妊婦の貧血の影響とは?妊娠しているなら見逃せず胎児に影響も

妊婦の貧血の影響は妊娠している女性なら是非知っておきましょう。たかが貧血と思ってしまいますが、もしかしたら貧血が元で胎児へ悪影響を及ぼしているのかもしれないのです。

view104

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦の貧血の影響

  • 妊婦の貧血の影響とは?妊婦さんなら多くの方が一度は経験する貧血、一時的なものなら心配はいりませんが、長期的に起きていればもしかしたら胎児に悪影響を与えているかもしれません。

  • 妊娠中の貧血

  • 妊娠中は血液の水分量が増えるので、貧血になる妊婦さんも少なくありません。「ちょっと体を動かしただけで心臓がドキドキする」「全身がいつもだるい」「朝なかなか起きられない」「疲れやすい」などの自覚症状があったら、貧血の可能性が考えられます。
    出典 :たかが貧血とあなどらないで! おなかの赤ちゃんやお産に影響します - gooベビー
     

    こんな症状が出たら貧血を疑いましょう。

  • 妊婦貧血は胎児の発育に影響する

     

    血液を通して酸素や栄養を貰っている胎児は、母体が貧血になると影響が出ます。

  • 母体の貧血で胎児貧血や胎児発育不全を起こすことが懸念されていたが、母胎貧血が胎児貧血と直接関係することは少なく、最近は妊娠後期の血液希釈は血液循環を改善させ、血栓塞栓(そくせん)の予防効果があるなどのよい面も評価されるようになった。
    出典 :妊娠中の貧血、対処法は?  :日本経済新聞
     

    こういった良い研究結果もあるそうです。

  • 微弱陣痛が起こるリスク

     

    陣痛が強くならない、お産が長引くなど貧血は母体にも影響を及ぼす可能性があります。

  • 微弱陣痛、弛緩出血などを起こしやすくなり、母体の抵抗力が落ちるために、分娩後に産褥熱にかかりやすくなるのです。
    出典 :山田産婦人科 よくある質問
     

    出産のためにも気をつけたい貧血。

  • 弛緩出血が起こりやすい

     

    貧血があると分娩時に出血が止まらないなどのリスクが出てきます。

  • 弛緩出血というのは、分娩の後期に子宮の収縮が悪いために、胎盤が剥離した部分からの出血が止まらない状態をいいます。
    出典 :山田産婦人科 よくある質問
     

    貧血は産後まで影響しやすい。

  • 妊婦貧血で摂りたい栄養素

  • 鉄分の多い食品を積極的に食べましょう

     

    妊娠前や後でも女性には役立つため、鉄分が多い食品を知っておくと良いですね。

  • 吸収率の高いヘム鉄・・肉や魚の赤色の部分(筋肉・血液・内臓)

    レバー・牛肉赤身・かつお・うなぎ(参考)レバーペーストの作り方

    吸収率の低いヘム鉄・・魚や肉のほかの部分・卵・豆腐・穀類・野菜

    豆腐・納豆・卵黄・あさり・ひじき・
    出典 :妊娠中のの悩み-貧血 みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
     

    色々な鉄分の摂取がおすすめです。

  • タンニンは貧血の人にはおすすめできません

     

    紅茶や抹茶などに含まれるタンニンは、鉄の吸収を抑えてしまいます。

  • 昔から、食事中はタンニンの少ないほうじ茶や麦茶、またタンニンの多い煎 茶、玉露などの緑茶は食事と食事の間にだされていました。しかも煎茶・玉露は、タンニンが出にくい低温でお茶を抽出します。昔の人は、経験として緑茶を健 康的に飲む術をよく理解していたのかなと思います。
    出典 :3/3 女性に多い貧血…食べ物・食事で始める貧血対策 [食と健康] All About
     

    食事中に気をつける程度で良さそうです。