機能性出血の治療は?年齢や症状によって変わってきます。

機能性出血の治療は年齢によって変わってきます。というのも、思春期の機能性出血の場合はホルモン剤などで治ることが多く治療も容易ですが、30代、40代以降では同じ治療でも出血が止まらない場合が多くなる為、症状に合わせて治療を行うからです。

view43

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加