妊娠中のビールが原因で赤ちゃんがアルコール症候群に!

妊娠中のビールは、赤ちゃんにとても大きな悪影響を与えてしまうようです。
どんな影響があるのかを知り、禁酒を心がけましょう。

view58

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のビールで赤ちゃんが危険な状態に!

  • 妊娠中はアルコールを制限しなければなりません。お酒が好きなママには耳が痛い話ですが、妊娠中に摂取するママのアルコールは、そのまま赤ちゃんに届いてしまいます。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
     

    ママが酔っぱらっている以上に、赤ちゃんが酔っぱらってしまうのです。
    もちろん、これは悪影響に決まっています。

  • 神経の細胞が死んでしまいます。 成長が妨げられます。
    神経を伝えることが難しくなります。
    神経と細胞をつなぐことが難しくなります。
    出典 :妊娠中のアルコール (MoonBaby:ムーンベビー)
     

    妊娠中のビールは、お腹の赤ちゃんの成長を邪魔してしまいます。

  •  

    赤ちゃんのために、アルコールの摂取は避けましょう。

  • そもそも10代の未成年が健康上、アルコールを摂取してはいけないと法律で言われているのですから、赤ちゃんが摂取して健康に良いわけはないのです。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
  • 胎児性アルコール症候群

  • 妊娠中のビールは、胎児性アルコール症候群の大きな原因となります。
    胎児性アルコール症候群とは、どのような病気なのでしょうか?

  • 成長が遅れる
    お腹の中での発育が遅れる・生まれた時、低身長、低体重
    出典 :妊娠中のアルコール (MoonBaby:ムーンベビー)
     

    成長が妨げられるため、未熟児で産まれてくることがあります。

  • 中枢神経障害
    発育の遅れ、筋肉の緊張が弱い、精神の遅れ
    出典 :妊娠中のアルコール (MoonBaby:ムーンベビー)
     

    赤ちゃんがこれから成長していく中でも、様々な悪影響があります。

  • ・鼻は低く小さくなりがち。・目が小さく、黒目しか開かない。・通常よりも頭が小さい小頭症。・鼻と唇の間が長かったり、溝がなくなる。・耳の位置が低かったり、反り返りが目立つ。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
     

    妊娠中のビールが原因で、このような特徴も現れるようです。

  •  

    これから産まれてくる赤ちゃんのことを思えば、大好きなビールも我慢できるはずです。

  • ノンアルコールビールなら大丈夫?

  • 妊娠中の禁酒アイテムと言えば、ノンアルコールビールを思い浮かべるママもいるかと思います。実はノンアルコールと名がついてもアルコールが微量は含まれていて、何本も呑めば普通のビール1本分に相当することもあるそうです。
    出典 :妊娠とアルコール/妊娠中の質問
     

    ノンアルコールだからいくら飲んでも平気・・・・ではないのです!

  • 日本では、酒類にかかる税金を定める法律の関係で「アルコールを含む量が1%以上」の場合、アルコール飲料として定義しています。つまりアルコール1%未満であれば、厳密にはアルコールを含んでいても、ノンアルコール飲料として扱われるのです。
    出典 :妊娠中はダメ!ノンアルコールビールもアルコール飲料 | 女性目線ニュース
  • アルコールが完全に0のビールを飲んだ場合は、炭酸飲料水を飲んだのと同じなので、当然体へのアルコールの影響はありません。しかし、微量のアルコールを含むノンアルコール飲料を飲んだ場合は、薄めたビールを飲んだのと同じ影響があると考えられます。
    出典 :妊娠中はダメ!ノンアルコールビールもアルコール飲料 | 女性目線ニュース
     

    もちろんノンアルコールビールも避けることが望ましいのですが、どうしても飲みたい場合はアルコールが全く含まれていないものを選びましょう。