名前を付ける時に参考になるかも?2014年の人気名前ランキング!

もうすぐ子供が生まれるけれど、どんな名前が良いのか分からない!出来るだけシンプルな名前にしたいと思う方や思い切ったDQNネームを付ける方から様々!実際に人気がある名前はどんな名前?2014年の人気名前ランキングベスト3を作ってみました!

view81

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女の子の名前ランキング!!

  • 色々なサイトを巡って、探した名前ランキング!
    場所によってランクインしている名前が違ったので見つけ得た限りの名前を順位別に紹介して行きます!

    それでは早速「第1位」から順番に行ってみましょう!

  • 第1位

    心桜→読み方:こころ、しおん、etc...

    読み仮名ランキング→ゆい、はな

    同じ漢字でも読み方を変えるというのが最近の流行なのでしょうか?
    漢字から見受ける雰囲気や、読み方も柔らかく優しい印象を受けますね。
    読み仮名ランキングでの1位でもやはり可愛らしい印象を受ける読み方が人気でした。

  • 名前は大事ですよね。

     

    自分で好きに付けられるワケでもなく、両親から名づけられるわけですから親としても美しい名前にしてあげたいと思う反面、平凡では子供が可哀想かもしれないと志向を凝らして付ける事もあります。
    ですが一生付き合っていく名前ですので、あまりにも流行りに乗った名前や読みづらい名前にしてしまうのも考えものです。

  • 第2位

    惺梛→読み方:せな、etc...

    読み仮名ランキング→りお、めい、ひまり

    難しい漢字ではありますが、それぞれの漢字に意味があるようです。
    「惺」という字はすっきりわかる、さとるなど、心が澄みわたり落ち着いている様子を表し、
    「梛」という字はなぎという木の名で柔らかくしなやかな木だそうです。
    そうあってほしいという願いを込めた名前なのだと思いますが、子供には難しいですね。
    読みとしては可愛らしい1位とは違い、凛々しく中性的な名前がランクインしていました。

  • 第3位

    結愛→ゆあ、こころ、etc...

    読み仮名ランキング→あかり

    結ぶ愛と書いて「ゆあ」「こころ」など、やはり同じ漢字でも読みをそれぞれ変えるのが多いようです。
    学校に通うようになったら先生は大変ですね…
    読み仮名では心がホッと安心するようなあかりという読みが人気のようです。

  • 男の子の名前ランキング!

  • 第1位

    陽翔→読み方:はると、ひゅうが、etc...

    読み仮名ランキング→はると、あさひ

    女の子の名前とは違い、柔らかい読み方で漢字は勇ましい雰囲気を持つ名前が第1位になっていますね。
    けれど遥かに読み方がレベルアップした名前なだけに書いたり読むだけでも大変そうです。
    読み方としては温かみのある読み方の名前が人気ですね。

  • 男の子はたくましく。

     

    見た目の漢字以外にも、男の子は中身も素敵な男性に成長して欲しいという願いが込められた名前が人気のようです。昔ながらの定番は、女の子の場合だと「○○子」だったりするわけですが、男の子ですと「○○郎」や漢字一文字の名前が多かったりしましたね。
    今や名前から力強さを感じる程、様々な漢字や字画を考えて組み合わせられている名前が多いです。

  • 第2位

    葵→読み方:あおい、めろん、etc...

    読み仮名ランキング→ゆうと、はると

    爽やかな響きに爽やかな漢字。あおいと書いてあおいと読むのが人気なのは分かりますが、どうすれば「めろん」と呼べるのかいささか疑問を感じます…
    読み仮名ランキングでは名前の後ろが「と」で終わる名前が人気です。音の締まりや響きがかっこいいからでしょうか。

  • 第3位

    蓮→読み方:れん、れんれ、etc...

    読み仮名ランキング→そうた、りく

    昔ながらの一文字の名前というより、読み方や漢字は日本人の名前というよりはどことなく国外を思わせるような名前のチョイスが3位にランクインしていました。
    しかし、「れん」はともかく「れんれ」と読むのは…どうなんでしょう?
    男の子の名前で共通する読み仮名は「ら行」を用いた名前が多いと感じ、スタイリッシュなイメージを持ちますね。

  • 如何でしたでしょうか?
    まだまだ様々な名前がありますが、いずれも昔ながらの名前というのはあまり無く、これは名前として使用すべきものなの?と思える斬新な名前から全く読み方の意図がつかめない名前までピンキリでした。
    いずれも名前を付けるのは親で、その全ては親に託されますが、まれにペットのような感覚で付けている方がいるのではないかと思うほどふざけている名前があったりします。
    お子さんの名前ですから、くれぐれも慎重に名前を考えて下さいね。