頭蓋咽頭腫の治療法は?頭蓋咽頭腫の名医を探す

頭蓋咽頭腫の治療をする場合、頭蓋咽頭腫の名医を探すことが重要と言われています。
名医と言われる医師をまとめました。

view322

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頭蓋咽頭腫の治療について

  • お腹の中にいるとき(胎生期)に、頭蓋咽頭管(下垂体になる細胞)の細胞が一部残ってしまった為に発生する、良性の脳腫瘍です。
    出典 :www2.tokai.or.jp
     

    頭蓋咽頭腫とは、先天性の脳腫瘍です。

  •  

    頭蓋咽頭腫には様々な症状があるようです。

  • 腫瘍に対しては薬による治療法はなく、手術をする。
    腫瘍を全部摘出できれば完治するが、癒着などで全部摘出できない場合も多くある。
    出典 :www2.tokai.or.jp
     

    頭蓋咽頭腫の主な治療法としては、手術が挙げられています。

  • 頭蓋咽頭腫の手術を受けるときには執刀者を選びますが,同様な腫瘍の手術に経験を積んでいないと頭蓋咽頭腫の手術はできません
    執刀者が子供の腫瘍や頭蓋咽頭腫にどのくらいの経験を持っているかが重要です
    出典 :頭蓋咽頭腫 | 脳外科医 澤村豊のホームページ
     

    頭蓋咽頭腫の手術をする際には、名医を選ぶことをおすすめします。

  •  

    頭蓋咽頭腫の手術は、生死に関わる慎重な手術と言われています。
    そのため、医師との信頼関係も大切なのです。

  • 手術以外の治療法

  • ① 放射線療法
    手術的では取り除く事が難しい場所に対して、補助的に行う事がある。小児の場合、腫瘍の再発を遅らせる事にも有効。
    腫瘍以外の脳の組織にも放射線が照射される為、希に合併症や下垂体機能障害などが生じる事もある。
    出典 :www2.tokai.or.jp
  • ② ガンマナイフ(特殊な放射線治療装置)
    およそ3cm以下の腫瘍が対象で、効果が出るまでに半年から5年ほどの時間の経過を必要とする。
    1回の治療では効果が出ないときがあり、1~2年後に視障害や下垂体機能障害が出る事もある。
    出典 :www2.tokai.or.jp
     

    この治療法には時間が掛かるという特徴があります。

  • ③ オンマヤ
    腫瘍の袋にたまったモーターオイル状の水を、チューブを通して頭の皮膚から抜く方法
    出典 :www2.tokai.or.jp
  • ④シャント手術
    水頭症に対して行う。
    頭の脳室からお腹にチューブを入れて、髄液の流れが悪くなった場合自動的に設定した圧になるように、お腹に余分な髄液を流し吸収させ、一定の脳圧を保たせる。
    出典 :www2.tokai.or.jp
     

    頭蓋咽頭腫の症状の1つである水頭症の治療を目的とした手術です。

  • 手術で腫瘍を取り切れなかった場合はこのような治療法が行われますが、後遺症が残る可能性も否定できません。

  • 頭蓋咽頭腫の名医

  • 前述したように手術でなるべく後遺症を残さないためには、頭蓋咽頭腫の名医に執刀してもらうことが大切です。
    頭蓋咽頭腫の名医と呼ばれている医師はコチラです。

  • ■澤村 豊医師(北海道大)
    これは私の担当医から得た情報ですが、澤村医師は小児の頭蓋咽頭腫や下垂体腫瘍のスペシャリストだと伺っています。
    出典 :【下垂体腫瘍の名医について】 | 脳腫瘍に負けない!『スマイルマスター あゆっちょ』blog
  • ■森田医師(NTT東日本 関東病院)
    脳血管系疾患のスペシャリスト、オールラウンダーという情報がありますが、本人様から得たものではありません。
    出典 :【下垂体腫瘍の名医について】 | 脳腫瘍に負けない!『スマイルマスター あゆっちょ』blog
  • ■岡秀宏医師(北里大学)
    開頭術、経鼻顕微鏡、内視鏡と、複数の方法で手術ができる先生で、年間600例程度の症例をこなしていらっしゃいます。
    出典 :【下垂体腫瘍の名医について】 | 脳腫瘍に負けない!『スマイルマスター あゆっちょ』blog