのは異常?!意外な事実?妊娠中もコンドームは必要!

妊娠中のセックスに対して、拒否反応を起こしたり、罪悪感を抱く男女がいるようです。しかし、妊娠中のセックスは悪いことではありませんし、ましてや性欲も減ったり増えたりするものです。あまり神経質にならず、妊娠中だけの一時期的な変化と割り切って、そのときにできる最高のセックスを夫婦で模索しましょう。

view395

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のセックスは異常?正常?

  •  

    妊娠中のセックスは異常ではありません!スキンシップとして続けましょう☆

  • 妊娠するとセックスに対して男女ともに、慎重になったり、抵抗を感じる人がいるようです。中にはパートナーの要求に対して過剰に攻撃的な反応をしてしまい、悲惨なマタニティライフだけでなく、その後の夫婦関係や子育てにも影響がでることもあることがわかっています。
    確かに、セックスは妊娠するための行為なので、妊娠したらする必要のないものかも知れません。しかし、セックスにはスキンシップとしての役割も大きくあるので、一概に妊娠中のセックスを否定することはありません。もちろん、相手とのコミニュケーションの中で、嫌がったり、医師に安静を求められている場合は別ですが、そのような条件がない場合においては、妊娠前と変わらずにセックスをすることは正常と言えます。

  • 妊娠中はどうしてもセックスに消極的。けれどもおろそかにしていると産後セックスレスになりがちだったり、ひいては子どもの成長にも影響がでるという報告もでています。
    出典 :妊娠中のセックス みんなどうしてるの? - gooベビー
  • セックスはカップル間のコミュニケーション手段でもあります。妊娠中は女性だけでなく、男性の性欲にも変化がみられます。
    出典 :妊娠中の「性行為に関する疑問」7つを産科医が解説 - ライブドアニュース
  • 妊娠中、性欲はどんな変化をするの?

  •  

    妊娠中は食事、睡眠、セックスなどヒトとして基本的な部分に大きな変化あるものです。

  • 一部の人の中には、妊娠中の女性に性欲あることを非難する人や罪悪感を抱く人がいます。しかし、妊娠中の性欲の変化は女性によっても、その都度の妊娠によっても変わってきます。また、性欲は多分にホルモンバランスに関わるものなので、妊娠中に性欲が減ることもあれば、増えることもあります。どのような状態が普通とは言い切れない部分があります。一般的な傾向として、妊娠初期に低下し、中期に高まり、後期ではまた低下すると言われています。

  • 一般に、妊娠初期は、妊娠性ホルモンの影響、疲労、つわり、流産の心配などの理由で性欲は減退してきます。
    出典 :妊娠中の「性行為に関する疑問」7つを産科医が解説 - ライブドアニュース
  • 妊娠中期になり、つわりや疲労などがおさまって安定期を迎えると、性器や乳房に循環する血液量が増える生理的変化もあり、性欲が増してくるかもしれません。
    出典 :妊娠中の「性行為に関する疑問」7つを産科医が解説 - ライブドアニュース
  • 後期になると、体型の変化、腰痛、頻繁な子宮収縮、赤ちゃん、出産への意識が高くなるなどの理由から、性欲は再び低下する傾向があります。
    出典 :妊娠中の「性行為に関する疑問」7つを産科医が解説 - ライブドアニュース
  • 妊娠中のセックス頻度は控えめが良い?

  • 妊娠中は胎児への影響を考えて、セックスの頻度を減らす夫婦も多いようです。とくに初めての妊娠だと男女ともに慎重になる傾向が強くなりがちです。しかし、基本的には回数を減らす必要はありません。正常な妊娠で、順調な経過なら尚更問題はありません。
    但し、体調やお腹のはりに異変を感じるようなら避けるか、体位などを検討する必要があるでしょう。

  • 基本的にはいつでもOKですが、妊娠がわかってから、赤ちゃんがちゃんと育っているか、確認できる妊娠8週ぐらいまではお休みしたほうが安全ですね。
    出典 :妊娠中のセックス みんなどうしてるの? - gooベビー
  • 妊娠経過が順調で、医師から特別、何も言われていない場合は、妊娠中のセックスは安全と考えていいでしょう。
    出典 :妊娠中の「性行為に関する疑問」7つを産科医が解説 - ライブドアニュース
  • 妊娠中のセックスで気をつけたいこと

  •  

    妊娠中のセックスは、いろいろと気をつける必要があって面倒?でもそんな体験が2人の絆を強くします。自分のことだけでなく、2人でより良くなることを目指しましょう。

  • 基本的に妊娠中のセックスは問題ありませんが、いくつか注意したいことがあります。それは、お腹の張りを感じたり破水をした場合は速やかに止めることと、コンドームを装着することです。セックス中にいつもお腹が張るようなら、体位や刺激を少なくするように工夫したほうがよいでしょう。コンドームを装着は感染症の予防のために妊娠中であっても、きちんと着けることが望ましいようです。とくに妊娠初期は、一時的にホルモンバランスのみだれや免疫力の低下から雑菌やウイルスへの抵抗力が弱くなっていることを心得ましょう。

  • おなかを圧迫する体位や子宮口を直接刺激するような激しい動きや体位は避け、体位を工夫して浅い挿入になるようにし、時間も短めにしましょう。もしお腹が張ってしまう場合は中止しましょう。
    出典 :妊娠中の正しいセックスを学びましょう!-赤ちゃんの部屋
  • 妊娠中は抵抗力が低下し、感染症になる可能性が高まるので、パートナーのコンドームはやはり必須と考えたほうがよいでしょう。
    出典 :妊娠中の「性行為に関する疑問」7つを産科医が解説 - ライブドアニュース
  • 好ましい体位はあるの?

  • 妊娠中のセックスの体位については諸説あります。どれも参考程度に取り入れることが望ましいようです。もっとも大切なのは、女性が負担にならず、心地よいと感じるように配慮することです。多くの女性はこれまで経験したことのないような体型の変化を妊娠で体験します。うつ伏せ寝や寝返りなど、普段ならなんということもない姿勢でも負担に感じることがあります。女性によっては思いもかけない動きに辛さに少なからずストレスを感じることもあるようです。妊娠中の一時期的なことと割り切ってその都度よりよい方法を模索していきましょう。

  • セックスでの好ましい体位は...女性が負担にならず、心地よければ、それが好ましい体位です。
    出典 :妊娠中の「性行為に関する疑問」7つを産科医が解説 - ライブドアニュース
  • ...お腹が大きくなってくると、仰向けになると息苦しさを感じやすくなるので、正常位よりは、お互いが横になり、女性の後ろに男性がくるような体位などが楽かもしれません。
    出典 :妊娠中の「性行為に関する疑問」7つを産科医が解説 - ライブドアニュース