【目の老化・白内障を予防】 なりやすい人、なりやすい習慣とは?

白内障は目の老化現象ですが、最近は20~30代でも発症する人もいるそうです。目の若さを保つためにも、予防できるのならしたいもの。なりやすい習慣は改めて、いつまでも元気な瞳を保ちましょう。

view199

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 白内障の症状

  • 白内障の代表的な症状

     

    視界が全体的にかすむ
    視力が低下する
    光をまぶしく感じる
    暗いときと明るいときで見え方が違うなど

  • 白内障になりやすい人

  • 目の外傷・糖尿病の人・アトピー性皮膚炎の人・目の疾患のある人・薬物を摂取している人・有害光線の受けた人・家族に白内障を発症した人がいる場合
    出典 :白内障になりやすい体質|白内障〜手術と治療〜.com
     

    通常は加齢による老人性白内障がほとんどなのですが、以上のような人は若くても白内障を発症する可能性があるので注意が必要です

  • 白内障になりやすい生活習慣

  • アンバランスな食生活/屋外で太陽光にさらされることが多い/喫煙習慣がある/お酒をよく飲む
    など
    出典 :眼の病気と治療法:白内障についてのQ&A|海谷眼科|静岡県浜松市・掛川市
     

    上記の「なりやすい人」は特に生活習慣にも注意が必要ですね

  • 白内障の予防方法

  • 糖尿病などの生活習慣病にならないようにする

  • 糖尿病になると若くても白内障が進行しやすくなります。普段から食生活と運動に留意して生活習慣病の予防に気をつけましょう。
    出典 :白内障予防の為の日常生活上の留意点 - 東京逓信病院
     

    バランスの取れた食事と良質な睡眠、適度な運動を心がけましょう

  • 糖質は控えめに・野菜から・よく噛んで食べる

     

    いきなり糖質たっぷりの主食からではなく、野菜や海藻を先に食べる食べ方がおすすめ。
    多く含まれる食物繊維の作用によって、後から食べる主食の糖質がゆっくりと吸収されます。

  • 抗酸化食品を摂る

  • 私たちのからだには、ビタミンCに代表される抗酸化物質があります。実は目にはもともとビタミンCが豊富にあって、水晶体の酸化を防いでくれています。またアントシアニンという色素も、目の抗酸化作用には効果があることが知られています。
    出典 :白内障は早期発見で対策を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
     

    ビタミンCは野菜や果物に、アントシアニンはブルーベリーやむらさきいもや小豆などにも多く含まれるそうです

  •  

    白内障の予防に効果がある食べ物として、ルテインを多く含むほうれんそうやブロッコリー、またDHAを多く含む魚類があります

  • 強い赤外線や紫外線を避ける

  • 紫外線の強い場所へ出かけるときは、麦わら帽子のようにつばの広い帽子をかぶり、さらにサングラスをすることをお勧めします。
    出典 :白内障予防の為の日常生活上の留意点 - 東京逓信病院
     

    サングラスのみ、帽子のみでは目に入る紫外線をシャットアウトすることはできません。
    できれば併用しましょう。

  • サングラスの場合、あまり色の濃いものよりは、外から目が見える程度で、すき間から紫外線が入らないように顔の形にフィットしたものがよいそうだ。
    出典 :紫外線から目を守ろう
     

    90歳代の人はほぼ白内障だとか。長年浴び続けた紫外線のせいかもしれませんね。

  • アトピーの人は特に注意

  • アトピー性皮膚炎を発症した3割もの人が白内障を合併させています。
    原因としては水晶体に存在する蛋白質の免疫異常、痒みに対する叩く・こするなどの外傷、外用薬であるステロイド剤の副作用が考えられています。
    出典 :【アトピー性白内障】皮膚炎によって起こる眼病 | 白内障のいろは
     

    アトピー性皮膚炎が顔に発症している人は定期的に眼科受診したほうがいいようです。

  • 気になり始めたら定期的に眼科を受診しましょう

  •  

    もやがかかって見える、明るいところで眩しいなどの症状が現れ、見えづらくなるなどの症状が現れたら、眼科を受診しましょう

  • 視力の低下や目のかすみが日常生活に支障がない初期の段階では、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療が基本です。あくまで白内障の進行を抑えることが目的です。
    出典 :目の病気百科:白内障|目の情報ポータル|参天製薬
     

    薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではないようですが、進行させないために定期的に受診しましょう。