妊娠したら知っておこう!妊娠線について☆

妊娠・妊娠前になったら知っておきたいのが、
妊娠線についての情報です☆

view280

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線

  • 妊娠線(にんしんせん)は、腹部や太ももなどに縦に何本もできる細い線です。妊娠線と言っても、妊娠中だからそう呼ぶだけで、いわゆる肉割れの状態です。別名「ストレッチマーク」とも呼ばれています。妊娠線予防の商品の中には「ストレッチマーク」と記載しているクリームもあります
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
  • みんなはどうだった?

     

    妊娠線を予防するためにクリームなどでお手入れしましたか?
    という質問の結果です!
    画像はクリックして拡大してみてくださいね
    まったくしなかった人も3割近くいますね
    お手入れは効果に結びついているでしょうか?

  • 理由

  • 妊娠線ができる理由は、急激に皮膚が引っ張られることに原因があります。皮膚は、目に見えている1番表面の表皮、その下には真皮と皮下組織からなりたっています。体重増加や妊娠によってお腹が大きくなる時、一緒に皮膚も伸びます。表面の表皮は伸びることができます。しかし真皮と皮下組織は伸びにくい性質です。
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
  •  

    表皮が伸びても、真皮と皮下組織が対応できずに
    皮膚に亀裂が入ってしまうのです
    この亀裂が妊娠線となるのです
    妊娠線は小柄でもともと皮膚面積の狭い人が妊娠して
    お腹が突き出た時や、双子など多胎妊娠でお腹が
    更に大きくなった時にできやすいと言われています
    意外と身近にあるものですよ

  • 時期と場所

  • 妊娠線は、お腹以外にも下腹部、乳房、太もも、臀部(でんぶ、おしりですね。)などの脂肪つきやすい部分にも現れます。でき方は人それぞれで、2~3本だけですむ人もいれば、お腹や胸全体にできてしまう人もいます。
    出典 :妊娠線ってなぁに?|妊娠線予防の仕組みと豊富なケアアドバイス イーベビー株式会社 妊娠線予防
  • 早い人だと妊娠4ヶ月頃から、また一般的には、妊娠6ヶ月頃のつわりが終り急激に体重が増加するに頃から出始める傾向があります。少し見えにくい下腹部あたりに出始めますので鏡などを使いよく注意してみましょう。またこの時期は乳房や太ももにも妊娠線(赤い線)が出てくることがあります。
    出典 :妊娠線ってなぁに?|妊娠線予防の仕組みと豊富なケアアドバイス イーベビー株式会社 妊娠線予防
  • 出来やすい人

  • 妊娠線の残り方は

     

    やっぱりマメに手入れした人は妊娠線ができなかったり
    できても消えている比率が高いですね
    一方まったくしなかった人にも初めからできなかった人
    が多数うらやましい肌質を持っているのかも
    要するに自分の肌質を考えることが大事で
    中途半端な手入れはダメってことなのでしょうか!

  • 予防は早いが良い

  • 妊娠線(にんしんせん)というと、お腹が大きくなる6ヶ月以降に目立つ妊婦の肌トラブルだと思われがちですが、実は妊娠初期から妊娠線になりやすい部分には注意が必要です。早めにケアを始めていれば、肌に妊娠線が必要以上に増えることを防げます
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
  • 早めに予防しましょうね☆