食物アレルギーとは…まとめます。

どんな病気か。食物アレルギーと食中毒の区別。アレルギー表示。

  • S 更新日:2014/05/19

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食物アレルギー

     

    食べたくても食べることができない。
    この辛さは、本人にしかわかりません。
    食物アレルギーのある友人と食事するときは、極力気を遣ってあげましょう。

  • 「食物アレルギー」は、どんな病気か。

  • 食べ物を経口摂取した時に、その食べ物に対するアレルギー反応により生じます。多くは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんま疹や腹痛などの症状が出る 即時型そくじがたですが、数時間以上経過してから湿疹の悪化や下痢などがみられる 遅延型ちえんがたもあります。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
     

    子供や成人にもみられている「食物アレルギー」
    特に多いのが、消化管粘膜がまだ未熟な小児です。

  • 身体にとって異物となるものが体内に入ると、免疫機能が働き、異物を早く体から排除しようとします。その免疫機能が、ときに体に必要なものや、無害なものまで排除しようと働くことがあります。
    出典 :食物アレルギーをお持ちのお客様へ| 株式会社くらこん
     

    食物アレルギーについて。

  • 原因は、「アレルゲン」

  • 体の免疫機能が排除の対象を間違えたり、過剰に反応した場合におきるのがアレルギー反応です。このアレルギーの原因となる物質を特にアレルゲンといいます。
    出典 :食物アレルギーをお持ちのお客様へ| 株式会社くらこん
     

    原因「アレルゲン」について。

  • 食物中のアレルゲンは消化管粘膜をとおって血液中に入り、その結果アレルゲンに反応する免疫グロブリンE(IgE)などの抗体やT細胞がつくられます。再びその食べ物を摂取することでアレルギー反応が生じ、症状が現れます。多くの食べ物が原因になりますが、そのうち頻度の高いものを表3に示します。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
     

    「アレルゲン」について。以下に続きます。

  • そのほか、アレルギーではありませんが、食物中に含まれる成分(仮性アレルゲン)によりアレルギーとよく似た症状が現れることがあります。その代表的なものがサバ、タケノコ、ナスに含まれるヒスタミン様物質、ジャガイモなどに含まれるサリチル酸化合物です。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
  • 「食物アレルギー」と「食中毒」の区別。

  • アレルギー体質の人では特定のタンパク質にIgE抗体をつくりやすい免疫傾向があり、摂取した食物とこれらのIgE抗体を介して症状が起こるとされています。多くは食物を摂取してすぐから2時間程度でみられる即時型反応を示しますが、やや遅れて症状がでたりすることもあります。
    出典 :食物アレルギーとは
     

    アレルギー体質の人について。

  • ※食物中の毒性物質で起こる症状は、食中毒として区別します。また、食物に含まれる特定の成分やヒスタミンなどの化学物質を消化管で処理できない体質の場合は、食物不耐症(ふたいしょう)といいます。
    出典 :食物アレルギーとは
     

    食物アレルギーと食中毒の区別について。

  • アレルギー表示。

  • 食物が原因で起こるアレルギー反応は人により様々ですが、下痢、嘔吐、腹痛などの消化器系症状、アトピー性皮膚炎、湿疹などの皮膚症状、くしゃみ、せき、などの呼吸器系症状などとして現れることがあります。
    出典 :食物アレルギーをお持ちのお客様へ| 株式会社くらこん
  • アレルギー反応の中でも、生死に関わる重篤な症状が伴うものをアナフィラキシーショックといいます。原因となる物質を少量食べただけでも強いアレルゲンとなり、呼吸困難や意識不明など重篤な症状を引き起こします。
    出典 :食物アレルギーをお持ちのお客様へ| 株式会社くらこん