妊婦の貧血の影響とは?妊娠しているなら見逃せず胎児に影響も

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦の貧血の影響は妊娠している女性なら是非知っておきましょう。たかが貧血と思ってしまいますが、もしかしたら貧血が元で胎児へ悪影響を及ぼしているのかもしれないのです。

  • 妊婦の貧血の影響

  • 妊婦の貧血の影響とは?妊婦さんなら多くの方が一度は経験する貧血、一時的なものなら心配はいりませんが、長期的に起きていればもしかしたら胎児に悪影響を与えているかもしれません。

  • 妊娠中の貧血

  •  
     

    こんな症状が出たら貧血を疑いましょう。

  • 妊婦貧血は胎児の発育に影響する

     
     

    血液を通して酸素や栄養を貰っている胎児は、母体が貧血になると影響が出ます。

  •  
     

    こういった良い研究結果もあるそうです。

  • 微弱陣痛が起こるリスク

     
     

    陣痛が強くならない、お産が長引くなど貧血は母体にも影響を及ぼす可能性があります。

  •  
     

    出産のためにも気をつけたい貧血。

  • 弛緩出血が起こりやすい

     
     

    貧血があると分娩時に出血が止まらないなどのリスクが出てきます。

  •  
     

    貧血は産後まで影響しやすい。

  • 妊婦貧血で摂りたい栄養素

  • 鉄分の多い食品を積極的に食べましょう

     
     

    妊娠前や後でも女性には役立つため、鉄分が多い食品を知っておくと良いですね。

  •  
     

    色々な鉄分の摂取がおすすめです。

  • タンニンは貧血の人にはおすすめできません

     
     

    紅茶や抹茶などに含まれるタンニンは、鉄の吸収を抑えてしまいます。

  •  
     

    食事中に気をつける程度で良さそうです。