新陳代謝が悪い!?「高尿酸血症と通風」関連性がある!

高尿酸血症と通風は関連があるのです!その関連性と説明をあつめて見ました!

view106

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高尿酸血症と通風とは

  • 高尿酸血症とは、血液中の尿酸が多くなりすぎている状態です。尿酸は水分に溶けにくいため、血液中では尿酸塩として存在しています。尿酸が多くなりすぎると、針状の尿酸塩の結晶ができ、からだのあちこちにたまって痛みをひき起こします。これが痛風です。
    出典 :高尿酸血症・痛風
     

    高尿酸血症で通風が引き起こされるのですね!

  • 痛風は、その名のとおり、風にあたっても痛むというほどの激痛(=痛風発作)をもたらします。高尿酸血症は、尿酸値が高いだけで症状のない状態ですが、痛風の予備軍であると考えられています。また、腎機能の低下、尿路結石、動脈硬化(血管がもろく硬くなり、つまりやすくなるもの)などの合併症をひき起こします。
    出典 :高尿酸血症・痛風
     

    このように色々な合併症を引き起こす原因になりかねないのです。

  • どうしてなるのかと言うと

  • からだの細胞は毎日の新陳代謝で新しく作りかえられています。その結果、細胞の核からプリン体という物質が生成されます。このプリン体が尿酸のもとになります。プリン体は欧米的な食品に多く含まれています。肉類や酒類を好む人は、尿酸値が高くなりやすい傾向があります。
    出典 :高尿酸血症・痛風
     

    このような肉類や酒類を好む人は注意しておいた方がよいですね!

  • 原因とは

  • 高尿酸血症は、体のなかでの尿酸の産生が増加することによる産生過剰型と、腎臓からの尿酸の排泄が減少していることによる排泄低下型に分類されています。またそれぞれに、尿酸代謝の異常が一次的である原発性と、腎不全、白血病、骨髄腫などの別の病気や薬剤などによって二次的に高尿酸血症となる続発性に区別されています
    出典 :高尿酸血症と痛風 - goo ヘルスケア
  • 圧倒的に多いのは原発性の高尿酸血症ですが、そのほとんどは原因がよくわかっていません。しかし、なかには、プリン体が尿酸へと代謝される過程で、必要な代謝の酵素が遺伝的に異常に活発にはたらいたり、別の経路ではたらく酵素が遺伝的に欠けていると尿酸が過剰に産生されるものなど、原因が明らかなものもあります。
    出典 :高尿酸血症と痛風 - goo ヘルスケア
  • 高尿酸血症と通風では

     

    食事療法があるのです。肥満の人や気になる人は食事療法から続けてみよう!どのように行った方が良いのでしょうか!?

  • 食事療法のポイント

  • 肥満傾向の人は標準体重にしましょう 肥満と判定され、血清尿酸値の高い人は、過食に注意し標準体重を目標に減量することが大切です。ただし、あまり急激な減量は、血清尿酸値の上昇につながるので注意が必要です。
    出典 :高尿酸血症・痛風の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • 肉や魚の内臓類に多く含まれるプリン体は、体内で尿酸に代謝され、尿酸は尿中に排泄されます。体内の尿酸が増えると、血液中に蓄積されることから、プリン体を多く含む食品の摂取は控えましょう。また、プリン体は、水に溶けるので、肉や魚からとったスープ(鶏がらスープなど)にも注意が必要です。
    出典 :高尿酸血症・痛風の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
     

    鳥ガラスープにも注意が必要だそうです!

  • 尿量が増加すると、尿酸の排泄量が増加します。水分を十分に摂取しましょう。水分は、できるだけ普通の水・お茶・ウーロン茶などで摂り、炭酸飲料やジュースなどの糖分の多い飲み物は、エネルギーが高いので避けましょう。
    出典 :高尿酸血症・痛風の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • 尿酸はアルカリ性~中性によく溶けるので、野菜、いも類、海藻類などのアルカリ性食品を十分に摂り、尿をアルカリ性に保つことが必要です。新鮮な野菜の摂取は、水分補給にも役立ちます。 ただし、果物は果糖が多いので、摂りすぎないようにしましょう。
    出典 :高尿酸血症・痛風の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • アルコールは

     

    プリン体を多く含んでいるそうなのです。ならば摂取するのはだめですよね。代謝に関連して血清尿酸値を上げてしまうのです!禁酒か少なくする位にしましょう!